バッテリー

車のエンジンがかからないのはバッテリー?原因とトラブル防止の簡単ポイント

更新日:

車を運転しようとキーを差し込んでも、エンジンがかりません。

何度もキーを回しますが、ギクシャクした音がして、エンジンがかかりそうだと思っても、それ以上反応がありません。

「エンジンがかからない!」通勤で車を運転するときや、大切な用事がある日にエンジンがかからないと、途方に暮れてしまいますね。

長い間車を運転していると、何回か起こるトラブルです。

エンジンがかからない多くの原因と、トラブルを避けるにはどうしたらよいか、ふだんからできる心がけを学びましょう。

バッテリーの不具合が圧倒的に多い!

エンジンがかからない、よくある原因はバッテリーの不具合です。

ルームランプやスモールランプのつけっぱなしで発生することが多いですが、筆者はハザードランプのつけっぱなしで、バッテリー上がりを起こしました。

キーを差し込んで少し回すと、普通ならインパネの警告灯が点灯しますが、点灯しても暗いか、またはさっぱり点灯しないときは、バッテリーが寿命を迎えていると考えられます。

▼バッテーリーの寿命を判断する方法を解説しているので参考にしてください。

セルモーターの回転がギクシャクするときも同様です。

ブースターケーブルを使うか、持っていなければ他のドライバーからブースターケーブルをつないでもらって、エンジンを始動します。

難しい話はさておき、室内灯などのつけっぱなしはトラブルの原因なので、バッテリーの交換時期は5年くらい、あまり乗らない車なら3年が交換時期の目安です。

バッテリーは大丈夫なのに…

バッテリーは大丈夫で、ヘッドライトもつくのにエンジンがかからないときは、セルモーターのトラブルが原因かもしれません。

エンジンをかけたり止めたりすることが、原因として考えられます。

筆者は、赤信号で止まるたびにエンジンを止めていました。燃費はよくなりましたが、数か月後にエンジンがかからなくなりました。

キーを回したときに、「カチッ」と音が出るか確認してみましょう。

セルモーターを回すときに、マグネットスイッチが動作する音ですが、音がしないときは配線が外れているか、マグネットスイッチ自体が故障していることが疑われます。

カチッと音が出るのにセルモーターが回らないときは、マグネットスイッチまたはセルモーター本体の故障が原因と思われます。

セルモーターが大丈夫でもエンジンがかからないとき

セルモーターが回転するのに、エンジンがかからないときは、点火系に異常が起きているか、エンジンのスパークプラグがガソリンで濡れたために、火花が飛ばずエンジンがかからないか、すすがたまって火花が出ないことが原因の可能性があります。

このケースはエンジンがかかりにくいだけなので、それほど深刻なトラブルではありません。一度エンジンがかかれば、次もかかる可能性は高いですが、万一エンジンがかからなければ、プラグをきちんと清掃してみましょう。

さっきまで動いていたのに、急にエンジンがかからない!

ついさっきまで快調に走っていたのに、エンジンを止めてもう一度エンジンをかけようとしたら、エンジンがかかりません。それどころか、キーを回しても音すらしません。

トラブルか!と慌てますが、AT車に乗っているときにありがちです。

シフトレバーをDレンジに入れたままエンジンを切ると、エンジンをかけようとしてもかからないので、AT車ではシフトレバーの位置を確認しましょう。

車種によっては、ブレーキを踏まないとエンジンがかからない車もあります。

スターターを使うと、エンジンがかからない!

寒いところで、エンジンスターターでエンジンを始動してから、10分くらい経ってキーをさしてDレンジに入れると、エンジンが止まる実例がありました。

スターターを使用しないときは、エンジントラブルはないので、このケースはスターターから誤った信号が出ている原因の可能性があります。

スターターを取り換える必要があるか、点検してもらいましょう。

ほかに大事なこと

最近は、エンジンの点火プラグは高性能で、交換時期を過ぎていない限りかかりにくいトラブルはありません。万一エンジントラブルのときは、燃料系統などエンジンの総合的な点検をしてもらいましょう。

点火プラグを交換するときは、高性能なプラグで1本1800円くらい、通常のプラグで800円くらいです。

プラグの交換までいかなくても、エアフィルターの交換も大事です。

エンジンの点火や燃費への影響など、トラブルの原因となるので、ガソリンスタンドで、エアーブラシでほこりを吹き飛ばしてもらいましょう。

自動車ディーラーは、部品の交換は得意ですが、修理は苦手な傾向があるので、カーショップや修理工場でも頼むことができます。

まとめ

車を分解するほど詳しい方ならともかく、だいたいの人は、エンジンがかからないときはお手上げです。

多くの原因は、法定点検を受けていれば避けられるほか、教習所で習った運行前点検をふだんから心がければ、車の調子を把握できます。

また、トラブルに備えてロードサービスに加入することもおすすめします。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-バッテリー
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.