タイヤ

【ハンドルがブレる原因】修理費は安あがり?!簡単なタイヤ知識で自力解決

車を運転しているときに、ハンドルがブレると、コントロールを失い、恐ろしいことになります。ハンドルのブレは、何が原因で起こるのでしょうか?

実は、原因となる部位やパーツはほとんど決まっていて、ハンドルのブレが万一走行中に起きても、落ち着いて対応することが可能です。

ハンドルがブレる具体的なケースと、恐れる必要がない理由を解説します。

【悲報】下取りで車を売ると100%カモられます!

どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

複数社から買取査定の比較をしないと間違いなく損します。

なぜなら、買取業者同士で競り合わすことで買取額があがるから。

面倒だからという理由で、一社だけの査定だと、比較対象がいないので必ず最安値の買取額を提示されることに。

ナビクル車査定」なら大手買取業者最大10社が勝手に競ってくれます。

\9つの項目で愛車の最高額がわかる!/

パンクが原因のハンドルのブレ

まったく感じなかったハンドルのブレが、速度域に関係なく始まったら、タイヤのパンクが原因です。

パンクは空気が抜けるのに早くて1分、時間がかかっても数分要するので、落ち着いて対応すれば大丈夫です。

高速道路でタイヤがパンクしたときは、パニックになりますが、落ち着いて左にウインカーを出して安全を確認します。

急ハンドルやブレーキを踏まない限り、車はスピンしないので、アクセルを緩めて、左の路肩に寄せましょう。

筆者の知人が、関越自動車道でタイヤがバーストしたとき、アクセルを緩め、急ハンドルは避けて左に寄せたと語っており、アクセルを緩めることは危険を避ける確実な方法です。

空気圧の不足が原因で起きるブレ

急にブレるのではなく、だんだんとハンドルがブレるときは、タイヤの空気圧の不足が原因です。

タイヤの空気圧が不足した状態が長く続くと、タイヤ側面のワイヤーが切れて、タイヤ側面が波を打って、ハンドルのぶれが置きます。

空気圧が不足するだけでなく、空気圧が左右で違うと、タイヤの設置部の後方にたわみが発生して、最悪の場合たわみが原因でバーストが起きます。

▼タイヤの空気圧には適正値があります。

タイヤは微妙な摩耗でも、ハンドルがブレることがあります。インチアップしてタイヤが薄くなることも、ハンドルがブレやすくなります。

パンク以外に覚えておきたい専門用語

ここまでの検証で、車のハンドルがブレる原因は、だいたいタイヤ周りにあることがわかりました。

ハンドルのブレとなる、パンク以外の原因と専門用語をまとめて覚えれば、ほとんど回避が可能です。

特定の速度域、たとえば時速80~100キロでハンドルがブレる現象は、ホイールバランスが狂っています。

ホイールバランスの狂いとは、タイヤにホイールを合わせたとき、気がつかない程度にゆがみが出ることです。このゆがみを調整します。

速度が上がるほど、ハンドルのぶれが激しくなる場合は、アライメントというタイヤの正しい角度と位置が、路面の段差を通過したときの衝撃などが原因で、狂いが出ています。

対応として、アライメントの狂いを調整します。

タイヤ周りが原因の豊富な実例

時速30~40キロでのハンドルのブレ

時速30~40キロで、ハンドルが小さくブレるFF(前輪駆動)車の実例です。

タイヤを交換したばかりなので、タイヤがなじむまでの症状か、アライメントが悪いのかと気になりました。

FF車は、前輪で車の駆動とかじ取りを行うので、フロントのタイヤバランスに狂いが発生したことが考えられます。

時速80~85キロでハンドルのブレ

時速80~85キロでハンドルがブルブル振動した実例です。

タイヤとホイールは新品に交換し、アライメント調整もしたのですが、取り付け時にナットの締めが偏っていたために、ブレが発生したとみられます。

前後のタイヤを入れ替えたらブレは消えました。

時速100キロでハンドルのブレ

時速100キロくらいで、ちょっと強めのブレーキを踏むとハンドルがぶれた実例は、ブレーキローターの摩耗によるものでした。

運行前点検を心がけよう

筆者の経験ですが、アクセルを踏んだ途端にハンドルが重く感じられ、加速すると左側にハンドルをとられるので、慌てて左側に寄せて車を停めると、左側の前輪のタイヤがパンクしていました。

近所のガソリンスタンドに見てもらったところ、タイヤに五寸くぎが刺さっていました。

悪質ないたずらと思われますが、車を走らせる前に全体を見ていれば、早い対応ができたでしょう。

運行前点検といっても、車を走らせる前に全体を見るだけでよいのです。

まとめ

タイヤ周りは、1トン以上の重量がある車を支え、走行中は地面と接地して路面の振動を受け続ける結果が積み重なり、劣化によってハンドルのブレが起きます。

「タイヤは命を乗せている」という表現もあり、日頃から空気圧の調整やタイヤの交換、ホイールやタイヤのサイズを新車の時に戻すなど、タイヤ周りに注意していれば、ハンドルのブレを必要以上に恐れることはないのです。

編集部おすすめ

1

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

2

車のタイヤにひび割れを見つけたら、「このタイヤ、大丈夫!?」と一瞬ドキッとするでしょう。 ひび割れたタイヤは早く交換する方が良いのですが、決して安くはないので、できれば走れるところまで走りたいものです ...

3

ブレーキの故障は最悪ですが、「サービスマンがちゃんと点検してくれている」と油断していませんか? 実は部品のなかでも消耗が激しいのがブレーキパッド。 ブレーキから異音があるのはブレーキパッドが摩耗してい ...

4

待ちに待った新車の納車!早く乗りたくて、何日も前から待ちきれず、キーを受け取ってエンジンをかけようとしたら、オドメーターが見え、「100km」の数字。 新車なのにこんなに走っているって、変ですね。 オ ...

5

エンジンオイルは定期的に交換する必要があるもの。 オイルは劣化するだけでなく、エンジンオイルの量そのものが減るものだということをご存知でしょうか? 結論から言えば、正常なエンジンであっても燃焼するたび ...

6

鳥のフンによる糞害は車にとってイヤなもの。それがフンということもありますが、汚れとしても非常に目立ちます。 でも、ただ目立つ汚れぐらいに思っていませんか? 実は鳥のフンは塗装面に深刻なダメージを与える ...

7

ワイパーは雨の日の運転には「命綱」というべきアイテムです。ワイパーが動かないで前が見えなくなる事態は、考えるだけで怖いですね。 雨天時にはスイッチを入れるだけで前方の視界を確保してくれる安心感がありま ...

8

夏のドライブで車のエアコンが効かないと大変です。 最近は猛暑日が増加して、ガラス張りの車内は高温になり熱中症の危険があります。 また夏は毎年のように、車内に置き去りにされたこどもが亡くなる痛ましいニュ ...

-タイヤ
-,

Copyright© [ブーマル] , 2022 All Rights Reserved.