車の悩み解決

フットブレーキの使い方!慣れない運転でも劇的に燃費をよくする5つのステップ

更新日:

車は、アクセルを踏んで加速するのは簡単ですが、衝撃なくスムーズに止めるのは、意外とむずかしいのです。

車が止まったときに、首がカクンとなった経験、ありませんか?

フットブレーキの使い方が上手くなると、乗り心地が安定して「首がカクン」もなくなり、燃費も劇的によくなるなど、よいことずくめです。

フットブレーキの使い方が上手くなる方法と、どんなメリットが得られるかをお話しします。

フットブレーキは下まで強く踏み込まない

信号で停止するときに、首がカクンとなるのは、ブレーキペダルを下まで強く踏みすぎています。

フットブレーキは完全に下まで踏み込まず、スピードが落ちたところでブレーキを踏んだ足を少し戻し、さらにブレーキを踏んで、車が止まりそうになったところで、もう一度足を少し上に戻すと、衝撃がなく「いつ止まったの?」というくらいスムーズに停止します。

電車のブレーキも、止まるまでかけっぱなしではなく、スピードが落ちると緩め、もう一度ブレーキをかけ、止まる寸前にブレーキを緩めているので、衝撃なく停車するのです。

アクセルワークで速度を調整する

フットブレーキの使い方が上手くなると、巡航しているときのアクセルワークも上手になります。

アクセルを踏んだりフットブレーキを踏んだりを繰り返す運転は、乗り心地が悪くなります。

フットブレーキが上手くなると、一定の速度を保ってからブレーキを踏むと、よりソフトに止まることがわかってきます。

アクセルを踏んで加速したら、少し足を離し、スピードが落ちたらアクセルを踏むアクセルワークで速度を調節し、停止するときだけフットブレーキをかける走り方が身につきます。

筆者は日々実践して、停止する寸前までブレーキをほとんど踏まないことが、よくあります。

無駄な加速やブレーキがなく、ほぼ決まったスピードで走行するので、乗り心地も燃費もよくなります。

前方に赤信号が見えたら、アクセルペダルから足を離して惰性で前に進み、信号の手前でフットブレーキを踏めば、さらに乗り心地と燃費がよくなります。

アクセルワークと少しのフットブレーキで劇的に燃費がよくなる!

どれくらい燃費がよくなるか、アクセルワークで速度を調節する筆者の例で検証します。

車種の違いによって、一概に同じ数値になるとは言い切れませんが、筆者が現在乗っている中古車は、速度計の平均燃費が、筆者が乗り始めたころはリッター11キロを示していました。

3か月くらいでリッター1キロずつ向上する感覚で、ほぼ1年3か月でリッター16キロ、最終的に1.5.倍も燃費がよくなりました。

フットブレーキを踏みすぎてはいけないもう一つの理由

長い下り坂でフットブレーキを長時間使い続けると、ブレーキがオーバーヒートします。

最近のディスクブレーキは冷却効果が高いですが、まったくオーバーヒートしないとは言い切れません。

ブレーキを強く踏んでも効かない状態が、フェードという恐ろしい現象です。

ディスクローターを押さえ込むブレーキパッドの摩擦力が低下し、ブレーキを踏み続けると、ますます効かなくなります。

マジでヤバいフェード現象


【ブレーキが効かない】軽いフェード現象でも恐怖する緊急事態の対処法

車を運転していて怖いのは事故に遭うことですが、事故よりも身近な恐怖、それは、ブレーキが効かなくなることです。 エンジンが車の心臓なら、ブレーキは最後の生命線です。 普段の基本的な運転操作で可能なものか ...

こんなときは、あらかじめエンジンブレーキを使うほかに、ポンピングブレーキを使います。

また、通行量の多い道路でやたらとフットブレーキを踏むと、渋滞が悪化することもわかってきています。

練習で上手くなるポンピングブレーキ

ポンピングブレーキは、危険を回避するブレーキの踏み方ですが、一気に下までフットブレーキを踏み続けるのではなく、小刻みにブレーキを踏み続けると、短い距離で停止して危険を回避でき、首がカクンとなることもありません。

よく効きますが、ふだん練習していないと、緊急時にとっさにできません。

筆者は、広い道で、通行量の少ないときに練習しています。これを繰り返すと、とっさのときも慌てずにポンピングブレーキで、短い距離をショックなく停止させることができます。

筆者は、とっさのポンピングブレーキで危険を2度回避しました。これは練習のたまものです。

まとめ

フットブレーキは下まで強く踏みすぎず、止まりそうなところで、ブレーキを踏んだ足を少し上に戻すと、衝撃なく止まります。

フットブレーキの使い方が上手くなると、アクセルワークが身について乗り心地も燃費もよくなり、狙った位置に止めることができます。とっさのときに危険も回避しやすくなり、車をコントロールしている感覚が面白くなります。

殿堂入り記事

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-車の悩み解決
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.