バッテリー

車のバッテリー寿命判断は?交換の覚悟がいる代表的な5つの劣化症状

更新日:


朝、車を出そうとしたら「セルモーターが回らない!どうしよう・・・」

こんなときは、バッテリーが劣化しているか、バッテリーの寿命がきています。

バッテリーは消耗品なので定期的に交換が必要ですが、いきなりのトラブルは困るし、交換方法がわからない人も多いでしょう。

車のバッテリー寿命があらかじめわかればいいのに…と思いますね。

ところが、バッテリーの寿命は車の使用状況によって違いがあり、いつ寿命が訪れるのか全くわかりません。

でも、バッテリーの寿命を伸ばすことはできます。

バッテリーが上がる原因と、バッテリーの寿命を伸ばすちょっとした秘訣をお教えします。


バッテリーの寿命は何年くらい?

バッテリーの寿命は使用期間2~3年といわれていますが、車の使用状況も関係します。

通勤に車を使うと適度に充電されるので、4年くらい持つこともあります。

走らせ方によっては、7年も持ったという人もいますが、週末しか車に乗らない人は、間違いなく7年の間に2回は交換が必要です。

毎日乗っている人でも、突然寿命がくることがあるので、バッテリーの寿命は本当にわからないのです。

一方、ハイブリッドカーのバッテリーは、車を走行させるモーターを回すバッテリーと、エアコンや電装品を動かすためのバッテリーに分かれています。

モーターを回すためのバッテリーは20万キロくらい使えますが、ハイブリッド車のエアコンを動かすほうのバッテリーは、普通の車と同じくらいのペースで交換が必要です。

あわせて読みたい

車のバッテリー電圧が低下って寿命!?

車のバッテリー電圧が低下って寿命!?

車のバッテリーが寿命かどうか判断するには、正常なときと寿命を迎えたときの電圧の違いを知っておきましょう。

車のバッテリー寿命判断

走行が少ないバッテリーは短命になる

バッテリーは、走行中にオルタネーターという発電機から電力を充電します。

車の走行距離が少ないと、オルタネーターから充電が充分に行われないので、充電状態が悪くなります。

エンジンが止まっている間に自然放電も起こり、電力の消費ばかり大きく、バッテリー液の比重も減るのですぐ寿命がきてしまいます。

正常なバッテリー電圧は12.5~13V未満

正常なバッテリーの電圧の値は12.5〜13V弱くらいです。

エンジンの始動電圧は14Vで、エンジンの始動に特に大きな電圧がかかります。

電圧が12Vを下回るとかなり劣化が進み、11Vまで落ちるとエンジンがなかなかかからないので、バッテリーの寿命と判断できます。

バッテリーの電圧をチェックするには?

給油のときにガソリンスタンドで測ってもらって、バッテリー交換をすすめられた人も多いでしょう。

バッテリーの電圧などの点検は、専用のテスターで測定します。

近くの修理専門店やガソリンスタンドで行えるので、エンジン始動時や運転中にいつもと違う感覚があった場合にはチェックしてもらいましょう。

バッテリーが寿命になると復活できない?

バッテリーは、鉛化合物の極板と希硫酸の化学反応で電気をやり取りしています。

高濃度の硫酸はバッテリーには使用できないので、薄めた硫酸が使われます。

バッテリーが劣化して化学反応がなくなると、結晶が発生して電気を通さなくなるので復活することはありません。

こんな症状がでているとバッテリーの寿命が判断できる!

エンジン始動は、バッテリーが一番電力を消費します。

エンジンの始動がいつもと違うと感じたときや、キーを回してエンジンがかかるのが遅いときは、バッテリーの寿命が来ています。

ほかにも、バッテリーの寿命が疑われるのはこんなときです。

  • セルモーターに勢いがない
  • ライトの明るさがエンジンの回転によってバラつきがある
  • クラクションの音が弱い
  • パワーウインドウの開閉が遅い
  • バッテリー液が濁っている

劣化したバッテリーは充電する力が落ちる

ある一定量の電気を、1秒間バッテリーに充電したと仮定します。

新品のバッテリーに比べて、使用年数が長いために劣化したバッテリーは約40パーセントの電気しか充電できず、常に充電不足になります。

バッテリーの充電効率は気温でも変化します。

バッテリーが十分な性能を発揮するには、気温20℃前後が適温とされますが、20℃以外の気温では、20〜30パーセント程度効率が悪くなります。

特に冬はバッテリーに過酷な季節で、バッテリーの電解液の容量が減ってより大きな電力が必要になり、バッテリー上がりが起きやすくなります。

充電する力が低下すると、どんなことが起きるのか検証します。

走行中にバッテリーが上がる悲劇

車の走行中は、オルタネーターが発生する電気をバッテリーに充電し、同時に電装品を作動させています。

エアコン・カーステレオ・ワイパーなど、多くの電気を使うときは、足りない電気をバッテリーから補充して動作させます。

大量に電気を使うときにバッテリーの充電量が足りないと、走行中にプラグへの電気の供給がストップしてエンストを起こします。

この場合、走行中にバッテリーが上がる最悪の事態が起こる可能性があります。

バッテリー警告灯とも呼ばれるチャージランプが点灯したら、バッテリーに充電が行われていません。

充電するオルタネーターが故障した可能性もあるので、早急に点検する必要があります。

バッテリーの寿命を長持ちさせるメンテナンス法

バッテリーは消耗品ですが、長持ちさせるにはメンテナンスが大事です。

定期的に車を走らせることも大切で、ちょい乗りはバッテリーの寿命を短くします。

寿命を伸ばすには、週1回くらいはエンジンルームを点検するようにしましょう。点検方法は、バッテリー液が不足していないか、接点が腐食していないかを確認します。

バッテリー液は無色透明なので、濁っていたらバッテリーが劣化しています。

バッテリー自体の温度も寿命判断には重要なポイントです。ある程度走ったあとバッテリーの側面を触り、40度くらいのお湯の熱さに感じたら寿命がきています。

一度でもバッテリー上がりを起こしたら、劣化は著しくなるので交換したほうが安心です。

点検のポイントはこれ!


車のエンジンルーム点検!ド素人でも不安から開放される簡単チェック方法

車のボンネットを開けて、自分でエンジンルームの点検をしている人、どれくらいいますか? 「やりません。エンジンの分解なんかできません」という人の方が多いでしょう。もちろんエンジントラブルは、素人には危険 ...

バッテリーの寿命を伸ばす意外な秘訣

エンジンを止めたとき、カーオーディオやエアコンのスイッチをオンのままにしていませんか?

バッテリーは、エンジンの始動がもっとも電力を消費するので、エアコンなどのスイッチをオンのままにしていると、エンジン始動時にさらに電力を消費します。

エンジンを止めるときに、カーオーディオやエアコンのスイッチをオフにすると、バッテリーが長持ちします。

特にアイドリングストップ車のバッテーリーは、エンジン停止と始動を繰り返すので負担が大きくなります。

アイドリングストップ車は深刻


【アイドリングストップのバッテリー】寿命を先延ばしする3つのキモ!

燃費性能がよくなり地球環境にも貢献することで、アイドリングストップ車やハイブリッド車を選ぶドライバーは多いと思います。 しかしエンジン停止と始動を繰り返すアイドリングストップ車は、標準車以上にバッテリ ...

バッテリーが寿命で交換!値段や工賃ってどれくらい?

値段や工賃はバッテリーのメーカーやサイズと、ディーラーまたはカー用品専門店で交換するかで違います。

バッテリーの値段の目安は10,000〜20,000円前後、工賃は無料のところから2,000円くらいまで様々です。

ただし、アイドリングストップ車のバッテリーは、エンジン再始動の性能と充電・放電の効率が普通の車のバッテリーより高い特徴があるので、値段も通常のバッテリーと比較すると高めです。

もしバッテリー本来の機能を失うトラブルが保証期間内に起きれば、無償で交換してもらえます。

意外と簡単!車バッテリーの外し方

車のバッテリーを外す手順を説明します。

一部の車種ではバックアップが推奨されていますが、ほとんどの車はバックアップを取らなくても大丈夫です。

万が一、エラーや警告が表示された場合には、コマンドやディーラーでで消去することが可能です。

動画で確認すれば簡単

 

step
1
準備する道具

国産車の場合は大体10mmレンチで大丈夫ですが、車種によっては12mmが必要な場合もあります。

一度、自分の車のバッテリー端子を確認しておきましょう。

またバッテリー端子との接点であるターミナルの内側を磨くペーパーヤスリや接点復活剤があるとベストです。

step
2
バッテリー端子の取り外し

基本的にはショートする可能性もあるので、すぐに外れるスパナがベターですが、固く締まっていることもあるのでナメないように注意して端子を外します。

CRC5-56等の潤滑剤を使うとズムーズにナットが回ります。

ショートを防止するために、必ずマイナス端子から外すようにしましょう。

プラス側の配線を車体金属に接触させるとショートするので要注意です。

step
3
ステーの取り外し

バッテリー本体を車両に固定しているステーと呼ばれる金具を外して、バッテリーを車両から取り外します。

バッテリーは数年ごとにしか交換しないので、バッテリートレイも汚れています。

できればこの機会にトレイも綺麗に洗っておくといいですね。

まとめ

たまにしか車に乗らない状態が続いたり、エンジン停止中にカーオーディオやエアコンを長時間使用したりと、小さな悪い習慣が積み重なるとバッテリー上がりの原因となり、寿命を縮めます。

ライトの消し忘れは論外です。バッテリーの寿命は、あらゆるスイッチをオフにしてからエンジンを止めるなど、小さなよい習慣を積み重ねることで、伸ばすことができます。

よく一緒に読まれてる記事は?


ヘッドライトが暗い!明るさを上げて夜道をストレスなく走る3つの解決法

ヘッドライトが暗いと夜道の運転が怖くなります。また規定の光量を満たしていないと、車検にも通りません。 ヘッドライトが暗いと感じたときに、できれば簡単に明るくしたいですね。 暗くなったヘッドライトを明る ...

車のバッテリー上がりは自然回復しない!?簡単にエンジンをかける復活方法

車のバッテリーが上がって、車が向かい合ってケーブルをつないでいるのを、見たことありませんか?長く車を運転していると、バッテリーが上がる経験を何回かするものです。バッテリーが上がる事態は...

車のエンジンがかからないのはバッテリー?原因とトラブル防止の簡単ポイント

車を運転しようとキーを差し込んでも、エンジンがかりません。 何度もキーを回しますが、ギクシャクした音がして、エンジンがかかりそうだと思っても、それ以上反応がありません。 「エンジンがかからない!」通勤 ...

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-バッテリー
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.