ワイパー

ワイパー拭き残しにお手上げ!?どうやっても目線に入る筋をクリアにする改善方法

投稿日:

雨の日の運転にワイパーは心強いアイテムです。

ただワイパーの拭き残しは意外と見落としていないでしょうか?

車を外に保管する人は多いでしょう。しかしワイパーのゴムは直射日光に弱く、劣化が進むとワイパーを動かしても拭き残しが出来てしまいます。

白いスジが残ると視界はクリアにならず、運転が怖くなることも。

ワイパーの拭き残しを甘く見てはいけないのです。

拭き残しが現れないようフロントガラスをクリアに保ち、安全運転を続けましょう。

ワイパーの拭きムラの症状や種類

ゴミや油膜などワイパーの拭きムラと症状は、原因別に様々な症状があります。

最近はコーティング施工も多いと思いますが、メンテナンスが悪いとかえって拭き残しを招く原因にもなるのです。

筋状の線が残る

筋状の線が残る原因はワイパーとフロントガラスの間に落ち葉やゴミなど、異物が挟まることが考えられます。

異物を除去しても筋が残るなら、ワイパーのゴムやブレードが劣化している可能性があります。

ワイパーはゴムの部分をブレードでフロントガラスに押さえて表面を拭き取ります。

ゴムを押さえるパーツは最近プラスチック製が多いので、直射日光の影響を受けやすくなります。

熱で劣化するとゴムを押さえる力弱まり、拭きムラが起きるのです。

クモの巣状に拭きムラがでる

汚れ防止のため、フロントガラスに撥水コーティングを施工する機会が多いと思います。

しかしコーティング被膜は徐々に劣化します。放置するとワイパーを動しても拭きムラが起こるので、キイロビンなどの油膜除去剤でコーティング剤を剥がしましょう。

それでもクモの巣状に拭きムラができるなら、ワイパーやブレードの劣化が考えられます。

水の流れた跡が浮きでる

ワイパーを動かしても水が流れた跡ができたり模様がウロコ状に浮かび上がったりする症状もあります。

ミネラルや油膜がガラス表面に固着(または両方が付着)していることが原因でしょう。

油膜は除去できても、ミネラル成分はすぐ取り除けない事もあります。

キイロビンでも除去し切れないときは、ガラス用のコンパウンドで取り除きましょう。

腕力で取れない汚れはポリッシャーで除去するのも一案ですね。

ワイパー拭き残しの原因は?

拭き残しはワイパーを構成するパーツの劣化も原因です。

車を外に保管する機会が多い分、ワイパーは太陽光や気温差の影響を受けるからです。

ワイパーゴムが劣化している

車を外に保管すると、ワイパーのゴムは常に直射日光や気温差の影響を受けます。

ゴムが劣化して切れると、ガラス表面の水分を除去し切れず拭きムラができます。

ゴムは1年程度しか持ちません。その間にダメージを受けていることは容易に想像できますね。

ブレードが劣化している

ワイパーゴムを支えるアイテムがワイパーブレードです。

長い間ワイパーを動かしていると、ブレードも劣化します。

劣化が進んだままワイパーのスイッチを入れると、ガラス表面にゴムが密着せず浮いた状態になり、拭き残しができるのです。

ワイパーアームの抑えが弱くなっている

ワイパーアームは車本体とワイパーブレードを繋ぐパーツです。

バネの力でブレードをガラスに押しつけますが、劣化でバネが弱るとブレードを押さえる力が低下してしまいます。

ガラスに油膜が付着している

油膜がフロントガラスにこびりつくと、ワイパーが水分を取り切れず拭き残しができる可能性があります。

フロントガラスに水をかけてみましょう。ガラスに油膜があると水はまだら模様に流れて行きます。

一方で撥水が効いていると水分は殆ど残りません。油膜が全く無いときは親水状態となってゆっくり流れますね。

フロントガラスの油膜は、その分だけ撥水効果を落とすのです。

ガラス撥水剤が落ちている

フロントガラス表面に撥水施工しても、時間の経過で効果が落ちてきます。

古いコーティングを取り除いてから再度やり直すと、効きが復活しますよ。

撥水剤を塗布したらゴムをグラファイトワイパーなど、撥水性の強いワイパーに交換するのもお勧めです。

ワイパーの劣化は事故の可能性を跳ねあげる

雨の日の運転は日中でも暗くなることがあります。

また路面から照り返す光が前方の視界を妨げるので、危険度があがります。

筆者も経験がありますが、ワイパーが劣化すると水滴を薄く伸ばすだけです。

前方がどんより見えるので、ワイパーを動かす意味が殆どなくなります。

ガラス越しの様子が見えにくいと運転に神経を使い、事故の可能性が跳ね上がります。

ワイパーの状態に無関心ではダメなのです。

ワイパーの拭き残しをなくてクリアな視界を確保する

拭き残しを気にせず運転するために、クリアな視界を確保しましょう。

油膜の除去やワイパーのパーツ交換など、普段の簡単なメンテナンスで大丈夫ですよ。

油膜やコーティング剤を除去

油膜やコーティング剤がフロントガラス表面に付着すると、その分だけ拭き残しができます。

油膜は雨の日の運転には厄介ですが、ワイパーにも強敵なのです。

またコーティング剤は塗布から時間が経つと徐々に劣化して本来の効果が発揮できなくなります。

油膜を除去してコーティングをやり直し、クリアな視界を取り戻しましょう。

ワイパーゴムの交換

ワイパーゴムは直射日光に弱く、寿命はせいぜい1年です。その間に必ず夏の強烈な太陽を浴びています。

また屋外に保管すると、気温差で徐々にダメージを受けるでしょう。

ワイパーゴムも必ず交換してください。車のパーツの中では値段も安く、簡単に交換できます。

ワイパーアームの交換

ワイパーアームは目立たないので放置しがちかもしれません。しかしワイパーブレードをバネでガラスに押し当てています。

バネも時間の経過で押し当てる力が落ちるのです。

放置すると肝心な時にワイパーが役に立たなくなるでしょう。アームの具合も確認してください。

ワイパーの真ん中が浮くのは当たり調整が必要?!

ワイパーブレードの角度が垂直でないと、ゴムを交換または油膜を除去しても、拭きムラが発生することがあります。

当たり具合を調整するには、ワイパーを途中で止めてエンジンを切り、位置を固定します。

ワイパーブレードを外してから、フロントガラスにそっとアームを当てましょう。

ワイパーがガラスを強打しないよう、雑巾などを使うと良いですね。

ワイパーをモンキースパナなどで挟み、力を入れて調整してみましょう。

ワイパーの拭き残しを予防しよう

ワイパーの拭きムラは主に油膜の付着、そしてワイパーゴムなどの消耗品劣化が原因です。

しかしフロントガラスのメンテナンス次第で、多少はゴムの寿命を延ばすことができます。

フロントガラス表面を常にキレイに保ち、洗車の際にゴムも軽く洗うと良いですね。

ウォッシャー液は油膜落とし配合のタイプを噴射しましょう。

雨が弱く水滴が僅かな時はワイパーの速度を落とすことも、ゴムの寿命が延はすことができますよ。

まとめ

ワイパーの拭き残しは油膜が主原因です。またゴムの劣化を放置することも要因です。

ゴムは直射日光に弱く、1年程度しか持ちません。

消耗品の値段としては安いので、切れるなど劣化が進んだらすぐに交換しましょう。

同時に油膜を除去してフロントガラスをキレイに保ち、ゴムの寿命も延ばして拭き残しを防ぎましょう。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-ワイパー

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.