ホイール

アルミホイールで燃費あがる?だだのファッション?純正採用されない驚きの理由

投稿日:

アルミホイールは軽く加工しやすいのでデザインが豊富です。また燃費性能が向上するのもメリットで、車の個性を足元から主張したい人はぜひ交換したいでしょう。

しかしアルミホイールに履き替えたからといって、ハイブリッド車ほど燃費が劇的に良くなる訳ではありません。

またアルミホイールは製造コストがかかり値段も高くなりがちです。燃費を重視して交換を考えると失敗する可能性があります。

アルミホイールの豊富なデザインを楽しんだり、ハンドリング性能が向上したりという効果も考えると、正しく選ぶことができるでしょう。

目的に応じてアルミホイールを装着し、ドレスアップを楽しんで下さい。

アルミホイールで燃費は変わる?

アルミホイールに履き替えると軽量化が図られるので、燃費が向上します。

ただホイール4個で4kg程度軽くなるだけなので劇的な改善とまではいかないのが実情です。

ホイールの重量で燃費は変わる?

車内に余分な物を置かなければ燃費が良くなるのと同じように、ホイールの重量が軽くなればその分重量が減って燃費が向上します。

鉄とアルミニウムを比較するとアルミの比重はおよそ3分の1で、アルミホイール1本はスチールホイールより1kg以上軽いとされています。

前後輪4本で4kg程度軽くなり、単純計算でその分ガソリンの消費量が少なくなりますね。

ホイールの軽量化は「ばね下重量」に影響する

ばね下重量とは車のばねの下部にあるパーツの総重量で、サスペンションアームやキャリパー、ブレーキローターなどが該当します。

重量が軽い程サスペンションの動きがスムーズになり、乗り心地もハンドリングも良くなるのです。

ばね上とばね下の重量差は大きいほど乗り心地が向上します。

高級車やスポーツタイプの車はサスペンションアームをアルミ製にしたり、純正ホイールを更に軽い社外品ホイールに交換して軽量化を図ったりします。

ホイールとタイヤの組み合わせで燃費は良くなる!?

アルミホイールに交換すると燃費が向上するといわれていますが、実際はわずかな量にとどまります。

一方でインチアップすると燃費が悪くなるといわれますが、燃費が悪くなる理由はホイールだけではなく、インチアップの重量増も影響します。

タイヤが太くかつ大きくなると接地面積が増加します。グリップを重視することで転がり抵抗が大きくなり、燃費は悪化してしまいます。

ホイールとタイヤの組み合わせで燃費を向上するには、低燃費タイヤと社外品の軽量ホイールに変え、かつサイズに注意すれば可能性が高くなります。    

そもそもアルミホイールって?

アルミホイールとはその名の通りアルミ合金でできたタイヤホイールです。

スチールホイールより軽く加工しやすいのでデザインが豊富な特徴が挙げられます。

また製造方法が二通りあることは念のため覚えておくと良いですね。

アルミホイールの製造方法は鋳造と鍛造がある

アルミホイールの製造方法は二通りあります。

一つは鋳造と呼ばれる方法で、溶かしたアルミニウム合金を金型に流し込み、冷やして固めホイールに成型します。

鍛造はアルミの地金を高圧にプレス成形して高い剛性が得られる一方で、デザインの自由度は低くなります。

アルミホイールは一般的に生産性が高く、かつ製造コストがやや低く済む鋳造が多数派です。

しかし鍛造は重量が軽く耐久性も大きいので、高級車やスポーツタイプを中心に需要があるのです。

デザインも豊富

アルミホイールは加工しやすいので、デザインのバリエーションが豊富なことが特徴です。

シンプルなスポークタイプに始まり、細いスポークがいくつも並ぶフィンタイプ、網目状のスポーク部分が特徴的なメッシュタイプ、ディスク部分が皿状になっているディッシュタイプなど。

様々なデザインがあり、足元を個性的に楽しむことができますね。

アルミホイールに交換するメリットは?

軽量のアルミホイールに履き替えるとハンドル操作がしやすくなる他、加速性能と燃費が向上するメリットがあります。

またデザインが豊富なので、車のスタイルに合わせたドレスアップ効果が大きくなりますね。

ハンドリング性能の向上

アルミホイールに履き替えるとハンドルが軽くなって少ない力で操作でき、運転がしやすいメリットがあります。

またブレーキの効き具合も良くなるので、ハンドリング性能の向上が実感できます。

ホイールはばね下エリアと連結パーツで繋がっているので、軽くなるほどハンドルを回しやすくなり、車を目的の方向へ動かしやすくなります。

加速性能の向上

車全体が重いと加速が鈍くなりますが、アルミホイールはスチールに比べて軽いので、その分加速性能が向上して鋭く前進します。

タイヤ周りの荷重が軽くなって加速性能だけでなく減速性能も向上し、よりキビキビと車を走らせることができるのです。

燃費性能の向上

アルミ合金は軽い素材なので車全体が軽くなり、燃費も向上します。

ただし改善効果は劇的というより、わずかな量と考えた方が間違いないですね。

車全体が軽量化するので燃費が悪化することはないでしょう。

しかしハイブリッド車のように燃費向上を目的として車の構造を根本的に見直した訳ではありません。

アルミホイールでも急発進や急ブレーキを控えるのは当然です。

ドレスアップ効果が期待できる

アルミホイールはスチールホイールに比べて加工しやすく、豊富なデザインの製品が店頭に並んでいます。

車のデザインに合わせてスポーティにドレスアップすれば、車の雰囲気を一変させる効果も。

夏用タイヤとスタッドレスタイヤを履き替える際にホイールのデザインも変えると、季節ごとに気分が変わりドライブも楽しくなることでしょう。

アルミホイールのデメリットってある?

アルミホイールにも軽量に起因するデメリットはあります。

乗り心地が悪くなりロードノイズも増加するのです。

また耐久性もスチールより劣ります。製造コストがかかる分販売価格が高いのもデメリットですね。

乗り心地の悪化

アルミホイールに交換すると乗り心地に影響が出ます。

重量が軽い分路面からの衝撃や振動が車内に伝わりやすく、乗り心地が悪化しがちです。

ホイールが重いと重量によって路面から伝わる衝撃が吸収されますが、軽くすると振動と衝撃がどうしてもダイレクトに伝わります。

ロードノイズが増える

ロードノイズは路面とタイヤが摩擦を起こしたり衝突したりして発生します。ホイールが軽くなれば、タイヤと路面が接触する音が上手く吸収されません。

軽いホイールへ交換すると地面からの衝撃や振動を吸収する性能が低下し、ロードノイズが悪化する原因に繋がります。

車内が騒々しくなり、同乗者との会話や音楽も聞こえにくくなるのです。

値段が高い

アルミホイールはスチールホイールより製造コストがかかり、その分が上乗せされて販売価格が高くなりがちです。

価格は製造方法やホイールの強度によって一概にいくらとはいえませんが、有名なアルミホイールになると高いデザイン性と耐久性で、1本300,000円に上る製品もあります。

スチールより強度が劣る?

アルミは鉄と比べて柔らかいので、耐久性がスチールより劣ります。

柔らかい分材料を多く使って強度をあげる必要があるのです。

傷が付きやすく、段差を通過した後では変形することすらあります。

更にホイールに付いた傷が原因でタイヤから空気が漏れ、パンクやバーストに発展することもあります。

運行前点検や洗車の時などに、ホイールの傷や変形をチェックする習慣をつけましょう。

メーカーが未だにスチールホイールを採用する理由

自動車メーカーはスチールホイールを採用しています。その理由はコストが安い割に耐久性に優れているからです。

更にはカー用品店などの安いアルミホイールより軽い場合もあります。

また仮に錆びても値段が安く強いので、ヤスリなどで錆を落とせば再利用も容易ですね。

メーカーオプションのアルミホイールは高価ですが、値付けを高くしないとスチールホイール並みの耐久性が担保できません。

アルミホイールとスチールホイールの見分け方

スチールホイールを見分けるためには、まずデザインの違いを見てみましょう。

スチールホイールはコスト面から基本的に同じようなデザインが多いからです。

社用車など平面的なデザインのホイールは、大体スチールホイールです。

他に見分ける要素として色にも着目しましょう。スチールホイールは製造コストを抑えるために、黒かシルバーが一般的です。

一方でメッキ処理など美しい色合いはアルミホイールです。

ホイールの肉厚でも判断できます。アルミホイールは強度が必要なので、薄くすると割れやすくなるからです。

軽量のアルミホイールは趣味の領域?!

ホイールを軽量化するメリットは一般道を走るくらいではあまり感じられません。

サーキット走行など特殊な条件で発揮されるので、先端技術を惜しみなく投入したホイールに交換することは殆ど趣味の領域でしょう。

インチアップするなら軽量ホイールがおすすめ

軽量ホイールのメリットはサーキット走行など極限状態ほど感じやすいですが、一般道では殆ど感じられないでしょう。

軽量ホイールのメリットを体感できるのはインチアップです。仮に17インチから18インチへアップすれば、使用するタイヤとホイールの重量増でバネ下重量も増加します。

軽量ホイールに交換すればバネ下重量の増加が抑えられ、燃費や乗り心地の悪化が最小限で済むので軽量のメリットが実感できるのです。

軽量ホイールは素材や製造方法に拘ったモノが多い

純正ホイールより更に軽い軽量ホイールは、素材や製造方法にこだわっています。

純正ホイールは溶かした金属を型に流し込んで作る鋳造製が多いです。

一方軽量ホイールは金属を高圧プレスし、コストをかけて成型する鍛造製です。

ホイールの強度を上げるだけでなく、飛行機にも使われる素材を使用や最先端技術の導入でデザイン性をあげています。

まとめ

燃費向上はアルミホイールのメリットではありますが、安い製品よりはスチールの方が軽い現状もあります。

燃費性能をアップするなら低燃費タイヤと軽量ホイールを組み合わせる方が効果は高くなります。

あるいはファッションツールと割り切ってドレスアップを楽しむのもが良いでしょう。

しかしサーキットなどのスポーツ走行を追求するには軽量ホイールのメリットが大きいので、目的に応じてチョイスすると良いですね。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-ホイール

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.