ワイパー

ワイパー動かない!自分で直せる?プロでもちょっと判断に迷う5つの故障原因

更新日:

ワイパーは雨の日の運転には「命綱」というべきアイテムです。ワイパーが動かないで前が見えなくなる事態は、考えるだけで怖いですね。

雨天時にはスイッチを入れるだけで前方の視界を確保してくれる安心感がありますが、ワイパーはモーターで休みなく動く部品です。いつでも故障する可能性があるのです。

不具合を放置すると無駄に高額な修理費用がかかり、痛い出費を強いられます。

懐を痛めないよう故障の前兆と代表的な不具合の症状をつかみ、肝心な時にワイパーが動かない事態を回避しましょう。


ワイパーが動かない!応急処置ってある?

ワイパーを動かすモーターが故障することは稀ですが、万一故障したら交換するしかありません。

モーター音が聞こえない時はヒューズ切れの可能性があります。

もしユーズが切れていたら、カバーにある予備と交換するか、運転に支障ないラジオなどの電装品のヒューズで規格が合うものに入れ替えるのがベターです。

ユーズ切れではない場合、ガソリンスタンドなどで撥水剤を塗ってもらう方法もあります。

撥水効果で水滴が飛ぶスピードは時速50~60キロといわれていますが、フロントガラスの傾斜の度合いや塗り方によっても多少変わってきます。

ワイパーが動かない原因ってなに?

根元のナットのゆるみやヒューズ切れなどワイパーが動かない原因は様々。

寒い朝、ワイパーがガラス表面に凍り付いた状態でむりやり動かすことも危険です。

故障の原因がモーターやスイッチの時は専門家に見てもらいましょう。

ワイパーアームなどのナットゆるみ

スイッチを入れてもモーター音が聞こえるだけでワイパーの両方、または片方だけ動かない時は、原因としてワイパー根元のナットのゆるみが考えられます。

根元のナットは元々あまりきつく締めていません。ワイパーシステムに大きな負荷がかかっても故障しないようにするためです。

雪が積もった冬の朝、ワイパーを動かすと大きな負荷がかかりナットが緩むことがあります。締め直すときは、きつく締めすぎないよう気をつけましょう。

ヒューズ切れ

ワイパーのスイッチを入れたのにモーターの音が全く聞こえない時、原因はヒューズ切れの可能性があります。

ヒューズは運転席または助手席の足元のボックスにまとめられています。ヒューズを交換すればOKですが、規定数値以上の電流が流れた原因をつかまないと再度切れることもあります。

原因究明の必要もあるので、交換に自信がなければディーラーなどの専門家に見てもらいましょう。

アースの接触不良

ワイパーが動かない原因で一番多いのがアースの接触不良です。ワイパーを動かすための電流は、バッテリーからモーターを介してアースへ流れます。

アースを車のボディーに繋ぐボルトが緩んでいると、接触不良が起きるのです。またボディー表面のサビや車の年式が古いことも、接触不良の原因となります。

モーターユニットの故障

スイッチを入れてもモーター音がしない、あるいは音がおかしい時はモーターユニットの故障が考えられます。

雪が積もった朝や、極寒の日にワイパーブレードがガラスに凍り付いている時はむりやりワイパーを動かすことがあるでしょう。

しかし大きな負荷はモーターが焼き付いたり、ユニットの一部が破損したりする原因となるのです。

ワイパースイッチの故障

スイッチオンにしてもワイパー音がしない、または動作が不安定な時はワイパースイッチ自体の故障が考えられます。

スイッチが壊れることは非常に稀ですが、年式が古い車では経年劣化によるサビ、または腐食が接触不良の原因となることがあるのです。

ワイパースイッチを交換すれば解決しますが、専門家に見てもらう方が無難でしょう。

こんな症状の時はなにが原因なの?

ワイパーが片方動かない、途中で止まることもあります。

原因は大体ワイパーシステムの内部にありますが、雪が積もった朝、無理やりワイパーを動かすと大きな負荷がかかって故障することもあるのです。

ワイパーが片方だけ動かない

車のワイパーは1つのモーターで動かしています。

片方だけ動かない時は原因としてモーターの回転をワイパーに伝えるリンクモーションの脱落、または破損が考えられます。

あと1つはワイパーの空回りです。ワイパーをネジで取り付けている部分が少し緩んで空回りする現象ですね。

大きな負荷が加わったりネジの締め付けが少しゆるかったりすると、この個所が空回りしてワイパーシステムを保護するのです。

ワイパーが途中で止まる

モーターが回転していれば、モーターからワイパーの軸へ駆動力を伝えるベルトあるいは、ワイパーの軸の滑りが考えられます。

あるいはリンクモーションの空回りなど、ワイパーユニットの内部にガタつきが生じていることが一因でしょう。

ワイパーの停止位置がずれる

原因としてワイパー本体の曲がりや、ナットの緩みが考えられます。

ワイパーに重いものを置くなど無理な力を加えるとワイパーが曲がり、停止位置がずれることがあるのです。

冬には凍結でフロントガラスにゴムが張り付かないよう、ワイパーを上げておくことがありますね。

ところが屋根から雪が落ちてくると、圧力でワイパーの停止位置がずれる可能性があります。

またフロントに雪が残ったままワイパーを動すことも、停止位置のずれを生むのです。

間欠ワイパーだけ動かない

ワイパーモーターの中にあるブラシの磨耗による接触不良です。

モーターは短い時間オンにすると、ローターと呼ばれる内部の基板とブラシによってオンの状態を保ちます。

ところがブラシが磨耗するとモーターが回転しなくなるのです。

スムーズに動かない

アースやヒューズが正常なのに、ワイパーが動かない時はモーターの故障が考えられます。

モーターはめったに故障しませんが、雪が積もった時に大きな負荷がかかると焼け付いて動かなくなることがあります。冬の朝などは注意しましょう。

モーターの故障は交換が必要です。車種によりますが20,000~40,000円くらいは必要でしょう。

ワイパーの故障を放置するとどうなる?

ワイパーゴムは劣化すれば新品に交換するだけです。

しかしワイパーの故障を放置すると最悪の場合フロントガラス交換が必要で、修理費用ばかり膨らみます。

放置するとフロントガラス交換が必要になる?!

ワイパー故障を放置すると極端な場合、モーターだけでなくフロントガラスの交換が必要なケースもあります。

ワイパーの動作が不安定になり、ガラス表面を削ることがあるからですね。

フロントガラス交換にまで至らなくても車を売る時に値段が大きく下がるので、ワイパー故障を放置するのは得策ではありません。

修理するならどこが良い?

修理をどこが良いかは一概には断言できませんが、費用で比べるとディーラーが高く、次いでカー用品店の順になりますね。

多少費用がかかっても安心を求める人は、ディーラーで良いでしょう。

ワイパーの機能や種類に強いこだわりがないものの、より安く済ませたい人はカー用品店がおすすめです。

一方で交換に自信を持ち、機能や種類にも強くこだわり、かつ費用を抑えたい人なら自分で交換するのがベストですよ。

ゴム交換だけなら安価に復活

日本の気候は雨が多いので、ワイパーモーターの交換が必要な時は修理しない訳には行きません。

ゴムの交換だけなら費用も安く済むので、ワイパーの拭き残しが目立ってきたら早めに交換しましょう。

またワイパーが跳ねる動きが目立つと、ゴムが硬くなっています。交換の目安にしてください。

撥水・親水剤などのコーティング剤の効果は?

フロントガラスに撥水・親水剤を塗布するとよく水を弾きます。ワイパーを動かす必要はなさそうですが、そうはいきません。

親水・撥水剤の効果は中高速、概ね時速50km/h以上から現れます。町の中を走っているだけなら信号で停まることもありますね。すると雨で更に視界が悪化します。

雨の日の運転に、ワイパーは不可欠なアイテムなのです。

修理と部品交換ならどっちがいい?

修理と部品交換なら、ワイパーゴムやブレードを早く交換すれば費用は安く抑えられます。

モーター交換が必要な場合はやむを得ませんが、ワイパー周囲の交換だけで済ませるようにしましょう。

ワイパー周りの修理・交換費用

ワイパーゴムだけならば修理・交換費用はそれほど高くなりません。

しかしモーターやフロントガラスは確実に万単位の費用が必要です。

ゴムも長く放置するとモーターにも負担がかかります。劣化が酷くなる前に交換したいですね。

部品 費用
ワイパーゴム 1本につき1,500円程度
ワイパーブレード 1本につき3,000円程度
ワイパーモーター 30,000~50,000円くらい
フロントガラス 40,000円くらいから

交換の方がいいケースは?

ワイパーの効きが悪くなったらまずはゴムの状態を観察し、劣化が著しければ早めに交換しましょう。ゴム交換だけなら費用は大してかからないからです。

早めのゴム交換はモーターなどワイパーシステムへの悪影響を防ぎ、結果として修理代を安く抑えることができますね。

まとめ

雨の日に一番怖い事態は、ワイパーが動かないことですね。

ワイパーはあるのが当たり前である意味空気のような存在ですが、モーターで動くので常に故障と背中合わせなのです。

致命的な不具合にならないよう日頃からゴムの状態に気を配り、劣化してきたら早めに交換しましょう。

また故障しても最低限の状況で済むよう、代表的な症状も理解しておくと良いですね。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-ワイパー

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.