交通事故の対処法

【自賠責保険の入り方】実は超カンタンな加入方法と仕組みを解説!

更新日:

クルマに乗るときに必要な自賠責保険のしくみ

クルマに乗るときに必要な自動車保険が、自賠責保険です。

任意保険は、クルマを買うときに紹介される保険から通販型など、いろいろな広告を見ますが、自賠責保険は必ず入る保険という以外はわかりにくく、「どこでいつ入るの?」と思っている人は多いでしょう。

被害者に手厚い保険なので、クルマを運転する人も被害者になったときのために、仕組みを知っておいて損はありません。

自賠責保険のしくみについて、超簡単に整理しましたので、クルマを新しく買う人や、買い替えを検討しているときにサクッとお読みくださいね。

自動車保険料を節約するためには、複数の保険会社の見積もりをとることが絶対条件です。

各社で保険料は全く異なりますので、「自動車保険比較サイト」で自分の条件を入力して算出される保険料が最も正確です。

たった5分の手間で年間5万円以上安くも保険料を安くすることができました!

\一括見積もりで今すぐ保険料を比較する/

自賠責保険の入り方

クルマを初めて買う、または免許を取りたてのドライバーは、「自賠責保険はいつ、どこで入るの?」と心配する方が多いでしょう。

自賠責保険は、損保会社と代理店、または郵便局で加入できます。

しかし、クルマを買うとき、または車検を通すときに、代理店となる自動車ディーラーまたは修理工場で自賠責保険に加入して、車検の費用と一緒に保険料を払う場合が多いと思います。

原付や126~250ccのバイクは、コンビニでも加入できます。

自賠責保険の超簡単しくみ

自賠責保険とは、正確には自動車損害賠償責任保険といい、一般的に自動車保険、または強制保険ともいわれています。

250ccを超えるバイクを含め、クルマを運転する人は必ず加入しなければいけない保険です。

その目的は、交通事故の被害者を救済するための保険で、ケガをしたときなどは、まず自賠責から保険金が支払われます。

身体に対する損害が対象なので、いわゆる物損事故には保険金は支払われません。

自賠責保険の保険料とバイク・原付に乗るときの注意

車種ごとに細かく決まっていて、どの保険会社、または自動車共済(JA共済や全労済)で加入しても保険料は同じです。

自家用小型乗用自動車の場合、37か月36,780円、36か月35,950円、…、24か月25,830円、12か月15,520円となっています。

契約期間が長いほど保険料が割安になるので、保険料をできるだけ節約したい場合、長い契約がおすすめです。

原付や126~250ccのバイクは車検がないので、自賠責保険の期限切れには注意しましょう。

自賠責保険の加入を忘れたときの厳しい罰則

法律で加入を義務付けられている強制保険ですから、加入していないドライバーには厳しい罰則が待っています。

加入を忘れた場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、同時に違反点数6点が加算されます。すなわち、一発で免停です。

自賠責保険に加入していても、加入証明書をクルマに備え付けていないときは、30万円以下の罰金が科されます。

自賠責保険で支払われるケースごとの保険金額をチェック

自賠責保険で支払われるケースごとの保険金額をチェック

被害者一人一事故につき、ケースごとに次の保険料が支払われます。

  • ケガの場合:最高120万円
  • 死亡の場合:最高3,000万円
  • 後遺障害の場合:階級に応じて750,000円~4,000万円

被害者に手厚い自賠責保険のメリット

被害者にできるだけ有利な保険制度なので、被害者が故意に事故を起こした、または重複契約した場合を除き、免責にはなりません。

また、任意保険と違い、過失割合は考慮されません。経済的事情である程度のお金が必要なときは、仮渡金が請求できます。

任意保険は、示談がまとまらないと保険金が支払われませんが、自賠責保険は被害者請求という制度があります。

たとえば後遺症が残る場合、後遺症状が確定する前に加害者の自賠責から必要な賠償が請求できるなど、被害者が自分で行うので透明性が高い請求です。

書類をたくさん用意しなければいけませんが、自賠責保険のキーポイントとなる制度です。

自賠責保険のどうしようもないデメリット

自賠責保険の最大のデメリットは、人身事故にしか適用されないということです。

高速道路の設備を破壊した場合、億単位の賠償となることが多いので、この場合は任意保険に入ってカバーするしかありません。

公的な保険の性格上仕方ないことですが、ケガや死亡それぞれのケースで、支払額には上限がありますが、これではとてもカバーしきれません。

不足する場合は、やはり任意保険で補います。

事故が、被害者に10割の過失があるとされた場合は、加害者の過失が問えないため、適用されません(高速を逆走して事故を起こした場合など)

まとめ

  • 250ccを超えるバイクを含め、クルマを運転する人は必ず加入する強制保険である。
  • 代理店となる自動車ディーラーなどで、車検の費用と一緒に保険料を払う場合が多い。
  • どの保険会社、または自動車共済(JA共済や全労済)で加入しても保険料は同じ。
  • 加入を忘れた場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ、同時に違反点数6点が加算される。
  • 加入証明書をクルマに備え付けていないときは、30万円以下の罰金が科される。
  • 保険金に上限があり、物損事故には適用されない。不足する分は任意保険で補う。

【裏ワザ】保険見直しで半額になる!?

自動車保険の保険料は、保険会社によって大幅に違いがでるって知ってました?

これは保険会社によって特色や補償内容が違うからなんです。
加入者が求めるサービスや補償によって保険料にかなり差がでます。

実際に長年付き合いのある代理店で継続契約していた保険料が、自動車保険の一括見積もりサービスを利用して「ソニー損保」に変更して5万円以上安くなりました!

一括見積もりサービスは、ネットで申込みするとメールで各社から見積もりがすぐに届きます。

さらに補償内容や保険料金が記載されたハガキが届くので、じっくり検討できます。

自動車保険の保険料を安くするコツは同じ条件で保険料を比較することなんですが、個別に問い合わせをして資料請求するのは面倒です。

スクエアバンの無料一括見積もり」なら大手のダイレクト型(通販型)と代理店型の保険会社、どちらもほぼすべて提携しているので、比較してカンタンに最安値の保険会社を見つけることができます。

保険会社からの煩わしい営業電話もありません。

\一括見積もりで今すぐ保険料を比較する/

今すぐ見積もりする



※加入中の方は保険証券、未加入の方は車検証があるとスムーズです。

よく一緒に読まれてる記事は?


もう迷わない!保険貧乏にならない自動車保険の見直し方【保存版】

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

【車両保険の仕組み】知らずに加入は危ない!?保険料を下げる基礎知識

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-交通事故の対処法
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.