自動車保険の仕組み

交通事故の示談で大損?!保険会社に頼りすぎない事故対応まとめ

更新日:

保険会社に頼りすぎない事故対応まとめ

交通事故に遭ったとき、経済的な備え以外にもとても頼りになるのが、自動車保険の示談交渉サービスです。

保険会社が代わって示談交渉を行うのはありがたいですが、示談を保険会社に任せきりにしたために損をすることもあるのです。

自分が保険料を払っている商品なので、交通事故の示談の流れは知っておくべきでしょう。

等級に影響する交通事故の示談のポイントに加え、不安にならない保険会社の正しい選び方を知って、損をしないよう知識をつけてください。


なぜ自動車保険には示談交渉サービスがあるのか

交通事故が起きたら、本来は被害者と加害者の交渉で賠償金の額と支払方法を確定しますが、法律の知識がない一般のドライバーが示談交渉を行うのは時間もかかり、大変です。

保険会社の示談交渉サービスを利用すれば、法律の知識を持つ専任の担当者またはスタッフが交渉を行います。

相手方と直接交渉をしないので、感情的にもつれることがありません。

また、暴力団や悪質な当たり屋などの反社会的勢力が介入する余地もないので、交通事故の交渉が速く進む利点もあります。

交通事故の示談を甘く考えてはいけない

示談交渉サービスは、自分が直接交渉する必要がありませんが、保険会社に任せているからと甘く考えてはいけません。

示談で決定した過失割合や損害額は、法的に有効となり、決定するとやり直しはできません。

保険会社は、裁判所の基準より安い「任意保険基準」で賠償額を算定するので、補償が不当に低く抑えられることもあり、甘く考えてはいけません。

交通事故の示談は、被害者と加害者の双方合意で決定するので、納得いかないときは異議を唱えてもかまわないのです。

専門家が調べたからと、渋々納得する必要はありません。

弁護士を入れない交渉は問題ありませんか?

保険会社が示談交渉を行うのは、弁護士法にふれるのでは?という、もっともな疑問があります。

自動車保険を発売するにあたり、日弁連は日本損害保険協会と協議して、保険会社が示談交渉を行うことを認めた経緯があります。

裁判に持ち込まないために行う、交通事故の示談に配慮した措置といえるでしょう。

交通事故の示談の流れ

事故対応の担当者、または専任チームを組み、交通事故が起きた状況を調査します。

対人・対物の損害は、調査会社の専門家が綿密に調べます。クルマの損害は修理工場と打合せを行います。

交通事故の被害者と加害者双方が合意し、保険金の支払いに必要な書類を用意して、保険金が支払われます。

示談交渉は、誰が交渉しても被害者と加害者の合意で決定するので、仮に自分で交渉しても合意に至れば大丈夫です。

万一示談交渉が決裂したら…

交通事故の示談は専門家が交渉するので、決裂することはほとんどありませんが、万一決裂したら裁判に持ち込まれ、保険会社の顧問弁護士が対応します。

裁判に持ち込まれたときは、判決で決まりますが、裁判に持ち込んでも自分の望む判決が出るとは限りません。

保険会社が交渉できない交通事故がある

交通事故の過失割合が0:10と算定された場合、保険会社は保険金を支払う義務がないので、示談交渉ができません。

0:10の過失割合でも損害を受けたときは、一般の人が十分な補償を得るのは難しいので、弁護士特約をつけましょう。

保険会社を選ぶポイント

事故対応の流れを知ると、専任チームはいるか、対応するサービス拠点は十分にあるかなど、保険会社を選ぶポイントがあります。

実際は、クルマを買うときに、営業マンから勧められて加入することが多いので、サービス拠点が多いか、専任チームが充実しているか、自分ではわからないでしょう。

一番気になるのは事故対応ですが、交通事故に遭わない限りわかりません。

交通事故を起こしたとき、対応してもらえるまで不安になるので、初期対応および夜間休日の対応時間がどれくらい長いかで保険会社を選ぶのもよいでしょう。

なお、交通事故のときは保険会社に連絡する前に、警察への連絡と被害者の救護は必須です。

これを怠ると警察への報告義務違反、救護義務違反に問われ、罰則が重くなるので注意してください。

まとめ

  • 交通事故の示談は、被害者と加害者双方の合意で決定する
  • 納得いかないときは異議を唱えてかまわない
  • 過失割合が0:10のとき、保険会社は交渉しない
  • 裁判になっても自分が望む判決が出るとは限らない
  • 初期対応または夜間休日の受付時間が長い保険会社を選ぶ

交通事故は、示談を保険会社に任せきりにすると、損をすることがあります。当事者はあくまで被害者と加害者という意識を持ってください。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-自動車保険の仕組み
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.