車のコーティング

【親水性コーティング】撥水性がベスト?艶だけ重視すると失敗する選び方

投稿日:

愛車を汚れや傷から守るにはカーコーティングが有効で、中でも最強のパフォーマンスを発揮するのは、100%ガラス成分によるガラス被膜を形成するガラスコーティングです(ガラス系コーティングとは異なります)。

ガラスコーティングは、実は撥水性・親水性と2種類に分けられます。

人気があるのは撥水タイプで、無数の水玉は見た目にもコーティング効果が実感でき、大きな満足感が得られることが理由です。

もう一方の親水性はまだ少数派ですが、最近人気が上がっています。

撥水性よりも雨ジミによる汚れが付きにくい利点がわかってきたので、ぜひ検討したくなりますね。

親水性と撥水性、どちらが良いか?という悩みが浮かびますが、車の保管状況やコーティングで期待する効果を考慮して選ぶことがポイントです。

車をいつまでも美しく乗りたい方に必見の情報をご紹介しましょう。


親水性コーティングと撥水性コーティングの違いとは

親水性コーティングは、ボディーの表面に水滴を作らず、水分がまとまってボディーを伝わるように流れるため汚れを流しやすいのが特徴で、どちらかというと濃い色の車に向いています。

但し艶の具合など、コーティング効果は見た目には実感しにくいですね。

一方の撥水性コーティングはボディーに水を弾いて水玉のような水滴が無数に付着し、走行中に水玉はどんどん飛んで行きます。

深みのある艶も特徴でコーティング被膜も親水性より硬く、見た目にも水玉の量でコーティングによる撥水効果が実感できます。

人気が高いのは撥水タイプですが、徐々に親水性コーティングの人気が上がっています。

親水性と撥水性はどちらが良いの?

親水性の人気が上がっているなら、撥水性とどちらを選べば良いでしょうか?

実はどちらか一方が優れているとは断言できません。それぞれの特徴を理解し、保管環境や自分の性格を加味して選ぶと良いですね。
  

親水性はウォータースポットに効果的

親水性コーティングを施すと、ボディー表面の水分には表面張力が機能しないので、撥水性のように水玉にならずにボディーを伝わって行きます。

撥水性コーティングのように水滴がボディーに残らないので、雨ジミによるウォータースポットができにくいのは大きなメリットです。

屋根が無いところに車を止める機会の多いドライバーは、ウォータースポットに効果的な親水性コーティングが向いているでしょう。

滑水性は親水性コーティングのデメリットを解消

親水性コーティングは撥水性のような水玉状の水滴をつくらないので水滴が飛ばず、走行中には汚れが溜まりやすいデメリットがあります。

これを解消したのが滑水性コーティングで、水がボディーを流れるように伝わり、表面の汚れを水と一緒に流し落とすことができるようになりました。

現在使われているコーティング剤の中では最も車を美しく保つことができるタイプです。

撥水性は満足度が高い!?

撥水性は付着した水分が表面張力によって無数の水滴を作るので、コーティングを施工したことと撥水効果が一目瞭然です。

艶の具合も親水性コーティングより深みがある光沢が出て、水滴はギラギラと光を放つので、「コーティングした!」という満足度が高くなります。

またコーティング被膜も見た目には厚く感じられ、実際にガラス成分によるガラス被膜は親水性コーティングより硬いので、ボディーを傷から守る効果も大きいのです。
 

メンテが楽!洗車の回数が減るのはどっち?

洗車の回数が減ってメンテが楽になるのは、実は親水性コーティングです。

親水性はボディーから汚れが、水と一緒に流れ落ちて行く効果があります。

一方で撥水タイプは水滴が満足感を与えてくれますが、親水性のように水滴は流れ落ちないので、雨ジミが乾くとボディーに汚れが残ってしまいます。

雨が降った後の水滴はキレイに拭き取る必要があるなど、洗車用品などでマメなメンテが必要です(洗車後の水滴も同様に残さず拭き取る)。

愛車の保管環境で選択するのがベター

親水性・撥水性コーティングはそれぞれに特徴があり、傷や汚れから守る性能はどちらか一方が優れているとは言い切れません。

どちらのコーティングを施すかは、愛車の保管環境で選びましょう。

環境面では屋外に車を保管している人は親水性を、雨ジミが気になって屋根のあるところに保管している人には撥水性をおすすめします。

最近では親水性が持つ「汚れを落としやすい」メリットが知られてきました。

車を長くキレイに乗りたい人は親水性を、見た目の撥水効果を実感したい人は撥水性を選ぶと良いでしょう。

親水性コーティングを市販の簡易コーティングってあり?

ガラスコーティングはプロの業者でないと満足できる仕上がりは期待できません。

そこで普段のメンテナンスとして、ガラスコーティングを施した車に市販のコーティング剤を塗ればどうか?という考えが浮かびます。効果を検証しましょう。
  

トップコートとしてならOK?

市販のコーティング剤はポリマー系が多いですが、トップコートとしてガラスコーティングの上に塗ることは大丈夫です。

ガラスコーティングのガラス被膜はとても硬いので、ポリマー系により劣化することはありません。

但し市販のコーティング剤を塗ると、ガラス成分によるコーティングを隠してしまうので、本来持つ親水性・撥水性の効果は落ちてしまいます。

撥水タイプだと雨が上がった後では埃が付きやすくなるので、洗車用品などで定期的な洗車が必要です。

つまり自分でも洗車用品を使って、常に車を美しい状態で乗りたい人なら、トップコートとしてポリマー系コーティング剤を塗ることは問題ありません。

本来の効果を保つには専門店のケアが必要

屋根が無い駐車場に車を止めた結果、付着した汚れが洗車用品など水洗いで落とせれば問題ありません。

しかしウォータースポットができると一般の人は手に負えなくなるので、専門店で見てもらう必要があります。

市販のコーティング剤を塗ったときも、親水性・撥水性が持つ本来の効果は落ちてしまいます。

マメに洗車している人でも、ガラス成分によるコーティングの効果を発揮するには専門店で定期的にケアしてもらうとよいですね。

市販コーティングおすすめ3選

市販のコーティング剤の中から、一般のドライバーが施工しても業務用並みの効果を発揮するモノから、3年間ノーワックスで簡単にコーティングできるモノまで、おすすめの3アイテムを厳選しました!
 

硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM ( プレミアム ) 滑水性

一般のドライバーが、プロに依頼しなくても施工できるように開発され、業務用に匹敵するパフォーマンスが魅力です。

3年間ノーワックスの持続力を誇り、コート被膜は劣化しにくいので、汚れは水洗いだけで落ちる手軽さもいいですね。

ガラスコーティング剤 SUPER (スーパー) ピカピカレイン 親水性

同商品の滑水性と同じく3年間ノーワックスの持続力を誇り、黒い車なら更に深みが出て鏡のような艶が輝きます。

塗った後は拭いて磨くだけなので、簡単にコーティングが可能な一点ですよ!

次世代プロテクトコート剤【GENESIS】

ポリマーコートには「耐久性が短い」「油分が含まれる」デメリットがありましたが、それらを進化させ、汚れから守る性能と光沢感をガラスコート並みにアップした商品です。

コーティングの効果は業者選びが重要!

コーティングの効果は親水性や撥水効果以外にも、施工する業者を選ぶことがとても重要です。

ガラスコーティングでもガラス系でも優れたパフォーマンスを発揮するには、業者がコーティングの前処理の技術をどの程度持っているかも大きく影響します。

親水性コーティングで前処理が十分行われなければ、折角コーティング剤を塗っても、水が余り流れずボディー表面に残ったままということが起こり得ます。

表面的なコーティング剤の効果に目が行きがちですが、「業務用」の溶剤だから大丈夫と鵜吞みにせず「誰がコーティングを施すのか」という、業者の技術をきちんと把握することが大切です。
 

サイドミラーには親水スプレーがおすすめ

サイドミラーは雨の日だと無数の水滴が付着して、全く見えず危険なときがあります。

ミラーは撥水性よりも、水分をどんどん流す親水性がおすすめで、特に親水スプレーなら「見えにくい」と思ったその場でサッと一吹きが可能です。

商品によっては親水性の被膜を形成し、水滴を消してたちまち視界がクリアになります。

スプレーを塗布する前には前もっての下処理は必要ありませんが、水垢や油膜が付着していると効果が落ちることもありますね。

効果が薄いと思ったときは、サイドミラーの油膜取りも行ってみて下さい。

まとめ

親水性コーティングはコーティング効果を実感しにくいですが、ウォータースポットができにくく、撥水性コーティングは艶の具合などコーティング効果が一目瞭然ですが、汚れが残りやすいなどメリット・デメリットがあります。

屋根のないところに車を止め、かつキレイな状態を長く保ちたい人は親水性を、屋根のあるところに車を止め、見た目のコーティング効果を重視する人は撥水性が良いでしょう。

保管状況と、コーティングの結果期待できる効果で選ぶと良いですよ!

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-車のコーティング
-

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.