メンテナンス

【エンジンメンテナンス】素人でも体感できる車を長持ちさせるチェック項目

更新日:

車は一生の間でも、高い買い物の一つなので、長く大事に乗りたいですね。

車の「心臓」はエンジンですが、エンジンはオイル交換が大事です。

車の調子をつかむには、オイル以外にもエンジンの回転数を確認することです。

回転計であるインパネの「タコメーター」を飾りだと思っている人、今日から考えを変えましょう。

車のメンテでムダな出費を防ぐために、オイルの選び方とタコメーターの見方を知って、車の調子を毎日把握しましょう。

エンジンオイルは高級でなくてよい

エンジンオイルの値段は、安いものから高いものまでいろいろあります。

もちろん、値段が高ければ高いほどよいオイルですが、値段の高いオイルを入れる必要はありません。

過酷な状態で長く使えるのが、高級オイルです。ならば、町の中を普通に走るなら、廉価のオイルを10,000キロごとに交換すれば充分です。

高級オイルは、過酷な条件以外には、クラシックカーなど特殊な車に必要です。

激安エンジンオイルは大丈夫か

缶入りではない、プラスチック容器の激安エンジンオイルがありますが、品質は大丈夫でしょうか?

実は、容器がプラスチックでも、劣化しやすいことはありません。

なぜならば、北米・EU(ヨーロッパ連合)諸国では、プラスチックの容器に入ったオイルが多いのです。

プラスチックの容器でも、1年どころか、5年くらいの保管は大丈夫です。

韓国製のエンジンオイルも大丈夫です。韓国製のオイルは、カルテックスの現地法人製で、カルテックスは日本石油(現在のエネオス)の親会社と聞けば、問題ないことがわかりますね。

純正でないオイルはダメなの?

純正ではないエンジンオイルは、大丈夫なのかと不安になりますね。

メーカーは、純正オイルを指定していますが、純正以外のオイルを使ってはいけないとは言っていません。

指定している規格や粘度が合っていれば、純正でなくても問題はありません。

交換サイクルのほうが重要かも


【エンジンオイル交換の目安】サボると大損!?適切なタイミングを解説

エンジンオイルは大切で、定期的な交換が必要とはわかっていても、実際にエンジンオイルの果たす役割と、定期的に交換が必要な理由は、ほんとうのところよくわからない人、多いかもしれません。 エンジンオイルは、 ...

タコメーターは何のため?

インパネのタコメーターを、飾りだと思っている人はいませんか?

レーサーじゃあるまいし、街乗りでは一瞬でも状況が変わるから、見ていられないという人の方が多いでしょう。

そもそも、グレードによってはタコメーターがない車もありますし、トヨタのハイブリッドカーにはタコメーターがありません。

最近は、タコメーターの必要は薄れているという人もいますが、車の調子を日々つかむには、絶対必要なのです。

タコメーターとは?

タコメーターの「タコ」は、ギリシャ語で「速さ」を表す言葉です。英語では、レブカウンターといいます。

それなら、タコメーターは「回転計」ではなくて「速度計」では?と疑問が湧きますが、タコメーターはエンジンの回転速度計であり、車のスピードの表示ではないので、速度計ではありません。

AT車にタコメーターは必要?

MT車を運転したことがある人は、タコメーターの必要性をおわかりでしょう。運転に応じた適切なギアを選択するために、タコメーターで回転数を確認します。

それなら、自動変速のAT車は、タコメーターは不要では?という疑問がわきます。

AT車の一般走行でタコメーターをどう使うかですが、エンジン始動後の回転数や、アイドリングが安定するまでの時間をいつも見ていると、回転が安定するまでに時間がかかるときなど、車の異変にすぐ気が付きます。

また、加速や登り坂を運転するとき、エンジンの回転数を見ていれば、アクセルの踏みすぎを防ぐことができます。

例えば、時速40キロでエンジンが2000回転くらいなら3速に入っているので、アクセルを緩めて3速から4速へシフトアップし、無駄な燃料の消費を防げます。

燃費は回転数に影響されます


【車の燃費向上】一般道でリッター5キロ改善?できれば止めたい悪習3つ

ガソリンが高い状況が何年も続いています。 20年くらい前は、リッター80円台の時代もありましたが、リッター140~150円台が長く続くと、本当に頭が痛いですね。 燃費のよい車に買い替えるのがベストです ...

まとめ

AT車でもタコメーターは必要か?という疑問には、筆者は必要と考えます。

車はいろいろなパーツから成り立っていますが、車の調子がもっとも体感できるのは、エンジンの回転です。

エンジンの回転がふだんより高いときは、どこかに原因があります。そんなときは、だいたいオイル交換の時期です。

タコメーターは飾りではなく、車があなたに何かを訴えているのです。

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-メンテナンス
-,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.