メンテナンス

車の異臭って故障なの?遠出をする気になれない臭いの原因

更新日:

運転中にゴムが焦げる、または硫黄のような異臭が漂ってきたら、不安ですよね。

確実に、エンジンやタイヤ、または電気系統のトラブルが考えられます。

異臭の種類によって、可能性があるトラブルを見極めることができます。

最終的には点検、または車を買い換える必要があり、痛い出費になりますが、大切なのは自分の命です。

異臭を嗅ぎ分け、発生したトラブルに冷静に対応するための知識をつけましょう。


車の内部から異臭が!

ビニールが焦げるような異臭は、配線がショートしている可能性があり、放っておくと出火するので大変危険です。

金属がこすれるような異臭は、ブレーキの過熱やクラッチの滑りが考えられます。

オイルが焼けるような異臭が漂ったら、オイルが漏れて高温の部分にかかり、シリンダーに侵入するオイル上がりを起こしています。

酢のような異臭や、排気ガスにワインのような臭い

酢のような異臭は、バッテリー液の不足でオーバーチャージと呼ばれる過充電が起きているか、オルタネーターと呼ばれる、バッテリーに充電を行う部品の不具合が考えられます。

排気ガスの臭いは、マフラーに穴が開くなど、排気システムに異常が起きています。

クーラント液を含む、冷却水のタンクやホースに損傷があって、冷却水が漏れていると、ワインのような甘い異臭を放ちます。

硫黄のような異臭

酢のような臭いと同様、過充電が起きてバッテリー液が沸騰して希硫酸が漏れると、硫黄のような異臭が発生することがあります。

実例ですが、走行距離が10万kmくらいの車が、高速走行や坂道など高回転で走ったあとに、硫黄のような異臭が漂うようになりました。

原因は希硫酸が漏れたためで、補充液の補充では対応しにくい状態なので、バッテリーとオルタネーターの交換が必要です。

ゴムが焦げるような異臭

ゴムが焦げるような臭いは、ほとんどタイヤに原因があります。

タイヤは、空気圧が不足した状態で高速走行を続けると、過熱してゴムが焦げるような異臭を発するのです。

カーブや下り坂を連続で走ったときも、摩擦によってタイヤからゴムが焦げるような異臭を発するので、タイヤの空気圧をチェックしましょう。

タイヤの空気圧には適正値がある


タイヤ空気圧の適正値は?知らないと起きるバーストを避ける豆知識

突然ですが、自分が乗っている車のタイヤの、適正な空気圧を聞かれたら、すぐに答えられますか? 何となく乗っている人が多いと思います。 路面の状況や、温度で影響を受けるタイヤは、空気圧が適正値でないと、道 ...

タイヤだけではなく、エンジンから動力を伝達するゴムの張りが弱いと、摩擦による熱でゴムが焦げるような異臭を発することがあります。

ガソリンの臭いは最も危険

ガソリンが漏れることはめったにありませんが、異臭がガソリンの臭いであれば、ガソリンタンク、またはガソリンをエンジンに送るパイプに異常が起きています。

出火の危険があるので、すぐに車を停めて周囲の安全を確認し、救援を依頼しましょう。

または、ガソリンスタンドで給油したあと、給油キャップの閉め忘れの可能性もあります。

深刻なエンジントラブルではありませんんが、ガソリンは揮発性が高いので出火の危険があり、給油した後はしっかり確認しましょう。

タイヤを交換したばかりなのに、ゴムが焦げる臭い!

もう一つの実例ですが、坂道を20分くらい上ったあと、ゴムが焦げるような異臭が漂い始めました。

2週間前にタイヤをスタッドレスタイヤに交換したばかりなのに、どうしたのでしょうか?

スタッドレスタイヤのゴムは、普通のタイヤにくらべて柔らかいので、高速走行や坂道ではゴムが焦げる臭いを発しやすいのです。

スタッドレスタイヤで走るときは、高速道路では80km/hくらいで走るよう、注意しましょう。

タイヤをこすってから、焦げ臭い臭いが

これも実例ですが、縁石にタイヤをこすってから、焦げ臭い臭いを発するようになりました。

数キロ乗っただけでは異臭はしないのですが、そこそこの距離を走ると、異臭を発するというのです。

タイヤに熱はありませんが、タイヤのボルトやホイール部分が熱を持っていました。

残念ながら、ブレーキに歪みが出た可能性があり、ロアアームという部品も狂っていると思われます。

判断のつかない異臭は、プロに点検してもらいましょう。

まとめ

車が発する異臭は、間違いなくトラブルの発生を示しています。

日頃のメンテナンスが大事ですが、メーターのチェックに加えて、時には運転中に窓を開けて、異臭を発していないか「五感」で車の調子をチェックしましょう。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-メンテナンス
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.