メンテナンス

車のタイミングベルトが切れる!前兆のないトラブルを避ける運転のコツ

車のエンジンには、タイミングベルトというパーツがあります。とても大事なパーツですが、実は何の前兆もなく切れるのです。

タイミングベルトが切れると、最悪の場合エンジンがダメになってしまいます。

なぜタイミングベルトは、前兆もなく切れるのか、その原因と、タイミングベルトが切れるのを防ぐ運転のコツはあるか、ということを解説します。

エンジンが大ダメージを負う前に、知っておきましょう。

【悲報】下取りで車を売ると100%カモられます!

どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

複数社から買取査定の比較をしないと間違いなく損します。

なぜなら、買取業者同士で競り合わすことで買取額があがるから。

面倒だからという理由で、一社だけの査定だと、比較対象がいないので必ず最安値の買取額を提示されることに。

ナビクル車査定」なら大手買取業者最大10社が勝手に競ってくれます。

\9つの項目で愛車の最高額がわかる!/

タイミングベルトとはどんなパーツなのか?

タイミングベルトとは、エンジンのクランクシャフトと、吸気バルブを開閉するカムシャフトを連動させ、エンジンの吸排気を行うタイミングを調節するので、タイミングベルトと呼ばれています。

吸排気のタイミングがずれると、エンジンが不完全燃焼を起こすので、とても重要なパーツです。

走行中にタイミングベルトが切れると、吸気バルブが開閉しなくなり、エンジンが止まるばかりか、最悪の場合はピストンとバルブがぶつかり合い、エンジンがダメになってしまいます。

タイミングベルトが切れる原因

エンジンのオーバーヒートで、タイミングベルトが劣化するほか、エンジンオイルの劣化で、潤滑が十分でなくなり、ベルトに過大な力がかかる、またはテンショナーがスムーズに回らなくなって、タイミングベルトが損傷して切れることがあります。

テンショナーが回らないとき、前兆として「シャー」という音が聞こえるときがありますが、車に詳しくない人にはわかりません。

また、「シャー」という音が必ず聞こえるとは限らず、だいたいは突然切れるので、適切な時期に交換することと、切れない運転のコツを研究するしかありません。

タイミングベルトの交換時期と費用

走行距離8万~10万キロが、適切な交換の時期ですが、整備に持ち込まれるおよそ7割の車は、7万キロでタイミングベルトが切れています。

走行距離にこだわらずに、まめに点検を行いましょう。

タイミングベルトの交換は、車種によってはエンジンをおろす必要がありますが、目安としては3万5千円くらいでできます。

タイミングベルトが切れると、ピストンとバルブがぶつかりあってエンジンの内部が激しく損傷するので、20万円くらいかかってしまいます。

タイミングベルトが切れるとどうなるか?

だいたいのケースは、切れた瞬間にシリンダーヘッドが高速でぶつかり合い、手の施しようがありません。

ゆっくり走っていたときに切れれば、バルブの交換だけで済む場合もありますが、高速道路で切れると、内部はめちゃめちゃになります。

最悪の場合、コンロッドがシリンダー壁を突き抜けてガソリンとオイルが飛び散り、車の後部から火を噴き、ボンネットを開けた瞬間に火の手が上がります。前兆はほとんどありません。

ファンベルトは切れても運転に支障が出るだけで、致命的なトラブルにはなりませんが、タイミングベルトは定期点検と、適切な時期の交換が大事なのです。

タイミングベルトが切れない走り方

残念ですが、タイミングベルトはどんなに注意していても、前兆もなく切れるときは切れるので、運転の仕方がタイミングベルトに与える影響は、0.1パーセントもないといわれています。

タイミングベルトを適切な時期に交換することのほかには、オイルとクーラントを交換しましょう。

運転が与える影響はほとんどありませんが、走り方の重要なコツは、急発進または急ブレーキを避けることです。

最近は、切れない前提でつくられているタイミングチェーンが脚光を浴びているので、タイミングチェーンの普及が待ち望まれます。

まとめ

たとえは少し違うかもしれませんが、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。肝臓の病気は自覚症状がないからです。

タイミングベルトは、何の前兆もなく切れる点で、肝臓の病気と似ています。

日頃の点検と、急発進または急ブレーキを避ける走り方が重要です。

編集部おすすめ

1

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

2

車のタイヤにひび割れを見つけたら、「このタイヤ、大丈夫!?」と一瞬ドキッとするでしょう。 ひび割れたタイヤは早く交換する方が良いのですが、決して安くはないので、できれば走れるところまで走りたいものです ...

3

ブレーキの故障は最悪ですが、「サービスマンがちゃんと点検してくれている」と油断していませんか? 実は部品のなかでも消耗が激しいのがブレーキパッド。 ブレーキから異音があるのはブレーキパッドが摩耗してい ...

4

待ちに待った新車の納車!早く乗りたくて、何日も前から待ちきれず、キーを受け取ってエンジンをかけようとしたら、オドメーターが見え、「100km」の数字。 新車なのにこんなに走っているって、変ですね。 オ ...

5

エンジンオイルは定期的に交換する必要があるもの。 オイルは劣化するだけでなく、エンジンオイルの量そのものが減るものだということをご存知でしょうか? 結論から言えば、正常なエンジンであっても燃焼するたび ...

6

鳥のフンによる糞害は車にとってイヤなもの。それがフンということもありますが、汚れとしても非常に目立ちます。 でも、ただ目立つ汚れぐらいに思っていませんか? 実は鳥のフンは塗装面に深刻なダメージを与える ...

7

ワイパーは雨の日の運転には「命綱」というべきアイテムです。ワイパーが動かないで前が見えなくなる事態は、考えるだけで怖いですね。 雨天時にはスイッチを入れるだけで前方の視界を確保してくれる安心感がありま ...

8

夏のドライブで車のエアコンが効かないと大変です。 最近は猛暑日が増加して、ガラス張りの車内は高温になり熱中症の危険があります。 また夏は毎年のように、車内に置き去りにされたこどもが亡くなる痛ましいニュ ...

-メンテナンス
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2022 All Rights Reserved.