ワイパー

雪でワイパー立てるのどうして?凍って動かせないだけじゃない安全策の理由

雪の日にワイパーを立てて駐車している車を見ることがあります。どこか奇妙な光景ですが、ワイパーを立てる行為はちゃんとした意味があるのです。

放射冷却で気温が低い朝など、ワイパーを寝かせておくと凍結したガラス表面にゴムが張り付き、ワイパーは動きません。

前が見えず運転出来ないのは最悪なので、雪の日にはワイパーを立てた方が良いのです。

しかし杓子定規に立てるとかえって危険な場合もあるので、天候や車を止める場所など条件にも注意してください。

ワイパーを立てる意味を理解して、雪の日も安全運転で行きましょう。

雪の日にワイパーを立てる理由は?


雪の日にワイパーを立てる行為はしっかりした理由があります。

放射冷却の朝などにフロントガラスが凍結してゴムが張りき、ワイパーが動かなくなるのを防ぐことがワイパーを立てる理由なのです。

凍結して動かなくなるのを防ぐ

車内のエアコンで温まったフロントガラスの表面に雪が積もると、徐々に水分へと変化します。

時間の経過で外気温は下がり、ガラス面の水分は凍結してワイパーゴムはガラスに張り付きます。

スイッチを入れてもワイパーは動かないので、直ちに車を出せません。

ワイパーを立てておくとガラスに張り付くことが無く、雪の日でもすぐに車を動かせるのです。

凍ったワイパーを無理に動かすと故障する

フロントガラスに雪が積もると、どうしてもワイパーで雪を落としたくなりますが、避けてください。

ゴムが凍り付いた状態でワイパーを動かすと、ゴムが切れる可能性が大きくなります。

切れないまでもゴムがダメージを受け、動かした時に筋が入って視界が悪くなると、ゴムの交換が必要です。

そればかりか余分な負荷でモーターが焼け付き、ワイパー全体が深刻なダメージを受ける可能性があるので、絶対止めましょう。

ワイパーアームの変形や位置がズレが起こる

ワイパーを立てない状態で水気の多い雪が積もると、ガラス表面を滑る雪の重みでワイパーアームが曲がることがあります。

またワイパーアームとモーターを固定する個所が雪の重さでズレると、アームが曲がることもあるのです。

そのままワイパーを動かすと、動作する位置やタイミングがズレてワイパー同士が衝突し、本来の目的を果たせません。

フロントガラスの雪かきがスムーズにできる

ワイパーを下ろした状態で車に雪が積もると、車は全体が単なる雪の塊と化し、除雪作業には大きな労力が必要に。

フロントガラス周囲の雪を道具で取り除こうとすると、ワイパーに傷をつける恐れがあるでしょう。

立てておけば周囲の雪を少しずつ取り除くことができ、結果としてワイパーを傷つけずスムーズに雪かきが完了するのです。

大雪でも埋まった車を見つけやすくなる

雪が少ない地域では、ワイパーを立てる必要性は低いでしょう。

しかし豪雪地帯ではワイパーを立てると、雪に埋もれた自車をすぐ特定する目安になります。

立てたワイパー周囲の雪を徐々に取り除けば、ボディの色やナンバープレートの数字がわかり、自車を簡単に特定できるメリットがあるからです。

ワイパーは雪の日には絶対立てるべき?

雪の日にワイパーを立てる行為は良いことばかりではありません。

車を止める場所や雪質によっては、立てない方が良い場合もあります。

また風の強い日にワイパーを立てると折れる恐れがあるので、天候に注意しましょう。

ワイパーを立てるデメリットってある?

冬はワイパーを必ず立てておきたいところですが、屋根から落ちてきた雪の重みでワイパーが折れる恐れも。

また大雪でワイパーの位置がわからなくなると、雪かきのときにワイパーを壊す危険性もあります。

水気を含んで重い雪が降る地域は、ワイパーが折れるのを防ぐため、むしろ立てないほうがベターです。

車を止める場所とお住まいの地域の雪質によって、ワイパーを立てるか立てないか考えた方が良いでしょう。

すごい強風でも立てたほうが良い?

猛吹雪は雪と一緒に強い風が吹きます。

強風の日に立てると風力でアームが曲がったり折れたりするので、強風の日にワイパーを立てるのは止めましょう。天候にも注意してください。

雪の日以外に立てたほうが良い場合ってある?

筆者もその一人ですが、夏の暑い日にワイパーを立てる人もいます。

強い日差しの熱でフロントガラスは高温になるので、寝かせておくとゴムはダメージを受けますが、ワイパーを立てればゴムは変形しません。

あまり見かけないのは遮熱シートなど、別な手段もあるからでしょう。

ワイパースタンドで浮かせるのは効果的?

ワイパースタンドでワイパーを浮かせることは、少しの雪なら大いに効果があります。

夏には直射日光や紫外線は避けられませんが、ゴムの変形を防ぐには大いに効果を発揮します。

冬はワイパーゴムがガラスに張り付くことも防げますが、さすがに大雪には耐えられません。

雪質や天候によって、ワイパーを立てましょう。

ワイパーを立てる際の注意点

雪が落ちて折れるのを防ぐため、ワイパーを立てる際は車を止める環境や風向きを考えましょう。

またワイパーが隠れるコンシールドタイプは、立てたら必ず元の位置に戻さないと、ワイパーが折れるので注意してください。

ワイパーを立てるのは簡単

ごく一般的な車のワイパーは、手でつかむだけで簡単に立ち上がります。

大きな力は全く必要ありません。腕力の無い方でもすぐ持ち上がるので、ぜひ一度やってみて下さい。

但しゴムの表面は必要以上に触らない方が無難です。

駐車する環境もポイント

ワイパーを立てると屋根から落ちてくる雪で破損する危険性があります。

屋根の真下などに車を止めるのは避けましょう。

風向きも重要で、風下に車を止めれば除雪する労力も軽く済みます。

風向きは常に一定している訳ではありませんが、駐車する際は考えておくと良いですね。

また雪の少ない地域では、ワイパーを立てていると通行人がケガを負う恐れもあるので、駐車する向きに注意しましょう。

外車に多いワイパーがボンネットに隠れるタイプは?

ボンネットに隠れるワイパーは、コンシールド(隠された)ワイパーと呼ばれ、高級車や外車に多いタイプです。

動かさないときはワイパーがボンネットの中に文字通り隠れているので、ワイパーは立てられないと錯覚しますよね。

コンシールドワイパーを装着する車種にはワイパースイッチがついていて、オンにすればワイパーを立てることができます。

ワイパーを立てたまま動かすとガラスが破損する恐れがあります。立てた後は必ず元の収納場所に戻しましょう。

雪なのに立てるのを忘れたら?

雪の日にワイパーを立てるのを忘れたら、暖房や解氷スプレーで凍ったフロントガラスを解凍しましょう。

熱湯をかけるとガラスが破損するばかりか、ゴムが切れる恐れもあります。

凍ったワイパーを解凍する方法は?

ワイパーがフロントガラスに張り付いたら、自然溶解または暖機運転をしてデフロスターで解凍しましょう。

熱湯をかけるのは止めてください。温度変化に弱いガラス表面にヒビが入ったり、ゴムが切れたりするからです。

水やぬるま湯のほうが良いですが、低温ではガラス表面の水分が再び凍り付く可能性もあります。

解氷スプレーや暖房を効果的に使いましょう。

破損したゴムやワイパーは交換や修理が必要

ワイパーゴムが破損すると動かしてもスジが残り、視界を妨げて危険です。

ゴムやブレードは量販店などで手に入り、慣れない人でも簡単に交換できます。

但しワイパーアームやモーターが焼き付いた場合は、整備工場や量販店などで見てもらいましょう。

まとめ

ワイパーは雪の日にも視界を安全に確保します。

また冬の朝は放射冷却でフロントガラス表面がよく凍結します。

雪の少ない地域でも、ワイパーを立てる習慣をつけると良いですよね。

但し屋根から落ちた雪がワイパーを折ることがあります。駐車する場所や、雪質並びに風向きにも注意しましょう。

人気記事

編集部おすすめ

1

LINEほけんに「半日からの自動車保険」が加わったことをご存知ですか? 「半日からの自動車保険」は、最短12時間から契約できる短期間の自動車保険。 LINEアプリから簡単に契約できることで注目を集めて ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-ワイパー

Copyright© [ブーマル] , 2020 All Rights Reserved.