洗車

車の雨染みが取れない!ゴシゴシ磨くのはNG?塗装に負担をかけない落とし方

車は雨の中でも走るので、雨に濡れてしまうのは当然のことですよね。

一見すると綺麗な雨粒でも目には見えない細かな微粒子汚れを含んでいることも。

そして本来なら車を綺麗にするための洗車が、逆に水垢を作る原因になることもあるんです。

水に濡れる事は避けられない、でも雨染みや水垢汚れは防げます。

雨染みや水垢の発生原因から予防するためのポイントも含めて解説します。

車の雨染みができる原因

そもそも雨は蒸発した水が粒となって降ってきたもの。つまり本来は不純物のない蒸留水のはずです。

ではなぜ雨が降ると汚れとなり、やがてはシミとなってしまうのでしょうか?

雨に含まれる物質が染みの原因になる

理科の実験で作るような蒸留水であれば、不純物は非常に少ないもの。

しかし空の上は水蒸気以外の細かい微粒子も多く舞い上がっています。

黄砂やPM2.5などが多く舞う時期になると、雨に含まれる不純物も無視できないようになり、雨が乾くことで汚れとして浮き出てくるのです。

洗車のやり方に問題がある

洗車のやり方がマズいと雨染みというより台所のシンクにも見られる水アカや水ジミができてしまいます。

水道水にはカルキやミネラル分などの不純物が多く含まれているからです。

また洗車に使うカーシャンプーも、洗い残しがあれば不純物となり水垢汚れの原因に。

濃色車の撥水コーティング施工

撥水系のコーティングを施すと、水は塗装面の上で広がらずに玉のようになります。

この水が不純物を含んだまま乾燥した場合、不純物は水の形通りの水玉模様を残してしまいます。

汚れが付着するとコーティング性能も発揮されなくなり、やがてコーティングのポリマーも侵食され傷ついていくことに。

コーティング後にメンテナンスをしていない

コーティングが上手く機能していれば、大抵の雨粒は綺麗に流れ落ちるわけですし、汚れも付着しにくいはず。

コーティング後のメンテナンスを怠っていると、コーティング面には細かな凹凸ができるようになり、その凹凸に水や汚れが引っ掛かるようになります。

ボディにできた雨染みの特徴は?

ボディにできた雨染みは、多くの場合は雨自体ではなく不純物が原因。

雨の時点では目に見えない不純物ですが、これが乾燥すると厄介なことになります。

濃い色の塗装は目立ちやすい

雨自体は無色透明ですが、乾燥することで筋汚れとなって不純物が塗装面に残ります。

雨による不規則な模様ということあり、濃い色の塗装では特に目立つようになります。

シャンプー洗車しても落ちにくい

不純物は非常に細かい粒子であるため、塗装の僅かな凹凸や亀裂に対しても入り込んでしまいます。

いくらカーシャンプーを使ってスポンジやクロスで磨いても、塗装に入り込んでしまった不純物を溶かすのは難しいのです。

雨染みはこすると傷つく恐れもある

塩水を乾燥させると硬い結晶ができあがります。

これと同じで不純物もまた乾燥に伴って硬い結晶となっており、安易にこすると研磨剤となって塗装面を傷つけてしまうことがあります。

コーティング車でもできる雨染みや水垢の種類

雨に含まれている不純物には様々な種類があり、それによって塗装面に与える影響も変わってきます。

雨染みや水垢と言われますが、実際にはその汚れ方などにも違いがあるのです。

放置すると同じ場所に汚れが蓄積する

コーティングの表面に汚れが付着してしまえば、コーティングの機能層の上に汚れによる層ができているということになります。

本来コーティングが持っている汚れを落とす機能は失われてしまうので、汚れの上に更に汚れが蓄積されるようになってきます。

イオンデポジット

イオンとは電解質という意味で、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分などもイオンと言えます。

デポジットは堆積や沈殿という意味。つまりイオンデボジットとは、水に含まれているミネラル分などが堆積し固着したものになります。

イオンデポジットの原因となるミネラル分は雨にはほとんど含まれていません。

多くの場合は水道水や地下水由来の物。これが塗装面の上で堆積した結果として白い跡になって見えるわけです。

ウォータースポット

ウォータースポットは塗装面にできた窪み、亀裂、変質などのことで、特に水が原因となって起こるものを指します。

イオンデポジットは時として塗装面に侵食します。

侵食後にイオンデポジットを除去しても、侵食された部分は亀裂として残ってしまい、イオンデポジット由来のウォータースポットができます。

また付着した水滴が酸性雨であった場合は水分が蒸発するにしたがって酸性度が高まり、その酸によって塗装面を侵食するというケースもあります。

それ以外にも水滴がレンズとなり太陽光をピンポイントに集中させて、その部分だけ紫外線による退色を起こすこともあります。

いずれにせよ塗装面に与えられているダメージとしては深刻で、完全に取り除くには研磨作業などが必要になってきます。

雨染みを自分で除去する方法

業者に雨染みの除去を依頼することもできますが、初期の段階であれば自分で除去することも可能。

専用ケア用品やメンテナンス用品も市販されているので、これらを使ってみるのも良いでしょう。

雨染みは洗浄剤を使おう

黄砂やPM2.5由来の粉塵系の汚れはカーシャンプーでも落とせる汚れなので、まずはカーシャンプーを使って洗車を行います。

カーシャンプーでは落ちないイオンデポジットの様なミネラル分由来の汚れに関しては、通常とは違う洗浄剤を使います。

シンクの水垢がお酢で落としやすいように、イオンデポジットでも専用の洗浄剤として酸性のものやミネラル分に作用する溶剤を使い、イオンデポジットを溶かすようにして除去するタイプが主流。

フロントガラスなどにできたウロコ状の物に関しては、コンパウンド使っての除去方法が多いようです。

しかし強い洗浄剤は時としてコーティング成分と相性が悪いことがあります。

専門店で施工してもらったのであれば、コーティング施工に際して付属するメンテナンス剤を使いましょう。

コーティング被膜と性能を維持するためのメンテナンス剤にはクリーナー効果もあり、コート剤に合わせた専用品なのでコーティング車でも安心して使えるはずです。

酷い雨染みには数回に分けて落とす

雨染みが幾重にも層となって折り重なっている場合、一度の洗浄剤では効果が発揮できないこともあります。

使っている洗浄剤は除去力が強いものです。長時間汚れに対して塗布し続けると、正常な塗装面にまで洗浄剤の影響が出てしまうことが考えられます。

洗浄剤の使い方を守りつつ、落とし難い物は複数回に分けて落としていきましょう。

業者に依頼したほうが良い場合って?

板金塗装を生業にするプロや専門店があるということは、それだけ専門の知識や道具が必要となるケースがあるということ。

雨染みに関してもそういったプロの手でないと解決できないケースもあります。

洗浄でも落ちない雨染み

市販されている洗浄剤を使っても落ちない雨染みの多くは、長時間放置されたことによって均一な塗装面でなくなっていることが原因。

汚れに侵食されて凸凹になっている場合もあれば、汚れによって太陽光を遮っていたことで他の部分との退色に差ができてしまう場合もあります。

このような場合では汚れそのものは除去できても、何かしらの跡が残ってしまいます。

研磨しないと取れない

跡が残るような雨染みとなっている場合は研磨するしかありません。

研磨することでダメージを受けている層を除去し、下地処理からやり直すわけです。

業者の雨染みを除去してもらう場合の注意点

車の塗装に関する事であれば板金塗装の業者の方に任せるのも一つ。

プロの判断を仰ぐのは自然なことですからね。

しかしプロの仕事は確かなものである分、金銭面などでの負担も大きくなります。

塗装が必要な場合は高額になる

小さな雨染みでも均一な塗装面に仕上げ直すためには広範囲の研磨が必要です。

塗装面はいくつかの層に分かれており、その層の厚み以上に研磨する場合は、再塗装が必要となってきます。

塗装面への侵食が深いほど研磨する範囲は広がり、塗装にかかる費用も高額になっていきます。

年式が古いなら使用年数を考慮

実際の研磨や塗装の工程に入る前には作業内容や施工方法の見積もりが提示されるはずです。

見積もりで提示された作業工賃を支払い、その後どれぐらいその車を使用するでしょうか?

もちろん長く乗り続ける分だけ、その作業工賃を支払う意味は大きくなります。

ある程度の塗装へのダメージは経年劣化だという意識で妥協することも必要です。

コーティングの再施工が必要になる場合も

コーティングを施している場合は、雨染み除去と同時にコーティングの再施工も考えなければなりません。

雨染みの侵食が比較的浅い場合は除去後にコーティング剤をそのまま重ねることで対処できます。

コーティングへの侵食が深い場合は、コーティングそのものを研磨して取り除くことになるので、研磨をした場合はコーティング施工をやり直す必要があります。

車の雨染みを防止する方法は?

雨の中を走行する以上はある程度汚れるのは仕方がないことかもしれません。

ですが頑固な雨染みになってしまうまでには時間がかかりますし、雨染みになる原因も予防策もあります。

雨上がりには早めの洗車

雨は空気中の微粒子をもたらしますが、逆にたっぷりと雨を浴びた状態というのは汚れが落ちやすいタイミングでもあります。

雨上がりを見計らって洗車を行うと、水分を含んだ汚れは普段よりも楽に落とすことができます。

洗車後の水分をしっかり拭き取る

洗車では一般的に水道水を使っていますよね。

水道水にはカルキやミネラル分などの不純物が含まれていますので、乾燥する前に拭き取らないと水垢汚れとなってしまいます。

直射日光が当たらない場所で洗車する

直射日光を浴びた車体は熱を持つので、水滴も早く乾燥してしまいます。

水道水の不純物だけでなくカーシャンプーも乾きやすくなるので、洗車や拭き取りは短時間で行う必要があります。

親水タイプのコーティングを施工する

撥水系コーティングは水を粒にして弾くタイプのコーティング。

水を弾く様子からもコーティング効果として認識しやすいため人気があります。

しかし走行風などがある場合には水切れも良く効果が発揮されますが、停車中には水滴が留まり水玉模様の汚れになってしまいますし、レンズ効果による退色も引き起こしやすいです。

ガラスコーティングなどの親水タイプのコーティングは水分は粒として残りません。

汚れも水と共に満遍なく広げられるので、分厚い層にもならず汚れを落としやすいので、雨染み防止効果の高いコーティングと言えます。

現在は洗車機でもガラス系コーティングを行うことができるようになっています。

カバーや屋根付きの駐車場で雨を当てない

雨染みを防ぐ一番の方法は出来る限り雨風に晒さないことです。

そういった意味でカバーや屋根付きの駐車場というのは効果があります。

ただし雨の日に走行して濡れてしまえばカバーや屋根も意味がなくなってしまうので、コーティングと併用するとより効果的です。

まとめ

車にとって水に濡れるというのは当たり前のことです。

その過程である程度の雨染みが出来上がるのも当然のことと言えますが、黄砂やPM2.5などが舞っていなければ雨はむしろ綺麗な水と言えます。

空から降ってくる雨以上に気を付けるべきなのは洗車で使う水道水の方であり、洗車の際には拭き残しがないように気を付けましょう。

親水コーティングは水の切れも良くなり、ボディ表面に汚れや不純物を残しにくいコーティング。

多くの時間を雨風に晒されるような環境で車を使用しているのであれば、親水系のコーティングを使うとメンテナンスも楽になります。

人気記事

編集部おすすめ

1

LINEほけんに「半日からの自動車保険」が加わったことをご存知ですか? 「半日からの自動車保険」は、最短12時間から契約できる短期間の自動車保険。 LINEアプリから簡単に契約できることで注目を集めて ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-洗車

Copyright© [ブーマル] , 2020 All Rights Reserved.