バッテリー

車のバッテリー上がりは自然回復しない!?簡単にエンジンをかける復活方法

更新日:

車のバッテリーが上がって、車が向かい合ってケーブルをつないでいるのを、見たことありませんか?

長く車を運転していると、バッテリーが上がる経験を何回かするものです。

バッテリーが上がる事態は、短い時間で復活することができます。

バッテリー上がりは、単なる不注意から複雑な原因までいろいろありますが、バッテリーが上がりやすい季節や、適切な交換の時期を知れば、悲劇を防ぐことができます。

そして、意外な原因もあるのです。道の真ん中で頭を抱えないよう、おさらいしましょう。


車のバッテリーが上がるまでの時間ってどのくらい?

どれくらい時間が経つとバッテリー上がりが起きるのか、とても気になりませんか?

バッテリーの寿命にもよりますが、ヘッドライトをつけっぱなしでエンジンを止めると、一晩から12時間経つとバッテリー上がりが起きます。

スモールランプをつけっぱなしの場合、3日くらいは大丈夫です。

ハザードランプは、15時間つけっぱなしで大丈夫だったという人もいますが、冬に筆者がバッテリー上がりを起こした件は、寿命が近いバッテリーで、1時間くらいで上がってしまいました。

バッテリーが上がる原因って?

バッテリー上がりは、バッテリーの寿命による劣化や、車を走らせる頻度があまりにも少ないと起きます。

でも実は、うっかりミスなどの不注意で起きるケースもかなりあります。

バッテリー上がりの原因

バッテリー本来の性能を発揮できない季節要因もあるので、詳しく解説していきます。

ライトやルームランプの消し忘れ

エンジンが動いているときは、オルタネーターと呼ばれる発電機の電力をバッテリーに充電します。

うっかりヘッドライトやルームランプを消さずにエンジンを止めると、充電が行われないまま電力を使い、最後は電力が失われてバッテリーが上がります。

車に乗る頻度が少ない

車に乗る頻度が少ないと、オルタネーターが発電する電力の充電が充分行われません。

また、カーナビの時計などを動かすために、エンジンが止まっていても電気を使うので、自然放電が進みます。

車に乗る頻度が少ない人は注意してください!

バッテリーの寿命が近づいている

寿命が近いバッテリーは、充電する能力が信じられないほど低下するので、バッテリー上がりが起きやすくなります。

冬はバッテリー上がりが多い季節

「バッテリーが上がった!」というトラブルが多い季節は、冬です。

寒さで電気を放電しにくくなることと、バッテリーの電解液の容量が減少して電力の供給が減り、暖かい季節以上に大きな電力が必要になり、バッテリーが上がりやすくなります。

筆者が、ハザードランプをつけっぱなしにしてバッテリーが上がり、JAFに来てもらったのも冬でした。

冬だけでなく真夏に渋滞した道で、消費電力が大きいカーオーディオやカーエアコンを使いすぎることも、バッテリーに負担をかけてしまいます。

【緊急】車のバッテリー上がり5つの対処法

万一バッテリー上がりが起きたとき、自分で対処できる人、自分では何もできない人、それぞれでしょう。

交通の危険の場合

以下に緊急時の対処法をピックアップしているので参考にしてください。

小型ジャンプスターターでつなぐ

ブースターケーブルでバッテリー上がりから復活するには、助けてくれる人と車がないことには、どうしようもありません。

そこで、リチウムイオンバッテリーを使った、小型軽量のジャンプスターターを使う方法があります。

値段も、アマゾンなどで4,000円弱から品ぞろえがあります。

便利なアイテムですが、大きな電流が流れ、発火する危険性もあるので取り扱いには注意が必要です。

ブースターケーブルでつなぐ

バッテリー上がりは、本来はこの方法が一番確実です。

自分でやったことがない人でも、とりあえず車にブースターケーブルを備えつけてあれば大丈夫です。

隣近所で付き合いのある人に声をかけるか、万が一出先でバッテリー上がりが起きたら、「バッテリーが上がった!」と助けを求めましょう。

車に詳しくない人も、ぜひトランクの中を確認してみてください。

JAFを呼ぶ

JAFの会員なら、JAFに救援を依頼するのが確実です。#(シャープ)8139に電話して、救援を依頼します。

到着まで30~60分くらい時間がかかるので、早く来てもらうために、自分が車を停めている周辺のマンション名や信号機の地名など、具体的な目標物を伝えましょう。

注意が必要なのは、JAF会員証を提示するか、車にJAFのステッカーを貼っていないとロードサービスが受けれないことがあることです。

会員証やステッカーは、なくさないようにしましょう。

加入している自動車保険のロードサービスを使う

バッテリー上がりのとき、JAF会員でなければ、加入している自動車保険のロードサービスを利用しましょう。

JAF会員の場合は、レンタカーや車検の代車など、自分の車以外のバッテリー上がりにも対応してくれますが、自分の車しか乗らない人は自動車保険のロードサービスで充分です。

ただし、バッテリー上がりの現場へ到着するまでの時間はJAFとほぼ同じなので、目標を具体的に伝えましょう。

自動車ディーラーやガソリンスタンドに頼む

ディーラーやスタンドも、バッテリー上がりには頼りになります。

実際に、出先でバッテリーが上がった時は、ディーラーに駆けつけてもらいましたし、自宅でやってしまった時は、近所のガソリンスタンドに来てもらいました。

近所の自動車ディーラーやガソリンスタンドも、普段からマークしておくとよいですよ。

すぐできる!上がったバッテリーを短時間で復活させる対処法

ジャンピングスタートという方法で、ブースターケーブルを使用して、バッテリーに充電してエンジンを始動する方法です。

5分もあれば、バッテリーが復活してエンジンがかかります。

誰でもできる方法ですが、自信がなくてためらう人も多いと思いますが、方法と手順は知っておいて損はありません。

ジャンピングスタートの手順

  1. サイドブレーキを引き、ギアをPレンジに入れる
  2. バッテリーが上がった車のプラス端子につなぎ、エンジンがかかる車のプラス端子につなぐ
  3. 同じ手順でマイナス端子をつなぐ
  4. 救援車のアクセルを踏み回転を上げ、バッテリーが上がった車のエンジンをかけ回転も上げる
  5. エンジンがかかったら、しばらくかけたままにする

端子は、何かの拍子に外れてショートしないよう、がっちりつなぎましょう。

バッテリーが上がった車が復活してエンジンが動いても、すぐエンジンを止めてはいけません。

筆者が冬にJAFに来てもらったときも、1時間はエンジンを止めないでくださいと注意されました。

バッテリーの適切な交換時期

バッテリーが劣化すれば、ジャンピングスタートでも回復しないので、バッテリー交換が必要です。バッテリーは、だいたい2〜3年で交換しましょう。

5年くらいで交換すればよいという人もいれば、16年間交換しなかったという人もいますが、出先でエンジンがかからなくなったら大変ですし、オルタネーターと呼ばれる発電機に負担がかかり、発電とバッテリーへの充電が行われなくなります。

オルタネーターの交換は、バッテリーよりも高くついてしまいます。

バッテリー交換の目安は?


車のバッテリー寿命判断は?交換の覚悟がいる代表的な5つの劣化症状

バッテリーは消耗品なので定期的に交換が必要ですが、いきなりのトラブルは困るし、交換方法がわからない人も多いでしょう。バッテリーの寿命があらかじめわかればいいのに…

まとめ

「バッテリーが上がった!」と嘆く原因の多くは、室内灯などのつけっぱなしで起こります。

バッテリーが劣化していると、ジャンピングスタートでも回復しないので、2~3年を目安にバッテリーを交換しましょう。

バッテリーを交換したのにエンジンがかからない…実はガス欠だったという意外な原因もあります。落ち着いて対応しましょう。

【裏ワザ】保険見直しで半額になる!?

自動車保険の保険料は、保険会社によって大幅に違いがでるって知ってました?

これは保険会社によって特色や補償内容が違うからなんです。
加入者が求めるサービスや補償によって保険料にかなり差がでます。

実際に長年付き合いのある代理店で継続契約していた保険料が、自動車保険の一括見積もりサービスを利用して「ソニー損保」に変更して5万円以上安くなりました!

一括見積もりサービスは、ネットで申込みするとメールで各社から見積もりがすぐに届きます。

さらに補償内容や保険料金が記載されたハガキが届くので、じっくり検討できます。

自動車保険の保険料を安くするコツは同じ条件で保険料を比較することなんですが、個別に問い合わせをして資料請求するのは面倒です。

スクエアバンの無料一括見積もり」なら大手のダイレクト型(通販型)と代理店型の保険会社、どちらもほぼすべて提携しているので、比較してカンタンに最安値の保険会社を見つけることができます。

保険会社からの煩わしい営業電話もありません。

\一括見積もりで今すぐ保険料を比較する/

今すぐ見積もりする

※加入中の方は保険証券、未加入の方は車検証があるとスムーズです。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-バッテリー
-,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.