改正道路交通法

覆面パトカーはナンバーでわかる?!車の流れだけじゃない高速での見分け方

更新日:

高速を気持ちよく走っていたら、後からサイレンが聞こえ、あろうことか自分の車のナンバーを連呼している!?

考えただけでも最悪のシチュエーションですが、追尾して来た警察車両が覆面パトカーだつたら「一般車と見分けがつかない」と諦めるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。

覆面パトカーはナンバーと車種である程度見分けがつくので、ナンバーの特徴とパトカーに多い車種を頭に入れて、走行中に視界に入ったり自分の近くを走っていたりしたら気をつければ良いのです。

覆面パトカーは特定の車種が多い理由も解説するので、この機会に見分け方を覚えて下さい!


覆面パトカーの見分け方!このナンバープレートに注意!

覆面パトカーのナンバープレートが、地名のあとの分類番号と呼ばれる数字が80~89、または800となっている8ナンバーなら、警察車両なので用心しましょう。

追尾のとき、反転式と呼ばれる赤色灯を点灯させるため、ルーフの真ん中を改造して大きなふたがあり、特殊用途の車両に分類されるためです。

但し、ルーフの上のふたは大型車からでないとわかりません。

最近では、普通自動車に分類される、3・5・7ナンバーの覆面パトカーも存在するようです。一時期「わ」ナンバーの覆面パトカーがあると言われていたこともあるようですが、全くのデタラメです。

高速道路の取り締まりは、基本その地域のナンバーの高速隊が行います。

例えば、神奈川県内の東名高速道路の取り締まりを、大阪ナンバーのパトカーが行うことはあり得ません。

高速道路を走る覆面パトカーの基準

パトカーは、4ドアのフルサイズという一応の基準があります。この基準は、高速道路が開通した50年くらい前から変わりません。

この基準がある理由は、被疑者を連行するときに、両脇を警察官が固めて連行する、または調書を作成するなどの場合、後ろに十分なスペースがある4ドアセダンが理想的だからです。

具体的に、この車種ではなければならないという指定はありません。

覆面パトカーにクラウンが多い理由

覆面パトカーは、白・黒・銀のクラウンが多いと言うのは本当でしょうか?

警察庁が国費を投じて導入するパトカーの99パーセントが、クラウンと言われています。

このうち、どれくらいのクラウンが交通取り締まり用の覆面パトカーかは不明ですが、かなりの数のクラウンが高速道路で取り締まりにあたっていることは、容易に想像できます。

ボディの色は白・黒・銀のイメージがありますが、特に指定はありません。

クラウンの覆面パトカーは、トランクにグレードのエンブレムがない特徴があります。改造車であることが理由ですが、現行モデルの210系クラウンからは、エンブレムがあるそうです。これも注意しましょう。

覆面パトカーはみな同じではない!

覆面パトカーはみな同じではなく、種類があるって知っていましたか?

目的によって、捜査用・交通取り締まり用・警護用に分かれているのです。

捜査用は街中を走り、緊急事態発生の時にはウインドウが開くやいなや、マグネット式と呼ばれる赤色灯をルーフに付けて追跡開始!刑事ドラマでおなじみのシーンですね。

警護用は、天皇陛下や日本を訪れた国家元首など、要人を警護することが目的で、主に黒い高級車があたっています。

この記事では、高速道路の覆面パトカーである交通取り締まり用を対象とします。

クラウンは税金の無駄遣いでは?という疑問

取り締まりを受けたドライバーの、苦い思いからくる疑問でしょう。

パトカーは、なぜ排気量の大きいクラウンが多いのでしょうか?

燃費のよい小型車やハイブリッド車ではダメなのか?税金の無駄遣いでは?という声も聞きます。

交通取り締まり用の覆面パトカーは、思った以上のハードワークで、年間10万キロを走行し、1日に20時間も走る時があるのだそうです。

猛スピードで走る違反車を追尾するときには、とてつもないスピードで追いつく必要もあり、小型車やハイブリッド車の耐久性と性能では不安があるからです。

パトカー仕様があるのはクラウンだけなので、パーツの調達が容易でコスト削減に繋がり、結果として税金の無駄遣いが抑えられることも、クラウンが多い理由です。

クラウン以外の覆面パトカーはある?

クラウン以外には、マークX、スカイライン、レガシィ、インプレッサが知られています。これらの車種は、都道府県の予算で導入されているようです。

プロドライバーの中のプロドライバーと言っても過言ではない、県警高速隊員のホンネは、クラウンよりもスカイラインやマークXの方が速いのだそうです。

高速道路の取り締まりの特徴をチェック

高速道路の覆面パトカーは、トラックの前に身を潜め、後方から違反車をマークします。

トラックを追い越す際は、トラックの陰に隠れている車種に注意しましょう。

覆面パトカーは、追い越したクルマしか摘発できないので、自分が追い抜いたクルマになおさら注意する必要があるのです。

まとめ

  • 高速道路の覆面パトカーは、クラウンがかなりの量を占める。色は白・黒・銀が多い。
  • トランクにエンブレムが無いのが特徴だが、210系クラウンからはエンブレムが付いている。
  • ナンバープレートの分類番号は80~89または800、その地域のナンバープレートの高速隊が取り締まりを行う。
  • スカイライン・レガシィ・インプレッサが走る地域もある。
  • トラックの陰に身を潜めているので、トラックを追い越す際の車種に注意すること。

車を買い替えるなら絶対試す価値はある【無料】

車を買い換えるときに、そのまま流れで下取りに出していませんか?

実は、、、それかなり損をしています!

言われるがままに安い金額で下取りに出すより、複数の買取業者に比較してもらったほうが買取金額は確実にあがります。

店舗を回って比較するのは面倒ですが、「かんたん車査定ガイド」なら無料でその場でできます。

各社が買取り強化中!下取りよりも平均で16万円も高く売れた!という声が続出しています。

9つの項目を入力するだけで愛車を高く買取る会社がすぐに見つかります。

\かんたん45秒入力!/

愛車の相場価格を調べる

実際の査定額を公開! 車を売るときにちょっとの手間を惜しまないだけで10万円以上差がでるんです!

とにかく愛車を高く売りたいなら「車一括査定」の利用は必須 →  http://a-satei.com/

売るかどうか迷っているならネットで概算の買取額が分かる →  https://ucarpac.com/

よく一緒に読まれてる記事は?


覆面パトカーの赤色灯は必須?!追尾式取り締まりに遭わないツボを教えます

高速道路の追い越し車線を走っていたら、後のクルマの赤色灯が回転して「しまった…」と愕然とした経験のある方、いらっしゃるでしょう。覆面パトカーによる追尾式の取り締まりは色々問題があるようで、調べれば調べるほど疑問が出てきます。

オービスが光った!?初心者が気づかない「赤い悪魔」を怒らせない簡単チェックポイント

高速道路または一般道路に設置されている、スピード違反を取り締まるオービスが真っ赤に光った瞬間(機器によっては白く光る)、「ヤバっ!」 次の瞬間「どうしよう」と血の気が引き、初めてオービスを光らせた初心 ...

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-改正道路交通法
-,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.