車の悩み解決

ガソリンタンクの水抜きは必要?スタンドでカモにされない7つのポイント

投稿日:

ガソリンスタンドで給油すると、「ガソリンタンクの点検させてください」と言われて、「ガソリンタンクに水が溜まっていますね。水抜き剤入れておいた方がいいですよ!」と勧められた経験、ありませんか?

何となく不安になって、言われるままに入れてもらった方、いると思います。

結論から申し上げると、最近は水抜き剤を入れる必要性はほとんどないのですが、ガソリンスタンドが水抜き剤を勧める理由は何なのでしょうか?

水抜き剤の必要が薄い理由と、ガソリンスタンドが勧める実情を知って、不要なものを買わない知識を勉強しておきましょう。

ガソリンタンクに水がたまることがある

水抜き剤を入れる必要は、ガソリンタンクの内部に水がたまることがあるからです。

要因に、結露があります。タンクの内部が常に満タンなら問題ありませんが、燃料が減ると内部に空間が生まれます。

その空間に湿気が含まれると、外気温の低下でタンクの内部の空気が冷えたとき、水滴がタンクの壁面に付着します。

ほかにも粗悪な燃料や設備から、水が混入するなどの現象が、以前にはありました。

水がたまるとエンジンに悪影響が出る

車は、バイクのように極端に外気にさらされることはないので、水があまり発生しませんが、水がたまると、水は燃料より比重が重く、タンクの底に沈殿して走行中の揺れでタンクの底をさまよいます。

揺れがひどいと浮き上がり、吸い上げられてエンジンへ送られます。水は燃えないので、ガス欠のような症状が出てノッキングが起きます。

ほかに、水抜き剤を入れる必要性は、タンクの内部のサビを予防することがあります。

最近のガソリンタンクはサビにくい!

最近のガソリンタンクは、樹脂でできているので、サビが発生することはまずありません。

金属製のガソリンタンクも、サビが発生しないようコーティングが施されています。

また、最近のガソリンタンクは密閉性が向上して、水がたまりにくい構造になっているので、サビが発生する心配はほとんどないのです。

水は給油のときにタンクから放出される

長い間車に乗っていなければ、話は別ですが、ガソリンは揮発性が高いので、走行中の振動でシャッフルされます。

水は、シャッフルされたガソリンに押し上げられ、次の給油のときに給油庫を開けると、ガソリンの圧力によって「プシュー」と音を立てて、ガソリンタンクの外へ放出されます。

また、最近のエンジンは、ガソリンと水をきちんと区別しています。

ガソリンスタンドが水抜き剤を勧める理由

はっきり言って、ガソリンを入れるだけでは商売にならないので、利益を出すために水抜き剤を勧めているのが実情のようです。

車の知識がなさそうな人は「カモ」とみています。一度水抜き剤を入れれば、何回も勧められるでしょう(すべてのガソリンスタンド従業員が、売りつけようと思って売っているわけではありません)。

本当に必要なら、定期点検のときにディーラーでも勧めるはずですが、ディーラーで水抜き剤を勧められた経験のある人は、まずいないと思います。筆者も勧められたことはまったくありません。

エンジンが故障する可能性も

水抜き剤の主成分はアルコールですが、アルコールが混ざったガイアックスという燃料は、エンジンのアルミブロックが壊れることから、売れなくなりました。

水抜き剤を入れすぎると、樹脂やゴム以外にアルミを腐食させるほかに、水抜き剤を入れたら排気ガスが黒くなったという人もいて、入れすぎるとエンジンが故障する可能性があります。

水抜き剤を入れる必要のある時期

梅雨時に水抜き剤を勧められた人がいますが、結露が起きやすいのは冬なので、入れる必要がある時期は、むしろ冬から春先です。

まとめ

  • 最近のガソリンタンクは水がたまりにくく、サビにくい
  • 給油のときに、水はタンクから放出される
  • 本当に必要なら、ディーラーも勧めるはず

以上3つのポイントから、水抜き剤を入れる必要はほとんどありませんが、自分が必要と判断して水抜き剤を入れることはかまいません。

言われるままに入れてもらうのではなく、必要な知識で主体的に判断しましょう。

殿堂入り記事

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-車の悩み解決
-,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.