洗車

下回り洗浄って必要?神経質になる必要ない?プロは闇雲に高圧かけない洗浄のすべて

投稿日:

車のボディの汚れや傷。気になりますよね?

そんな時には自動洗車機にて洗車やコーティングをするかと思うのですが…では、下回りの洗浄を行ったことはありますか?

車の下回りもボディと同じく多くの場合は鉄でできています。下回りの洗浄を怠ると、錆が発生してしまうこともあり、それが原因で大きな事故につながることも。

そうならないための下回り洗浄と錆を止める錆止め塗装について解説します。

車の下回り洗浄しないとマズイ?

まず第一に車は簡単に腐食したりしないように対策されています。

下回りも分厚い塗装に守られているので、通常であれ問題が発生することはありません。

ですが、その分厚い塗装があっても下回りが腐食するというケースも珍しくないのです。

下回り洗浄の必要性は、その車の使用環境によるところが大きいといえます。

錆が発生するリスクがある

分厚い塗装で守られているにもかかわらず、なぜ錆が発生するのか?まず第一に考えられるのは海の近くでの使用による塩害です。

また悪路を走る際に塗装面を直接こすったり、飛び石が当たったりすることによって塗装が剥げることも。

この塗装面の剥げた部分からはより錆が進行しやすくなります。

放置すると事故につながる可能性も

下回りの中でも特に分厚い塗装で守られているのは、メンバーやサスペンションなどの足回りの部分。

この部分は常に振動や車の荷重がかかる部分であり、特に頑丈に作られ強度が求められる部分です。

この部分に錆が発生すると当然強度が下がりますし、頑丈に作っている分壊れるときのエネルギーというのは非常に大きいものとなり、大きな事故につながるというのは容易に想像できます。

下回り洗浄は車検の際にやるべき?

下回り洗浄をやる必要があるかは、実際に目視にて下回りを観察するのが一番。

その点では車検のタイミングというのは下回りの点検が行われる機会としては適しているといえます。

ただし車検はあくまでも保安基準に適した車両であるかの点検であり、下回り洗浄の必要性を判断する点検項目というのはありません。

塩や泥が付着していても、走行に支障がないと判断されればパスしてしまうので、車検OK=下回り洗浄の必要はないと判断するのは間違い。

実際にはその車検に際して行われる整備を担当する整備士からのアドバイスを参考にし、その車を使用するユーザーの判断によって下回り洗浄をすることになります。

下回り洗浄の具体的な方法

下回り洗浄には特殊な洗浄剤などは不要で、使うのは一般的な水道水。

大量の水を用いて、塗装面の付着物を洗い流すというのが下回り洗浄になります。

下回りの洗いにくさという点さえクリアすれば、自宅のガレージにおいても下回り洗浄をすることは可能です。

ガソリンスタンドやコイン洗車場の洗車機

車を洗うといえばやはり洗車機。近年では通常のボディだけではなく、下回りやホイール回りの洗浄を行う事が出来る洗車機も増えてきました。

洗車機で下部洗浄だけってできる?

まず通常の洗車機では下部洗浄はできません。車機は主に上下左右からブラシを用いてボディを磨く構造であり、その水の噴霧も下部に向けたものではないのです。

下部洗浄ができる洗車機の特徴としては、床面にグレーチング蓋がされており、その下に水を噴霧するためのバルブが装備されています。

下部洗浄が可能な洗車機であっても、お店側のサービスとして下部洗浄のみという設定をしていない場合もあります。

この場合は他の洗車コースと同時に行われる形で下部洗浄が行われることになります。

洗車機のオプションで下部洗浄やホイール洗浄もできる

洗車機で下部洗浄が可能な機種で、洗浄コースとして下部洗浄やホイール洗浄のコースが選択できるオプションが用意されていれば可能です。

洗車機の洗浄コースに関しては、設置している店舗によって設定が異なりますので、事前に好みのコースが選べることを確認すると良いでしょう。

ディーラーや専門店に依頼する

ディーラーなどでは下回り洗浄を「高圧スチーム洗車」の一環で行っているケースもあります。

高圧スチームは高圧洗浄機にボイラーを追加し水を蒸気化して吹き付けるもので、家庭用のスチームクリーナーと同様に汚れを浮かせて除去するというものです。

作業員が必要な個所を集中的に洗浄し洗浄効果も高いですが、屋内での作業では水が飛散しない用に専用のカーテンを設置する必要があるなど設備が必要なります。

そのためサービスがある店舗であっても、待ち時間や工賃などの設定が高いこともあります。

高圧洗浄機でDIYする

高圧洗浄機は家庭用製品のものでも可能です。

セルフ洗車場の業務用高圧洗浄機でなくとも、家庭向けの洗車で使えるケルヒャーなどの家庭用高圧洗浄機であれば、自身で下回り洗浄するという方法もあります。

作業スペースを確保するためにジャッキアップした状態で行うことになりますが、自動車の落下事故などを考えて離れた位置から水を噴霧しましょう。

高い水圧で洗うのではなく、大量の水を吹きかけることを意識します。

また下回り洗浄に特化した物としてケルヒャーでは下回り洗浄向けのアタッチメントもあり、このアタッチメントを使えばリフトアップせずとも下回り洗浄をすることが可能になります。

アタッチメントを使うのではあれば高圧ホースではなく、通常の水道ホースにつなぐ製品もあり、ジャッキアップ不要で下回り洗浄をすることができます。

下回り洗浄をDIYするときの注意点

ディーラーや専門店で行われる下回り洗浄の場合、作業員は洗浄すべき場所というのを熟知しています。

車というのは雨の日でも走るものですから、ある程度は水にぬれることは想定していますが、積極的に水をかけてはいけない場所もあるのです。

電気関係のパーツに水を当てない

電気関係のパーツにとって水は大敵です。下回り洗浄において、最も水をかけやすい場所として考えられるのがABSの車輪測センサー。

タイヤの回転数を測っているセンサーなのでタイヤの傍にあり、ある程度は水で濡れることを想定しているものですが、高圧で水を吹き付けるのはよろしくありません。

またメンバーの隙間を通ってエンジンルーム側に入りますと、バッテリー、スターターモーター、オルタネーターなど、あらゆる電装品が存在します。

EV・PHEVの充電中はNG

EVやPHEVでは電気系パーツが特に多いのですが、下回り洗浄を行うこと自体は問題にはなりません。

問題になるのは充電中に洗車行為を行うことです。

充電ポートというのは普段は水を遮断するためにカバーによって遮断されていますが、充電のためにケーブルを接続した状態では水に対して無防備の状態となります。

この状態で水がかかってしまうことでショートを起こし、漏電や車両火災などにつながります。

下回り・シャーシの錆びを予防する方法は?

下回り洗浄を行う理由は、錆による腐食を防ぐためです。

しかし、既に塗装が剥げてしまったりした場合は下回り洗浄だけでは不十分。もっと別の方法で錆を止める方法を考える必要があります。

塩害とは?錆止めって必須なの?

塩害というと海に近い地域における潮風によるものがあります。しかし、車の場合はこれ以外の要素で塩が付着することがあります。

例えば降雪地において使用される融雪剤。融雪剤の主成分は塩化カルシウムという塩の一種で、降った雪を解かすために海水よりも高い濃度で使用されます。

また未舗装路における土や泥に含まれるミネラル分も錆を引き起こします。

本来は分厚い塗装で守られているので、この塗装が健在である限りさほど気にする必要はないといえます。

しかし、ネジなどの部分は錆が浸透しやすいですし、何かの拍子に塗装面を傷つけて塗装を剥がしてしまうことも。

また中古車の場合はどのような使用環境であったのかが不明であることが多く、そのような場合は下回り洗浄と塗装を同時に行うのがオススメです。

DIYで「サビ止めスプレー」ってどうなの?

カーショップでも、防サビ加工を行うためのサビ止めスプレーが販売されています。

しかしDIYとして自宅のガレージで下回りの塗装やスプレーをするというのは作業性を考えるとあまりオススメできません。

スプレーをするにはそれなりに作業スペースを確保する必要があり、一般家庭のジャッキアップで確保できるスペースでは作業がやりにくいです。

スプレー缶自体も業務用と比べて容量が少なく割高で、更にマスキングも行わなければなりません。

そのうえで厚塗りをするためには、2~3回に分けてスプレーする必要があるので、効率的に塗装するには車体の下を何度も往復する必要がでてきます。

また塗装を行う前には下回り洗浄をして塗装面の付着物を除去しておく必要もあります。

整備工場であればエアーコンプレッサーの圧縮空気を用いて素早く乾かすことができますが、この作業もDIYでは難しいと言える要因のひとつです。

下回り塗装でコーティング(アンダーコート)

下回りを塗装する塗料がアンダーコート。店舗によっては「シャシーブラック」「パスタ塗装」などの名称で施工しているところもありますが、これは使っている塗料の性質が異なっているためで、防サビ加工を主目的としているという事は一緒です。

施工に関しては業者によって異なります。作業スペースの空き具合による施工時間、使用する塗料に伴う工賃など様々です。

また既に錆が出ている場合は、その錆を落として錆の進行を止めるための作業もあります。

まとめ

表から見えるボディの傷や錆というのは目立つものですが、下回りの傷や錆はなかなか目が行き届かないもので、更にそのメンテナンスともなると手が出ないかもしれません。

しかし、下回りの傷はやがて錆となり、最終的には大きな部品の損傷や事故にもつがることも考えられるのです。

なかなか点検をすることができない場所ですが、せめて車検の時ぐらいは確認をしておきたいものです。

また傷や錆が出来ていたら状況が悪化する前に早めの処置をしましょう。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-洗車

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.