メンテナンス

【エンジンオイル交換の目安】サボると大損!?適切なタイミングを解説

更新日:

エンジンオイルは大切で、定期的な交換が必要とはわかっていても、実際にエンジンオイルの果たす役割と、定期的に交換が必要な理由は、ほんとうのところよくわからない人、多いかもしれません。

エンジンオイルは、過酷なエンジンを守る役割を果たしています。エンジンオイルをきちんと交換しないと、エンジンにとって最悪のオーバーヒートが発生し、エンジン交換で大損害に陥ります。

エンジンオイルを深く知ると、「縁の下の力持ち」の存在であることがよくわかり、車を大事にしようという気持ちが生まれます。この機会におさらいしましょう。

エンジンオイルが果たす役割

エンジンは、高温高熱の過酷な条件で動作し、金属部分の摩擦も常に起きています。

エンジンオイルは、エンジンを守るためにたくさんの役割を持っています。

  1. 金属部分の摩擦と、接触が起きる箇所の摩耗を防ぐ潤滑作用
  2. 燃焼で生じる水分や、有毒ガスによるサビや腐食からからエンジンを守る防腐作用
  3. エンジンの内部をキレイに保つ清浄作用
  4. エンジン内部の熱を吸収する冷却作用

ほかに、シリンダーやピストンリングのすき間を密封して、圧力が逃げて出力が低下するのを防ぎ、エンジンにハイパフォーマンスを発揮させる作用があります。

エンジンオイル交換のタイミング

これまでおさらいしたように、エンジンオイルの役割は車にとって大切なので、常にきれいに保ち、ある程度の時期がきたら定期的に交換する必要があります。

エンジンオイルの交換時期は、半年から1年、または走行距離1万キロから1万5千キロといわれています。

エンジンオイルには、先の清浄という役目がありますが、車を走らせるたびにオイルは劣化します。

渋滞が多い日本の交通状況や、少しの短距離でも車が必要な車社会では、オイルの劣化は意外と早いので、新車の時期の粘度を保つには、できれば半年ごとに交換したいところです。

さらにエンジンオイルの交換の2回に1回くらいはオイルエレメントも交換するとベターです。

車が出すサインを見逃さない

期間や距離が、オイル交換の適切なタイミングですが、中には期間も距離も気にしないズボラな人もいるでしょう。

筆者もズボラな方で、ちゃんと走るうちは平気だろうと考えるタイプですが、車が出す「サイン」を、交換の目安としています。

今まで滑らかだったエンジンの回転が、何となくザラザラし始めたら、オイルを交換します。

エンジンがザラザラするのを放っておくと、燃費がどんどん悪化します。

オイルを交換してもらうときに確認すると、間違いなくオイルの質が悪くなっています。

よいエンジンオイルの状態をチェックしよう

エンジンオイルには、実はいろいろ種類があるので、初めての人はどのオイルがよいか迷うと思います。よいオイルはどういう状態かを、チェックすることから始めましょう。

よいエンジンオイルは、オイルの粘りが適当であり、粘度の変化が少ないことです。

エンジンオイルから粘り気が失われると、油膜が切れて、金属部分の接触が起きやすくなります。

粘り気が高いと、粘性の抵抗が大きく、始動時にトラブルが起きやすくなります。

オイルの粘度は温度による変化が大きく、粘度指数という数値で判断するのが基本ですが、車の取扱説明書に、その車に適したエンジンオイルの粘度が書いてあるので、それを守っていれば大丈夫です。

おすすめのエンジンオイル

エンジンオイルにこだわりを持つ人もいるでしょう。

エンジンオイルはベースオイルという、ベースになっている油の種類によって、走り方に合ったおすすめのオイルの選び方があります。

また、寒冷地やハイブリッド車など、燃費のよい車は粘度が低いエンジンオイル、気温の高い九州南部や沖縄は、粘度の高いオイルがおすすめです。

鉱物油ベース

価格が安いです。劣化しやすい欠点がありますが、普通に市街地を走るなら問題ありません。価格重視の人におすすめです。

化学合成油ベース

高性能で値段は高いですが、サーキットを走る機会がある、車の性能を重視する人におすすめです。

部分合成油ベース

鉱物油に化学合成油を混ぜたオイルで、基本性能は十分、高価ではありませんが、耐熱性で不安があります。長距離や高速に乗る機会が多い、ややハードな走り方におすすめです。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

エンジンオイルを交換しないと、エンジン内部に燃焼時に発生した汚れがたまり、エンジンの持つ性能が発揮できなくなります。

また、金属部分の摩擦による傷で、少しずつエンジンにダメージが生じ、焼き付きなどオーバーヒートを引き起こします。

筆者は、実は2年くらい交換しなかったことがあります。特に異常はありませんでしたが、エンジンオイルの性能が上がっても、エンジン内部に汚れがたまるのは、どんなに高価なエンジンオイルでも防ぐことはできません。放っておくとエンジンにダメージが生じてしまいます。

オイルエレメントも交換必要!


オイルエレメントの交換時期は?エンジンと家計を守るベストタイミング

エンジンオイルを交換することの大切さは、理解している人は多いでしょう。 ところで、エンジンオイル交換するときに、「エレメントも交換した方がいいですよ」と言われるままに、何となく交換した人も多いと思いま ...

まとめ

かなり前のモービル石油の、「マイナス45度の世界では、バナナで釘が打てます」というCMで、粘り気を失って半分凍ったオイルが流れるシーンがありました。

エンジンオイルは、適度な粘り気が重要だとわかるCMでした。

オイルの選び方を知る一方で、エンジンオイルは走らなくても汚れるので、エンジンを長生きさせるには、安いオイルでもよいからこまめに交換しましょう。

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-メンテナンス
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.