改正道路交通法

駐車違反で違法駐車標章!ワッカじゃない現在の駐禁取り締まり事情

更新日:

駐車違反をすると取りつけられるワッカを知っているドライバーは多いでしょう。

道端でワッカをつけられて停まっているクルマやワッカがついたまま走っているクルマを見た方も、多いと思います。

ところで、最近はワッカそのもの、またはワッカがついたまま走っているクルマを見なくなったと思いませんか?

実はワッカの代わりに、違法駐車標章が貼られているのです。

最近の、駐車違反の取り締まりの方法を知っておきましょう。


現在は、ワッカの代わりにステッカーが貼られる

ワッカは違法駐車標章と呼ばれ、つけられた経験のある方は、みっともないので早く外してしまいたいと思ったに違いありません。しかし外すことができるのは警察官だけで、自分で勝手に外すと器物破損罪に問われました。

2006年6月1日からワッカは廃止され、現在は放置車両確認標章というステッカーが貼られるようになりました。

このステッカーは警察官の他に、委託された民間の警備会社に勤務している駐車監視員という人達も貼ることになっています。

このステッカーは、ワッカと違って、自分で剥がしても罰せられることはありません。

駐車監視員制度の施行と放置違反金の導入が背景にある

従来の道交法では、駐車違反を行ったドライバーを特定して取り締まることにしていましたが、ドライバーが戻ってこない時には摘発に時間がかかり、とても効率の悪い方法でした。

また、凶悪犯罪に警察官を振り向けることで警察官が足りなくなり、駐車監視員という資格を持った人を導入して、駐車違反の取り締まりを行うことになりました。

また、放置違反金制度を導入して、ドライバーを特定できない場合はクルマの所有者に放置違反金を科す制度に改めました。

この制度については「放置違反金」は逃げ得?!高い反則金と使用制限の二重ペナルティーでも詳しく解説しています。

より簡単に摘発できるようになったんです!


「放置違反金」は逃げ得?!高い反則金と使用制限の二重ペナルティー

2006年の道交法改正から、駐車違反の運転者が特定できない場合、クルマの使用者に対して放置違反金の支払いが科せられています。放置違反金は抜け穴のような問題点があることから、不満や批判もありますが、本当に逃げ得の制度なのでしょうか?

駐車違反の減少も影響している

コインパーキングの増加による、駐車違反の減少もワッカが廃止された背景にあります。

都市部ではパーキングメーターもあります


【パーキングメーター】駐車違反で捕まらない時間と料金の正しい知識

都心の大きな道にずらりと車が駐車していて、その横に立っているパーキングメーターは、見た方、駐車した方、どちらも多いでしょう。 駐車場が少ない都心部で、安く車を駐車できるので重宝しますね。 ところで、パ ...

ワッカ以上に大がかりな、駐車違反の車両のタイヤをロックする車輪止めという方法もありましたが、こちらも2007年を最後に行われなくなっています。

駐車違反の減少に加え、駐車監視員と放置違反金を導入することで、標章を貼ってドライバーが出頭するのを待つようにして効率化を図るようになったのです。

ワッカのように目立たないから、駐車違反はやり放題?

現行の、クルマの所有者に放置違反金を科す制度には問題があります。

クルマの所有者とドライバーが異なる場合、所有者が放置違反金を払えば、ドライバーは警察に出頭する必要もなく、違反点数も加算されません。

駐車違反を行ったドライバーがクルマの所有者なら、所有者に科される放置違反金を払えば、やはり出頭する必要はなく、違反点数の加算もありません。

抜け道のある制度のようですが、駐車違反を一定期間内に繰り返すとクルマの使用が制限される他、放置違反金を払わなければ車検を通すことができなくなり、年利14.5%の延滞金が加算されます。

納付しないままいつまでも放っておくと逮捕されるので、駐車違反をやり放題ということはあり得ないのです。

まとめ

現在の放置違反金の制度は、問題はありますが、所有者が放置違反金を払うことでドライバーが違反点数の加算を逃れようとしても、所有者はドライバーに放置違反金相当のお金を払うよう要求するでしょう。

自分が違反したわけでもない反則金を、俺が払っておくから安心していいよという、神様のような人がいるでしょうか。

ドライバーが所有者であれば、駐車違反が重なるとクルマが使えなくなります。

ベストとは言えない点はありますが、現行の法体系の中で駐車違反は得にならないということを示す制度と言えるでしょう。

よく一緒に読まれてる記事は?


放置駐車と駐停車禁止の違いは?厳しくなった駐車違反をトコトン解説!

「コインパーキングが満車なので、つい」「ちょっとの間だから・・・」という理由で、駐車禁止の場所にクルマを停めた経験があるドライバーは多いでしょう。 車線にはみ出した違法駐車は渋滞を引き起こすばかりか、 ...

駐車監視員とトラブル?!不満タラタラの違法駐車の取り締まり実態

2006年から違法駐車の取り締まりを民間に委託することになり、駐車監視員という資格を持つ人が取り締まりを行うことになりました。民間の業者に委託することで、違法駐車の取り締まりはどのように変わったのでしょうか。

殿堂入り記事

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.