交通事故の対処法

雨の日の運転は怖い!事故率5倍の悪天候を安全に乗り切る対処法

更新日:

雨の日の運転は怖い!事故率5倍の悪天候を安全に乗り切る対処法

長い間車を運転していると、どうしても悪天候の中を運転しなければならないときが必ずあります。

クルマの運転でもっとも注意が必要なのは、雨の日です。

とくに若葉マークのドライバーは特に怖さを感じるかもしれません。

雨の日は、雨が降らないときと比べ、事故率が5倍も高くなるといわれていますが、悪天候でも強烈な豪雨や、視界不良で遠くが見通せない霧の日の事故率は、もっと高くなるでしょう。

豪雨や霧などの悪天候は、ちょっとした心がけで安全運転が可能です。

悪天候での運転術に加え、危険な状況を避けるを準備して、あらゆる事態に備えましょう。


雨の日に交通事故が増える理由

雨の日に、交通事故が多発する原因はいろいろあります。

雨の降り始めは、路面に付着したホコリが浮くため、スリップが起きやすくなります。

雨でフロントガラスやドアミラーに水滴がついて周囲が見えにくくなり、接触事故も増えます。

そこで、雨の日は早めにワイパーを動かしましょう。

夕方から夜にかけて雨が降り出したら、ライトを早めに点灯し、自分のクルマの存在を知らせましょう。

時間が経つと、水滴がこびりついてさらに見えにくくなるので、天気のよいときよりもスピードを控えましょう。

豪雨の運転は雨の音が怖い

悪天候でも、豪雨の中を運転するときは、屋根や車体をたたく強い雨の音で聴覚的な情報を得るのがむずかしくなり、他車の存在に気がつくのが遅れて、事故を起こしやすくなります。

住宅街などの狭い交差点は、出会い頭の衝突事故が予想されるので、慎重に走るとともに、ライトを早めに点灯することが、安全運転につながります。

歩行者も、雨で車の音が聞こえにくくなっています。歩行者や自転車の脇を通過するときは、注意を促す意味で、軽くクラクションを鳴らしてみましょう。

教習所で教わったと思いますが、雨の日に歩行者のそばを通過するとき、歩行者に水しぶきをかけてはいけません。

やまない雨で見えにくいとき、事故を防止する走り方

時間が経って雨の量が増えると、歩行者および対向車が見えにくくなって、右折のタイミングを誤って対向車と衝突したり、ドアミラーの水滴で右左折時に歩行者の発見が遅れて歩行者と接触したりと、事故のリスクがとても大きくなる状況です。

湿気でフロントガラスが曇ることも、前が見えにくくなる状況を更に悪化させます。曇りを防ぐため、エアコンを効果的に使いましょう。

右左折時に歩行者が見えにくいときは、スピードを落とし、窓を開けて歩行者がいないか、状況を直接目視するだけでも、事故の確率を減らすことができます。

雨が降る夜のドライブの達人になる!

雨が降る夜の運転は、免許を取りたての頃にはもっとも怖い状況です。

歩行者や自転車は、雨を避けようと周囲の状況を気にしないので、クルマなんて眼中にありません。

横断歩道や人通りの多いところは、「歩行者や自転車が急に出てくるかもしれない」という、危険予知に基づく運転を徹底し、極端ですが歩行者や自転車は信用しないつもりで運転しましょう。

雨の夜に怖いのが、グレア現象です。自車と対向車のヘッドライトが反射し合って、横断歩道を歩く歩行者が両方のヘッドライトの間に入ってしまい、発見が遅れてしまいます。

雨の夜は、何も考えずアクセルを踏むのはもってのほか。とにかくスピードを落としましょう。

免許を取りたての頃は、停止線や車線がわかりにくいですが、スピードを落としながら走っているうちに慣れます。

ゲリラ豪雨で水没しないサバイバル運転術とアイテム

夏になると、ゲリラ豪雨が多発しています。

大きな道路や線路の下をくぐる、両端が勾配になっている道路は、ゲリラ豪雨であっという間に水位が上昇します。冠水した車に閉じ込められて運転者が亡くなる、痛ましい事故も起きています。

車は60cmまで水につかると、エンジンが停止し、パワーウインドウも動かなくなります。

ゲリラ豪雨の安全運転は、低い位置にある道路を事前に把握して、通行を避けることですが、渋滞で動けない間にゲリラ豪雨に襲われる事態も考えられます。

窓をたたき割るハンマーと、シートベルトを切るカッターを備えておきましょう。

悪天候でも豪雨の日は、ハイドロプレーニング現象も注意しましょう。車がフワッと浮いた感覚になり、急ハンドルや急ブレーキは危険です。

雨だけじゃない!霧の日も注意が必要

霧が発生すると、視界が悪くなり、追い越しのときに対向車に気がつくのが遅れて、正面衝突の危険が高くなり、悪天候でも雨以上に気を使います。

霧の日に安全運転するコツは、スピードを落とし、自車の存在を周囲に気づかせるために、早めにヘッドライトを点灯します。

霧の運転ではフォグランプが「サバイバルアイテム」ですが、フォグランプがなければ、ハイビームまたはロービームを切り替えて、どちらか見やすいほうを選びます。

濃い霧のときは、ハイビームにすると目線より高い位置を照らし、かえって視界が悪くなるので、ロービームで走るのが安全運転です。

霧に負けない運転術

霧の日の安全運転はなるべく車間距離を開け、白線を見て運転します。

路肩の白線やセンターラインで、次のカーブの量を予測し、先行車が走っていれば、その軌跡を追います。

ライトを点灯すれば、ガードレールのオレンジの反射板もよく見えるので、安全運転のために、目に見えるいろいろな手がかりを利用します。

前方から来る車も直前まで見えません。対向車線にはみ出さないよう注意します。

運転が危険だと思ったときは、十分に視界が回復するまで、安全な場所に退避して霧が晴れるのを待ちましょう。ただし路肩に駐車すると、視界が悪いので追突される恐れがあります。

やむを得ず路肩に停車するときは、ハザードランプを点滅させましょう。

雨の日に事故を防止するクルマのメンテナンス

雨の日に事故を防止するクルマのメンテナンス

雨の日の運転で、怖い現象のひとつが、タイヤと轍の間に水が入るハイドロプレーニング現象です。

クルマがふわりと浮いた感覚になり、コントロールできなくなります。

ふだんからタイヤを十分に点検し、轍を踏まないほかに、車間距離を十分にとりましょう。

タイヤの空気圧には適正値がある!


タイヤ空気圧の適正値は?知らないと起きるバーストを避ける豆知識

突然ですが、自分が乗っている車のタイヤの、適正な空気圧を聞かれたら、すぐに答えられますか? 何となく乗っている人が多いと思います。 路面の状況や、温度で影響を受けるタイヤは、空気圧が適正値でないと、道 ...

ワイパーのゴムが減ると、水滴を十分に除去しきれず、視界が悪くなります。ゴムが劣化したと思ったら、カー用品店で自分のクルマに合うワイパーを購入しましょう。

プロのドライバーでなくても簡単に替えられるので、日頃からゴムの状況を確認しましょう。

走り方に事故対応~雨の日のドライブの注意あれこれ

教習所で、水たまりを通るときは水をはねないようにと教わりましたね。

万一水をはねて、歩行者の衣服を汚しそのまま走り去ると、歩行者がナンバーを記録していれば足がついて、クリーニング代を請求されることがあります。

スピードを落として走っていれば、水たまりにすぐ気がつくので、水をはねないようにしましょう。

雨の日にもらい事故に遭った場合、クルマについた傷が水滴で見えにくくなり、発見できないことがあります。

傷が発見できないと事故扱いにならず、あとで再検証することはできないので、万一雨の日に事故を起こしたときは頭に入れておきましょう。

まとめ

  • 雨の日は早めにワイパーを動かし視認性を確保する。
  • ライトを早めに点灯し自分の車の存在を知らせる。
  • 曇りを防ぐため、エアコンを効果的に使う。
  • スピードを落とし車間距離を十分にとる。
  • 横断歩道や人通りの多い道では、歩行者や自転車に注意する。
  • ふだんからタイヤを点検する。
  • ワイパーのゴムが劣化したらすぐカー用品店へ!

雨の日だけでなく豪雨や霧などの悪天候は、「目と耳」を奪われて運転する最悪の状況です。

ゲリラ豪雨は、自分の命まで奪われる危険性があります。

豪雨や霧で安全運転するコツは、まず早めのライト点灯で自分の車の存在を気づかせることです。

そて出会い頭やセンターラインを越える衝突事故を防ぐために、「だろう…」ではなく、目に見えるあらゆる手がかりを使う「根拠のある予測」に基づいて運転することが必要です。

よく一緒に読まれてる記事は?


【初心者必見】3分でわかる!途方に暮れる車のトラブル対処法まとめ

車の渋滞は誰でもイライラするし、雨の日や雪道の運転は誰でも神経を使います。 山道の運転は、実は深刻なエンジントラブルを引き起こす可能性があります。 ガソリンスタンドは、給油するだけと思っていませんか? ...

高速道路のトラブルランキング!危険な違反行為にならない基礎知識と対処法

高速道路を気持ちよくドライブしていたのに、突然のトラブル発生!なんと、高速道路の上で動けなくなってしまいました。 こんなとき、あなたはどうしますか? もちろん、真っ先に助けを呼ばなければいけませんが、 ...

殿堂入り記事

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-交通事故の対処法
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.