洗車

洗車

2021/3/14

車の雨染みが取れない!ゴシゴシ磨くのはNG?塗装に負担をかけない落とし方

車は雨の中でも走るので、雨に濡れてしまうのは当然のことですよね。 一見すると綺麗な雨粒でも目には見えない細かな微粒子汚れを含んでいることも。 そして本来なら車を綺麗にするための洗車が、逆に水垢を作る原因になることもあるんです。 水に濡れる事は避けられない、でも雨染みや水垢汚れは防げます。 雨染みや水垢の発生原因から予防するためのポイントも含めて解説します。 車の雨染みができる原因 そもそも雨は蒸発した水が粒となって降ってきたもの。つまり本来は不純物のない蒸留水のはずです。 ではなぜ雨が降ると汚れとなり、や ...

続きを読む

洗車

2021/2/14

車の虫取りは厄介!塗装に悪い?カピカピになった死骸をきれいに落とす方法

高速道路などドライブ中に発生する虫との衝突。 フロント部分にはもちろんのこと、フロントガラスに付着するとウォッシャー液ではなかなか落ちません。 たかが虫と侮っていませんか?わざわざカー用品メーカーが専用クリーナーを出すのにも理由があります。 虫取りクリーナーの使い方や対策方法を詳しく解説します。 車に付着した虫を放置するとダメな理由 大きな動物との接触事故を起こした場合に比べれば、小さな虫との接触は走行中に気づくことも少ないでしょう。 しかしながら接触によってできる死骸の跡は放置すると厄介な代物です。 放 ...

続きを読む

洗車

2021/2/12

【洗車機の使い方】一度も通したことが無い!?間違えるとトラブルになる操作の基本

セルフ式のガソリンスタンドの普及に伴って、洗車機もセルフ式やドライブスルー式が多くなっています。 その一方でスタッフに洗車機の操作を任せていた方からすると、自分で洗車機を操作することに抵抗がある人もいるのではないでしょうか? でも実際の洗車機の操作というのは非常に簡単に扱えるようになっていますし、以前と比べて格段に性能が向上しています。 洗車機を活用すれば車はもっと綺麗な姿を保つことができるんです。 最新のセルフ洗車機事情も踏まえて、使い方を解説します。 セルフ洗車機ってなに? 元々洗車機は洗車するための ...

続きを読む

一覧を見る

 

コーティング

車のコーティング

2021/2/3

コーティングとワックスの違いは?洗車後のツヤ感だけで選んじゃダメな理由

車のボディーはいつまでも新車に近い状態に保ちたいものです。「〇年メンテ不要!」の謳い文句にひかれてカーコーティングを考える方は多いかもしれません。 一方で手間がかかってもツヤツヤになる「ワックスがけが好き!」というドライバーもいますよね。 コーティングとワックスにはそれぞれ特徴がありますが、自分の環境や考え方でどちらが良いかベストな選択が変わります。 疑問を抱く人が多いコーティングの上にワックスを塗る「併用はアリなのか」についても合わせて解説します。 ワックスとコーティングの違いとは? ワックスとコーティ ...

続きを読む

車のコーティング

2021/2/3

【車コーティング】洗車機はダメ!?手洗いで長持ちさせる極意3か条

コーティングを施工した車は美しさを保つ効果が何年も持続するので、全くメンテナンスしなくてもよさそうな気もしますが、そんなことはありません。 月に一度くらいは洗車を行い、コーティングのメンテナンスを行う必要があります。 ボディーを汚れから守るコーティング剤のガラス被膜は、日数の経過で汚れによるダメージを受け、コーティングの効果と耐久性や撥水性が落ちてきます。 洗車も闇雲に行うとかえって傷をつけたり、塗装面に悪影響が出るので、正しい洗車の方法を覚えましょう。業者に頼むときの注意点も合わせてご紹介しますね。 コ ...

続きを読む

車のコーティング

2021/2/3

車コーティングの種類は?効果が激変する目的別ベストチョイス

車を購入すれば、綺麗な状態をいつまでも保ちたいですよね。 ボディーの汚れや傷は、本当に最悪です。屋外に駐車すれば紫外線も大敵です。 愛車の塗装面を美しく保つオススメの方法が、カーコーティングです。 カーコーティングは以前固形のワックスがけが主流でしたが、現在はワックスがけ以上の持続性を持つ樹脂系やガラス系コーティングの他、最高峰といわれるガラスコーティングに発展しました。 それぞれに特徴があり、どの方法がベストなのか迷いますね。 またディーラーやコーティング専門の業者など扱う業態も色々あって、調べていると ...

続きを読む

一覧を見る

 

フロントガラス

フロントガラス

2021/4/25

レンタカーで飛び石!普通に走ってただけで弁償?まさかの損害をゼロにするしくみ

高速道路を走っていて、突然前方から何か小さいものが飛んできました。 「コツン」と音がした次の瞬間、フロントガラスにヒビが入ってクモの巣のよう… あわてて路肩に車を停め、改めてヒビの入り方に呆然。次に「修理しなければいけないなら、どうしよう??」と、再び呆然。 所有者であるレンタカー会社自身が、保険で修理するのではないかと考えるかもしれませんね。 飛び石でフロントガラスにヒビが入る事故が、レンタカーを走らせている間に起きたらどうすればいいか、考えることは稀だと思います。 現実は全部保険で修理できないことがあ ...

続きを読む

フロントガラス

2021/3/30

【フロントガラスのヒビ】車検に酷い傷でも通る!?意外なローテク知識

車のトラブルで最悪な部類の一つは、フロントガラスに突然ヒビが入ることです。 高速道路を走行中に飛び石が飛んできたときは避けようがありませんが、実は知らないうちにガラスにキズがついて、あるとき急にヒビが広がることもあるのです。 バッテリー上がりも最悪ですが、交換すれば何とかなります。フロントガラスのヒビも同様に交換するしか手はないのでしょうか。 車検に通らないこともあると聞くと、交換費用も頭に浮かんで「トホホ…」と嘆きたくなります。 できることなら修理や交換の費用は安く済ませて車検を通したいですが、意外なロ ...

続きを読む

フロントガラス

2021/2/4

【フロントガラスの霜】ガチガチに凍っても視界良好になる9つの技

冬の寒い朝、車を動かそうとすると一面にフロントガラスを覆ってガチガチに凍り付く霜。 ガラスに付着した霜は簡単には取れません。 凍結した霜を溶かそうと、熱湯をかければ早い…と誰もが考えると思いますが、ちょっと待ってください。フロントガラスに熱湯をかける行為は、最もいけない行為です。 悩ましいフロントガラスの霜ですが、起きやすい気候があり、天気予報を注意して聞いていれば対策は簡単です。 万一霜が降りても、対応策はいくつもあります。 ここではフロントガラスに霜が降りるメカニズムと、ガチガチに凍結しても視界を回復 ...

続きを読む

一覧を見る

 

ワイパー

ワイパー

2021/3/23

ウォッシャー液は水でもいい?洗浄力が落ちるだけじゃない代用NGな根拠

車のウォッシャー液は前面視界をクリアに保つ大事なアイテム。 フロントガラスに汚れや虫が付いたときなど、シュッと噴射してワイパーを動かしてキレイにすること、よくありますよね。 ウォッシャー液を使うと、ボディーにシミが付くのを嫌う人もいます。 普通の水がガラスクリーナーとして使えれば、コスト削減になると考えるかもしれません。 筆者はウォッシャー液を入れるタンクに、水を入れた経験があります。 ウォッシャー液の役割と性質を理解し、ガラスを常にクリアに保ちましょう。 ウォッシャー液は水道水で代用できる? ウォッシャ ...

続きを読む

ワイパー

2021/2/12

【ワイパーのビビリ】相性が悪い?どうするか迷ったら試したい音の止め方

ワイパーは雨の日の運転には心強いアイテム。 しかし時折聞こえてくるビビリ音はとても耳障りで気になりますよね。 ビビリ音が聞こえてくると、ワイパーゴムは交換かと諦めの境地になりますが、簡単なチェックで改善するかもしれません。 ゴムの状態やガラスの汚れだけでなく、撥水コーティングもビビリ音の原因になるので、適したゴムを選びましょう。 ワイパーの「ビビリ音」がうるさい!原因は? 耳を塞ぎたくなるワイパーのビビリ音は、ゴムの劣化や油膜などの汚れが原因。 不用意に触ることや屋根からの落雪でも、取り付け角度がズレて音 ...

続きを読む

ワイパー

2021/2/4

ワイパーは種類あり過ぎ!?知らずに変えると性能が発揮できない選び方のポイント

ワイパーは雨の日の運転になくてはならないアイテム。 「水滴を弾くだけなら皆同じ」ように思えますが、最近ワイパーの進化は著しく、単に水を弾くだけではない機能を備えています。 高速走行時の拭き取り性能が優れているタイプ、またはデザイン重視で車全体の見栄えを高める製品が揃っています。 またワイパー特有の不快なビビリやスベリを軽減するタイプを装着すれば、雨の日のストレスが無くなりますよね。 ワイパーゴムはよく交換するパーツになりますが、ブレードも気温の変化で痛めつけられるので年に1回は交換すると良いです。 高速走 ...

続きを読む

一覧を見る

 

タイヤ

タイヤ

2021/4/29

タイヤチェーンおすすめ10選!念のため準備?大雪で焦らない選び方

雪道でタイヤチェーンを巻いたことがない人も多いのではないでしょうか。 スタッドレスタイヤを履いてるから大丈夫と考える人もいるでしょうし、「装着方法がわからない」「金属タイプと非金属タイプではどちらがよいか…」と迷う人も多いでしょう。 最近のチェーンは、取り付け方法が簡単装着が可能な製品がたくさんあります。 また2018年12月からチェーン装着規制が施行され、峠道などで急な大雪に見舞われた場合、スタッドレスを履いていてもタイヤチェーンが必要になりました。 この機会に雪道対策を考える方に、装着性や走行安定性抜 ...

続きを読む

タイヤ

2021/4/18

【タイヤワックスの効果】コスパ最強のツヤツヤ感をだせる正しい使い方

タイヤは車のパーツで最も目につくので、艶出しコーティング剤としてタイヤワックスを塗ると、より黒く映え、車全体が引き締ってみえます。 ところが塗り過ぎると、艶どころかムラが目立ちます。 また水性・油性タイプ、それぞれに特性がありますが、どちらを選ぶにしてもタイヤワックスの正しい作業方法を理解しないと、効果は発揮できません。 タイヤも長持ちしてコスパに優れる、水性・油性タイプ別おすすめ艶出しコーティング剤も合わせてご紹介します。次からの洗車に役立ててください! タイヤワックの効果ってなに?必要性は? タイヤワ ...

続きを読む

タイヤ

2021/4/8

スタッドレスタイヤの寿命は年数?距離?雪道初心者でも長く使える秘訣

スタッドレスタイヤは冬用タイヤなので、地域や気候によって1年通して履き続けるノーマルタイヤよりも、はるかに寿命が長そうな気がしますよね。 ところが冬用タイヤだからと長く履けそうだと油断すると、かえって寿命は短くなります。 スタッドレスタイヤは走行距離や年数に関係なく経年劣化による寿命がくるので、タイヤに現れるメッセージを見逃してはいけません。 また保管状態に気をつければ、1シーズンでも長く寿命を延ばすことができます。 タイヤは安い買い物ではないので、スタッドレスタイヤの寿命を判断するサインと、長く使うため ...

続きを読む

一覧を見る

 

メンテナンス

メンテナンス

2021/5/1

【チャイルドシート義務違反】抱っこだけで我が子を守れない3つの理由

かわいいわが子とドライブするのは、親御さんにとって本当に楽しみですね。ご家庭の「イベント」といってもよいでしょう。    但し6歳未満の子どもを車に乗せるには道路運送車両法により、交通事故に備えてチャイルドシートの使用が義務となっています。 何歳まで必要なのかということは、知られているようで意外と知らないと思います。また乳児用か学童用など成長段階に応じて、適切なものを選ぶ必要もあるのです。 法制度では使用しなかったとき、罰則があるのかも気になりますよね。 チャイルドシートは締め付ける形で座らせるので、子ど ...

続きを読む

メンテナンス

2021/3/29

エンジンオイルは継ぎ足しOK?ランプが点灯するほど減ってしまう原因と対処法

エンジンオイルは定期的に交換する必要があるもの。 オイルは劣化するだけでなく、エンジンオイルの量そのものが減るものだということをご存知でしょうか? 結論から言えば、正常なエンジンであっても燃焼するたびにエンジンオイルは微量ながら減っています。 減っているなら補充をすれば良い…と考えがちです。 ただ補充をする上で気を付けるべきこともありますし、なにより補充が必要なほど減っている理由を知らなければ根本的な解決にはなりません。 継ぎ足しが必要になるほどエンジンオイルの異常な消費を起こす原因と対処方法を解説します ...

続きを読む

メンテナンス

2021/3/28

AT車なのにエンストってある!?まさかの事態にパニックにならない対処法

エンストというとマニュアル車でクラッチ操作のミスで起きるのを思い浮かべる方が多いと思います。 実際、AT車(オートマ)に乗っていればエンストを経験することはほぼ無いと言っても良いでしょう。 しかし車を動かしているパーツの不具合や走行状態によっては、新車や中古車、ミッション形式に関わらずエンストは起こりえます。 そんな突然のエンストを起こす原因と合わせて、エンストしてしまったときの対処法も解説します。 エンストってどうなることなの? よくエンジンが止まることをエンストと言いますが、そもそもエンストとはどのよ ...

続きを読む

一覧を見る

 

チャイルドシート

チャイルドシート

2021/2/4

チャイルドシート前向きいつから?満1才でもダメ!?年齢だけで判断できない根拠

赤ちゃんは道路交通法で生まれた時からチャイルドシートの装着義務があり、怠ると交通違反になります。 でもドライブで後向きに座らせると、泣いたりぐずったりで可哀想ですね。 早く前向きに座らせたいですが、1才になったとき「随分成長したから大丈夫」と安易に考えてはいけません。 いつから前向きできるでしょうか。 子どもは頭だけ大きいので、交通事故が起きると頭から前方に飛んで悲惨なことになるのです。 即ち体重が増加して体格も発達する時期を「いつから」と考えると判断しやすくなります。 チャイルドシートは年代ごとに種類が ...

続きを読む

チャイルドシート

2021/2/4

チャイルドシート助手席はダメ?!離れていると「ギャン泣き」それでも勧められない理由

チャイルドシートをどの位置に取り付れば安全かは、子どもを持つ親としては気になりますよね。 運転中は子どもの状況が心配になって当然です。助手席に取り付けて、常に様子を見守りたいと思っても不思議ではありません。 ただ事故が起きると、助手席は大人でも危ないといわれていることはご存知でしょう。 そのためか、助手席への取り付けは「違反」と思われている方も多いようです。 シートメーカーも後席を推奨してますが、現実は助手席にチャイルドシートを装着しても違反ではありません。 助手席に取り付ける際は必要な注意点をしっかり守 ...

続きを読む

チャイルドシート

2021/2/4

【チャイルドシートの選び方】車に乗せて外出するのが嫌にならない5つのポイント

チャイルドシートの選び方には疑問が付きまといます。 ベビーシートやジュニアシートを一括りにして呼ぶことが多く、混同するからですね。 成長段階に適したシートを選ばないと、お子さんには苦痛になってしまいます。 また安全性も無視できません。 国土交通省が各製品ごとに公表しているテスト結果は、チャイルドシートの選び方を決めるポイントになります。 最近のチャイルドシートはヨーロッパの安全基準に合わせられています。知識として持っておくと、あらゆる車種に対応できます。 事故の衝撃にも安心で取付方法や機能性など使い勝手が ...

続きを読む

一覧を見る

 

ピックアップ

 

新着記事

Copyright© [ブーマル] , 2021 All Rights Reserved.