改正道路交通法

警察が一時停止違反の待ち伏せ!ムカつく取り締まりを賢く避ける方法

更新日:

待ち伏せの交通取り締まり

クルマを運転していて、信号機のない十字路、あるいはT字路を通りすぎたあと、突然後ろから「ナンバー○○の運転手さん、停止してください」というマイクの声が聞こえ、ナンバーは自分のクルマで、ルームミラーで後ろを見るとパトカーがピッタリついていてビックリ。

クルマを停めると、警察官が近づいてきて「一時停止の標識があるところは、徐行して通りすぎたらダメなんですよ」と青切符を切られ、反則金の額と点数を聞いて「トホホ」…

この取り締まりの方法に対して「卑怯だ」「なぜ先に注意してくれないのか」など、運転者不満の声がネット上にあふれています。

こうした違反で、バカバカしい反則金を払わないための方法をお教えしましょう。


警察が警察庁長官の通達に違反している取り締まりの実態

冒頭の文章はお恥ずかしい話ですが、実は筆者が踏切で一時停止違反をしたときの状況です。

本来「予防または制止しないで、または隠れて取り締まりを行うことはしないよう留意すること」という文言があります。

「42.8.1」通達と呼ばれるもので、昭和42(1967)年8月1日に警察庁長官が通達したものです。

隠れたところで行うネズミ捕り一時停止違反の取り締まりは、「42.8.1」通達違反が公然と行われていることになります。

ネット上で、取り締まりを受けたドライバーの「卑怯だ」「姑息」「反則金稼ぎ」という不満は、当然でしょう。

不満の声がある取り締まり

「42.8.1通達」は、2000年12月に廃止されたとされますが、この取り締まりの実態を正当化するためかもしれません。

「通達違反」に対する警察の主張

警察は、「通達違反」の実態をどう考えているのでしょうか?

自動車の運転者が、警察が見ていなければ公然と交通ルールに違反する、見ていれば違反しない、それは問題というのが警察の主張です。

軽微な交通ルールの違反が日常的にあふれていて、交通量の多い個所で交通整理もままならないのが実情です。

違反を予防または制止するためには警察官が足りないので、やむを得ないという考えがあるようですね。

一方で、交通違反をすると反則金をとられて、これだけ損するということを知らしめる「見せしめ」として行っているという要素が強いともいえます。

あわせて読みたい

一時停止違反の罰金と点数

一時停止違反は止まれの標識や点滅の赤信号、信号機または道路標識の無い交差点などの指定場所で一時停止せず安全確認を怠り、そのまま車を走らせると交通違反となる行為です。

道路交通法第43条|指定場所における一時停止

罰金と点数

罰金(反則金)は普通車7,000円、点数は2点が科されます。

違反の罰金

3か月以下の懲役または50,000円以下の罰金と規定されていますが、交通反則通告制度の対象となっています。

普通車の他に大型車9,000円、二輪車6,000円、小型特殊自動車と原付が5,000円の反則金を納めれば刑事処分は科されず、懲役刑や罰金刑が科されることはありません。

但し自転車は交通反則通告制度の対象ではないので、特に注意して下さい。

違反点数

一時停止違反の点数は2点で、度合いとしては軽微な交通違反です。

特例措置として、それまでの2年間無事故無違反だったドライバーの場合、違反の翌日から3か月間無違反を継続すれば点数は累積されず、リセットされます。

ゴールド免許はどうなる?

ゴールド免許は更新から過去5年以上無事故無違反が条件ですから、違反した時点でゴールド免許ではなくなるのです。

違反が1回なら次の更新はブルー免許証で有効期限5年、更新は一般講習60分、違反が2回以上だとブルー免許証で有効期限3年、更新は違反者講習を120分受講することになります。

一時停止の時間はどれくらい必要?

一時停止の時間は「3秒」が交通ルールのように語られること多いです。

停止して周りの安全を確認して発進すると、3秒程度はどうしてもかかるからですね。

でもこの「3秒」は本当に交通ルールなのでしょうか。

一時停止の時間は?

実は法律に明記されていない

意外なことに、一時停止を規定している道路交通法第43条では、一時停止の停止時間を明確に規定していません。

「一時停止しなければならない」という文言はあっても、「何秒間停止すること」という条文はどこにも明記されていないのです。

一時停止時間は3秒?!

一時停止の時間は「3秒」と言われることが多いです。

これは停止してから左右どちらかから安全確認を行い、首を振って反対側、更に前方の安全確認をしてから発進すると「1、2、3」という調子で3秒程度の経過が見込まれるからです。

しかし道路交通法に停止時間の規定がないため、3秒というのはあくまで目安です。

従って3秒停止したつもりでも、現場にいた警察官の判断で取り締まりを受ける場合もあり、運転者から不満が漏れるのです。

一時停止違反に納得がいかない場合の対処法

停止時間について規定がないので、3秒間停止した感覚があっても取り締まりを受けると納得いきませんね。

取り締まりにどうしても納得できない場合の対処法を覚えておきましょう。

納得できない場合の対処法

違反を認めず書面に署名(サイン)をしない

違反すると青切符を発行されますが、サインすると違反を認めたことになります。

納得いかない時はサインを拒否するか、青切符の「私が違反したことに相違ありません」と記された個所に二重線を引いてサインする方法があります。

但し違反したかどうか、後から裁判で争うことになるのも覚えておきましょう。

裁判で負ければ反則金7,000円ではなく、3か月以下の懲役または50,000円以下の罰金が科されることになります。

もし逃げるとどうなる?

取り締まりに納得できなくても絶対に逃げてはいけません。

かえって心証が悪化し、軽微な違反でも逮捕される可能性があるからです。

最悪なのは警察官を振り切って逃走すると公務執行妨害に問われかねず、交通違反よりも罰則が重くなります。

また逃走しても車のナンバーを控えられていれば、後日出頭を命じられるでしょう。

逃げずにドライブレコーダーの映像を提出するなど、理路整然としましょう。

たとえ無免許運転であっても逃げてはいけないのは当然です。

ドライブレコーダーが証拠になる!?

最近社会問題化しているあおり運転の影響で、ドライブレコーダーを設置する方は多いでしょう。

どうしても納得いかない場合、違反を否認する際にドライブレコーダーの映像は重要な客観的証拠になります。

停止していた際の映像を証拠として申請し、道路交通法で停止時間について規定がない点を主張すれば有効な手段となるでしょう。

現状の取り締まりは、反則金稼ぎという批判

現状の取り締まりは、反則金稼ぎという批判

取り締まりで罰金をとられて納得がいかず、「警察がノルマを設定し、警察の利益または、キャリア組の天下り先への上納金を納めるために、反則金稼ぎで待ち伏せの取り締まりを行っているのだ」という恨みがましいネット上の声もあります。

反則金に納得がいかず払わないとどうなる?


ハラハラドキドキ…交通違反の反則金を払わないとどうなるか、知りたくありませんか?

交通違反の反則金をいつまでも払わないと、一体どうなると思いますか?「そんな度胸はない。警察とモメたら大変だ!」という人は多いと思いますが、ちゃんと払いますという人でも、ずっと払わないでいるとどうなるか、知りたくありませんか?

ノルマがあるかどうかは明らかにされていませんが、警察サイドの「反則金は交通安全対策特別交付金として道路や駐車場の整備に活用しており、警察が内部留保として確保する利益でも上納金でもない」という主張があります。

ネット上の批判は単なる恨み節のようです。

ドライバーも意識改革して、待ち伏せの取り締まりに対抗せよ

ネット上では、待ち伏せの取り締まりに対する非難がたくさん見られますが、ちょっと甘いのではないかとも思います。

教えてもらうことに慣れ、自分で危機を回避するという発想がなさすぎます。

高速道路に乗ったら、アクセルをひたすら踏んで前しか見ず、標識も見ないのでとんでもないスピードになってもお構いなし。横断歩道を渡ろうとする歩行者も目に入らない。

その結果、オービスを見逃し、合流車線やトラックの陰に潜む覆面パトカーに気付かず、「御用」。

一般道を走っていて、一時停止の標識に気づかないか、よく見ていないのも同じです。
これでは、警察の餌食になるだけです。

覆面パトカーを見分けることができれば・・・


覆面パトカーはナンバーでわかる?!車の流れだけじゃない高速での見分け方

覆面パトカーの取り締まりの方法には、疑問の声もあります。違反をしないことが一番よいのですが、捜査にあたる覆面パトカーの見分け方は、ある程度つかみやすいのです。

良いか悪いかはともかく、現状の警察の取り締まりが待ち伏せで行われているのですから、それに対応する方法を考える必要があります。

誤解のないように申し上げますが、筆者は警察に肩入れしているわけではありません。また、知人に警察の関係者もいません。あくまで筆者の客観的な考えです。

待ち伏せを賢く避ける運転術

待ち伏せを避けるには、アクセルを踏みっぱなしに運転するのではなく、周囲の状況を確認することが一番です。

前方をじっと見ているとかえって危ないので、目に飛び込んでくるものを確認していればよいのです。

その合間にルームミラーで後ろを見ると、パトカーがついてくることもわかります。

そうすれば一時停止の標識を見逃すことはないし、高速でトラックの陰にかくれているクラウンに、青い制服を着ている高速隊員がチラリと目に入るでしょう。

これを毎日続けていると、小さな変化が目に入ります。いつも走っている道に、オービスが設置されたなどの情報が得られます。

また、周囲の状況を確認していると、だんだんと速度計を見なくても何キロくらい出ているのか自然にわかってきます。

「スピードが出過ぎだな」とスピードを落とすことができ、また、クルマの調子を把握することにもつながります。

待ち伏せを避ける運転術は、変化の早いこの世の中を生き抜くサバイバル術にもつながるでしょう。

まとめ

警察は交通量や歩行者の少ないところで待ち伏せしているのは汚いという非難もありますが、そうした取り締まりが行われているのが現実です。

アクセルを踏みっ放しで走らず、運転しながら周囲の状況を確認して自衛しましょう。そうすれば一時停止の標識はどの道を走っていても必ず目に入ります。

取り締まりに納得いかない時は否認する方法もありますが、客観的な証拠が無いと不安なのでドライブレコーダーの設置をお勧めします。

【裏ワザ】保険見直しで半額になる!?

自動車保険の保険料は、保険会社によって大幅に違いがでるって知ってました?

これは保険会社によって特色や補償内容が違うからなんです。
加入者が求めるサービスや補償によって保険料にかなり差がでます。

実際に長年付き合いのある代理店で継続契約していた保険料が、自動車保険の一括見積もりサービスを利用して「ソニー損保」に変更して5万円以上安くなりました!

一括見積もりサービスは、ネットで申込みするとメールで各社から見積もりがすぐに届きます。

さらに補償内容や保険料金が記載されたハガキが届くので、じっくり検討できます。

自動車保険の保険料を安くするコツは同じ条件で保険料を比較することなんですが、個別に問い合わせをして資料請求するのは面倒です。

スクエアバンの無料一括見積もり」なら大手のダイレクト型(通販型)と代理店型の保険会社、どちらもほぼすべて提携しているので、比較してカンタンに最安値の保険会社を見つけることができます。

保険会社からの煩わしい営業電話もありません。

\一括見積もりで今すぐ保険料を比較する/

今すぐ見積もりする

※加入中の方は保険証券、未加入の方は車検証があるとスムーズです。

よく一緒に読まれてる記事は?


オービスが光った!?初心者が気づかない「赤い悪魔」を怒らせない簡単チェックポイント

高速道路または一般道路に設置されている、スピード違反を取り締まるオービスが真っ赤に光った瞬間(機器によっては白く光る)、「ヤバっ!」 次の瞬間「どうしよう」と血の気が引き、初めてオービスを光らせた初心 ...

【警察のネズミ捕り】取り締まりが行われる道と時間帯はほぼ決まっている!

【特集】まだ車売るな!ゼロ査定の愛車がボーっと待ってただけで超高値をつけた理由 スピード違反の取り締まりで、ネズミ捕りという言葉をよく耳にしますね。 見通しのよい直線道路を気分よく走っていたら、突然前 ...

覆面パトカーの赤色灯は必須?!追尾式取り締まりに遭わないツボを教えます

高速道路の追い越し車線を走っていたら、後のクルマの赤色灯が回転して「しまった…」と愕然とした経験のある方、いらっしゃるでしょう。覆面パトカーによる追尾式の取り締まりは色々問題があるようで、調べれば調べるほど疑問が出てきます。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.