メンテナンス

オイルエレメントの交換時期は?エンジンと家計を守るベストタイミング

エンジンオイルを交換することの大切さは、理解している人は多いでしょう。

ところで、エンジンオイル交換するときに、「エレメントも交換した方がいいですよ」と言われるままに、何となく交換した人も多いと思います。

そもそも、オイルエレメントとは何か?という問いにすぐ答えられる人は、逆にそんなに多くないかもしれません。

この機会に、オイルエレメントの役割と交換時期を理解し、エレメントを交換した方がよいのか迷うことなく、主体的に決められるようになりましょう。

【悲報】下取りで車を売ると100%カモられます!

どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

複数社から買取査定の比較をしないと間違いなく損します。

なぜなら、買取業者同士で競り合わすことで買取額があがるから。

面倒だからという理由で、一社だけの査定だと、比較対象がいないので必ず最安値の買取額を提示されることに。

ナビクル車査定」なら大手買取業者最大10社が勝手に競ってくれます。

\9つの項目で愛車の最高額がわかる!/

オイルエレメントとは何か?

オイルエレメントとは、エンジンオイルをろ過するフィルターのことで、フィルターはオイルをエンジン内部に送る前に、エンジンオイルに混じる金属粉などをろ過し、きれいにして循環させる必要があります。

ボンネットを開けると、青や灰の丸い筒がエンジンに刺さるようにして存在しているのが、オイルエレメントです。

エンジンを長持ちさせるには、オイルだけではなく、オイルエレメントのメンテナンスも重要なのです。

オイルエレメントを交換しないととどうなる?

オイルに気を配っても、オイルエレメントのメンテナンスを怠ると、オイルが浄化されずに鉄粉などの不純物が混じったオイルが、エンジン内を循環します。

放っておくと、オイルに混じった鉄粉がピストンやシリンダーを削ります。

さらには、オイルとエレメントの両方フィルターに目詰まりが起こり、オイルが循環しなくなります。

エレメントとオイルのそれぞれに汚れがたまり、エンジンの状態が悪くなって、最悪の場合、エンジンの交換が必要です。

オイルエレメントは、目立ちませんが大切な役割があり、エンジンオイルだけでなく、オイルエレメントの交換も、一定のタイミングごとに必要なのです。

オイルエレメント交換のタイミング

オイルエレメントは、定期的に交換した方がよいことが理解できたと思います。

エンジンオイルは、5,000キロごとに交換するのがよいといわれていますが、オイルエレメントはオイル交換2回につき、1回交換するのがよいとされています。

しかし、20,000キロ走ったら交換すればよいという説もあります。

また、エンジンオイルは、種類によって交換時期が10,000キロだったり、もっと短い距離だったりと、マチマチな場合があります。

エンジンオイルの交換時期が2,500キロだと、オイル交換2回でエレメントを1回交換するには5,000キロ、10,000キロで交換するエンジンオイルなら、20,000キロでエレメントの交換が必要で、オイルを変えるたびにエレメントの交換時期が異なり、とても煩わしいことになります。

適切な交換時期は、どのタイミングなのでしょうか?

エレメント交換は走行距離で判断しよう

オイルエレメントの交換は、オイル交換2回につき1回の交換というのが「常識」ですが、実際には早い時期に交換すると、エレメントのろ紙がほとんど白いままということがあります。

オイルエレメントは、ろ紙が少し詰まっている状態で金属粉などをろ過するので、ろ紙が白いうちは、交換にはまだ早いことになります。

ろ紙が灰色になってきたら、交換のタイミングですが、ろ紙が灰色になるタイミングは、車の走行距離で見極められ、10,000キロに1回の交換でよい、という人もいます。

エレメントをいつまでも交換しないとどうなる?

もし、4~50,000キロ走る間に、一度もエレメントを交換しないとどうなるでしょうか?

エンジンオイルと、エレメントをいつまでも交換しなかった人の実例ですが、80,000キロで異音がひどくなり、結局エンジンを交換したそうです。

4~50,000キロ走る間に、オイルエレメントを交換しなくても目立った異常は出ないともいえそうですが、その間に不純物がエンジンを削ったり、汚れがたまったりで、エンジンに悪影響が重なるでしょう。

マメに交換するのがベター

マメに交換するのが一番よいですが、ろ紙が白い状態だと、オイルエレメントの交換にはまだ早いので、ろ紙が灰色になった時期に交換すればよいので、10,000キロに1回の交換でよさそうです。

気になる人は、オイル交換2回につき、エレメントを1回のタイミングで交換すればよいでしょう。

空前の「タマ不足」で、査定額が毎月2ケタ上昇の異常

車を買い換えるときに、そのまま流れで下取りに出していませんか?

実は、、、それかなり損をしています!

言われるがままに安い金額で下取りに出すより、複数の買取業者に比較してもらったほうが買取金額は確実にあがります。

店舗を回って比較するのは面倒ですが、「ナビクル車査定」なら無料でその場でできます。

しかも今は、空前のタマ不足。各社が買取り強化中!下取りよりも平均で25万円も高く売れた!という声が続出しています。

9つの項目を入力するだけで愛車を高く買取る会社がすぐに見つかります。

\かんたん45秒入力!/

愛車の相場価格を調べる


実際の査定額を公開!

車を売るときにちょっとの手間を惜しまないだけで15万円以上差がでるんです!

とにかく愛車を高く売りたいなら「車一括査定」の利用は必須 →  http://a-satei.com/

営業電話ラッシュはナシ!やり取りは高額査定を出した店舗だけ → https://autoc-one.jp/

編集部おすすめ

1

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

2

車のタイヤにひび割れを見つけたら、「このタイヤ、大丈夫!?」と一瞬ドキッとするでしょう。 ひび割れたタイヤは早く交換する方が良いのですが、決して安くはないので、できれば走れるところまで走りたいものです ...

3

ブレーキの故障は最悪ですが、「サービスマンがちゃんと点検してくれている」と油断していませんか? 実は部品のなかでも消耗が激しいのがブレーキパッド。 ブレーキから異音があるのはブレーキパッドが摩耗してい ...

4

待ちに待った新車の納車!早く乗りたくて、何日も前から待ちきれず、キーを受け取ってエンジンをかけようとしたら、オドメーターが見え、「100km」の数字。 新車なのにこんなに走っているって、変ですね。 オ ...

5

エンジンオイルは定期的に交換する必要があるもの。 オイルは劣化するだけでなく、エンジンオイルの量そのものが減るものだということをご存知でしょうか? 結論から言えば、正常なエンジンであっても燃焼するたび ...

6

鳥のフンによる糞害は車にとってイヤなもの。それがフンということもありますが、汚れとしても非常に目立ちます。 でも、ただ目立つ汚れぐらいに思っていませんか? 実は鳥のフンは塗装面に深刻なダメージを与える ...

7

ワイパーは雨の日の運転には「命綱」というべきアイテムです。ワイパーが動かないで前が見えなくなる事態は、考えるだけで怖いですね。 雨天時にはスイッチを入れるだけで前方の視界を確保してくれる安心感がありま ...

8

夏のドライブで車のエアコンが効かないと大変です。 最近は猛暑日が増加して、ガラス張りの車内は高温になり熱中症の危険があります。 また夏は毎年のように、車内に置き去りにされたこどもが亡くなる痛ましいニュ ...

-メンテナンス
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2022 All Rights Reserved.