フロントガラス

【フロントガラス交換費用】目安は?修理が難しいとハネ上がる費用の抑え方

更新日:

フロントガラスに飛び石などでヒビや傷がが入ることは、運転中のトラブルでも最悪な部類の一つです。

万一ヒビが入ったら、まずは修理で直らないか考えると思います。

ヒビや傷が一定の大きさになると交換が必要になりますが、一体いくらかかるのか心配になりますよね。

フロントガラスの交換は車種、年式、またはガラスの種類や傷の程度によって交換費用は一様でなく、見積りを取らないとわからないのが実態です。

ディーラー・修理工場・ガラス専門店のうち、どこで交換するかによっても変わります。

交換を依頼するとき、業態別にそれそれのメリット・デメリットと、上手に安く交換する選び方もお教えしましょう!


フロントガラスの交換が必要な場合って?

車のフロントガラスは合わせガラスを使っています。

ヒビが入っても粉々になることはありません。

しかし欠けがあったり数センチ程度のヒビや傷があったりすると、ガラス交換が必要です。

交換が必要な場合

傷の大きさが500円玉サイズを超えている

フロントガラスにヒビや傷がついたとき、交換するかどうかを判断する最もわかりやすい目安は、傷の大きさが500円硬貨を超えているかどうかです。

500円玉の大きさは直径2センチと少し、この大きさを上回ると大体は交換が必要になります。

交換が必要かどうかは専門家に見てもらう必要がありますが、交換を判断する明確な目安として覚えておきましょう。

運転視界に傷がある

フロントガラスが車検に通るには、以下の通り二つの基準があります。

  • 視界を妨げないこと
  • 容易に貫通されないこと

実際は検査官の判断に任され、何センチの傷があるとダメという明確な基準はありません。

20センチの傷があっても、車検に通った例があるのです。

しかし運転席側のヒビや傷はまずダメです。欠けている程度ならまだ良い方ですが、ヒビは広がって視界を妨げるのでアウトと判断されるでしょう。

傷の位置がフロントガラスの端にある

傷がフロントガラスのどの位置にあるかということも、交換が必要かを判断する要素です。

フロントガラスの上部または左右の位置から4センチ、下部から8センチ以内の位置に傷やヒビがあると、基本的にはフロントガラスの修理を行えません。

ヒビや傷の位置も交換の目安として、念のためチェックしておきましょう。

フロントガラスの交換費用は?

大体の相場として修理15,000円~25,000円、交換の場合50,000~100,000円という金額はありますが、正確には見積もりをとる必要があり一概に示すことはできません。

ガラスの種類や車種に加えて傷の程度など、色々な要素が絡むからです。

フロントガラス交換の相場

交換費用の基本的な内訳

フロントガラスを交換する際の費用の基本的な内訳は、ガラスの代金と交換費用(工賃・人件費)です。

ディーラーや修理工場、またはガラス専門店など、どの業者に依頼するかによっても変わってきます。

ディーラーは純正品を使うことが前提で見積もりを算出し、実際の修理はガラス専門店が行うので中間マージンを上乗せするために見積り額は高くなりがちですね。

ガラス専門店に直接依頼すると、ディーラーより安く済むのは覚えておくとよいですよ!

フロントガラス選びは種類がありすぎて難しい!?

フロントガラスは、実は種類がたくさんあり選ぶのはとても大変なのです。

メーカー純正品から社外品、海外からの輸入品の他、コピーや粗悪品まで存在します。

軽自動車なら安い?年式や車種のグレードでも変わる

フロントガラスを交換する場合、軽自動車だと50,000~70,000円、普通車で70,000~90,000円程度ですが、100,000円を大きく上回ることもあります。

また軽自動車やコンパクトカーなどガラスの面積が少ない車種は、ある程度少額で交換できますが、SUVやミニバンになると交換費用は高くなる傾向です。

ダイハツタントだとガラス代+工賃で約100,000~110,000円、ヴェルファイアだと120,000~130,000円と開きがありますね。

メーカー純正

フロントガラスには実に色々種類がありますが、まず思い浮かぶのはメーカー純正のガラスかもしれません。

ディーラーに依頼すると、メーカー純正品を使用する前提で見積り額を算出します。

フロントガラスの表面にガラスメーカーのロゴが入り、純正部品であることを認証しているので安心ですが、社外品よりも値段は高くなるので、安く抑えるには別の手段も検討しましょう。
      

国内ガラスメーカーの市販品

国内ガラスメーカーが製造するフロントガラスが市販品として販売されています。

部品や製造工程は純正品と同じですが、価格が抑えられるのでガラス交換が安く済むのは大きなメリットです。

また純正よりも高機能な市販品もあります。

AGC(旭硝子)のクールペールは国産社外品で、紫外線(UV)をカットしてくれるうえに、純正ガラスより20,000円ほど安く済みむのは大きなメリットですね。

その他にも赤外線(IR)をカットするなど4種類のフロントガラスがラインナップされていて、用途と価格で選択できます。

海外輸入品

輸入品は海外で日本車向けに製造されたガラスで、交換費用は純正・市販品を含めた中では最も安く済み、車へのフィットも問題ありません。

但し品質的にはピンキリで、製品によってはガラスの色が曇ったり歪んで見えたりすることもあります。

しかし極薄で粉々になるような粗悪品ではないので、一定以上の安全性やクオリティはあると考えて問題ありません。

適応しない車種もあるので注意が必要ですが、価格を重視して交換するならおすすめしますよ。
       

中古品

中古品のフロントガラスに交換することも一案です。

中古品だからといって車検に通らないこともありません。

但し中古という特性上、ガラスの表面にわずかな傷がついていることがあります。

また中古品なので交換が必要な時点で在庫が無い場合もあるのが難点ですが、費用負担を考えると選択肢の一つにはなるでしょう。
       

ディーラー・修理工場・自動車ガラス専門店で交換工賃に違いがある?

フロントガラスの交換はどこに依頼しても値段は同じわけではありません。

ディーラー・修理工場・自動車ガラス専門店などによって、交換工賃には差が出てしまいます。

ディーラーや修理工場に依頼しても、大手であるほどその工場でフロントガラスを交換するわけではありません。

最終的には自動車ガラス専門店が請け負って施工作業をするからです。

自動車ガラス専門店に依頼すればマージンは発生しないので、ガラス専門店への直接持ち込みが一番安く交換可能です。

但し外車は扱わない業者もあるので、一度問い合わせをしてみることをおすすめします。

フロントガラスの交換費用は見積りを取らないと分からい!

フロントガラスの交換費用はガラスの種類や、どの業者に依頼するかによっても変わるので、個別に見積りしないとわかりません。 

選ぶフロントガラスや交換工賃で大幅に変わる

フロントガラスの交換は、ガラスの種類によって部品代が大きな比重を占めます。

社外品(輸入)→社外品(国産)→純正部品の順に安くなり、純正ガラス前提のディーラーが一番高くなります。

純正ガラスは車種にもよりますが、一般的な相場は80,000~110,000円です。

他の種類のガラスの一般的な相場は社外品90,000円、輸入品70,000円で、輸入品のガラスが安く済むことは参考にすると良いですね。

フロントガラス交換費用の総額を安くする方法は?

純正ガラスはどうしても高くなるので、選択肢として社外品のフロントガラスを使えば、工賃やバーツは純正ガラスと変わらないので、純正部品より20パーセント程度交換費用を抑えることができます。

海外輸入品への交換をガラス専門店に依頼すると、ディーラーや修理工場に依頼する際の中間マージンが発生せず、一番安く交換できるパターンです。  

フロントガラスの傷が修理ですむ場合の費用は?

フロントガラスの傷が修理で済む場合でも、業者の技術力がどれだけあるかで変わります。ガラスの種類の他、国産車や外車など車種も関係するでしょう。

ディーラーや修理工場はガラスを扱いません。結局はガラス専門店に委託するのでマージンが発生することも覚えておくと、業者選びの参考になりますね。

修理費用の相場

ディーラー・修理工場・自動車ガラス専門店で修理費用の差はどれくらい?

大体の相場として、修理費用は15,000円~25,000円が目安です。

ディーラーはガラス代・工賃・部品代を定価で見積りしますが、ガラス専門店に依頼する分のマージンを加えているのです。

修理工場に依頼しても、やはり中間マージンを加えてガラス専門店に発注しますが、マージンの数字はディーラーより低くなります。

ガラス専門店へ直接持ち込めば中間業者が介在しないので、工賃は一番安く済むメリットがあるのです。

DIYで修理する場合の注意点

補修キットなどを使って自分でフロントガラスを修理する場合は、とにかく早さが命です。

放っておくとヒビの進行が早くなりますよ!

雨やホコリが侵入する前に補修する

フロントガラスの補修を自分で行う場合、雨やホコリ、または油分が侵入する前になるべく早く行いましょう。

雨水やホコリが侵入すると、補修のためのレジン(接着剤)が上手く入らず、結局は交換を依頼することになってしまいます。

補修はあくまで応急処置です。自分では上手く補修したつもりでも後から傷が広がることもあるので、最終的には業者に見てもらってください。

場合によっては車検に通らないかも?!

せっかく自分でフロントガラスを補修しても、車検に通る基準である「運転視界を妨げないこと」を満たせなければ、車検には通りません。

車検に通るかは検査官の判断ですが、補修してもヒビが入って運転席側の視界を著しく妨げていると判断されれば、パスしません。助手席側ならヒビが入っていても問題はないようです。

なお接着剤を垂らした跡やセロテープなど、とりあえず補修した痕があれば大丈夫なこともあるのは、覚えておきましょう。

査定額は落ちる可能性もある

フロントガラスの傷やリペアの痕は、査定に大きく影響します。

国産車Ⅲクラス(1.5~2リッター)の場合、リペアの痕があると査定額は約20,000円下がるのが現状です、

査定額を高くしようと考えて、フロントガラスを修理しようと考える人もいるでしょう。

でも交換費用を考えると、修理しないで売ってしまった方が賢明な場合もあります。

フロントガラスの交換で悩むポイント7選

フロントガラスの交換で悩むポイントは費用を抑えることですが、ガラス選びは品質も重要です。

交換には日数がかからないかも心配になりますね。

外車のオーナーなら、ディーラー以外でも交換できるか前もって知りたい問題でしょう。

交通の危険の場合

フロントガラスの交換に保険は使えるの?

飛び石など、自分の責任ではない不可抗力による被害は、車両保険で直すことができます。

但し等級がダウンするのは痛いですね。

自分の責任で起こした事故ではないので1等級ダウンで済みますが、保険料が値上がりします。

値上がりする保険料と修理費用を比較して、修理費用が低ければ自己負担で直せば等級ダウンを避けられることがあるので、見積りを取ってよく検討しましょう!

純正品のガラスてって品質が良いの?

純正品のガラスは交換する前に元々着いているガラスで、即ち新車と同じ状態のガラスです。

ディーラーに依頼すると、純正品のフロントガラスに交換されることになります。

ガラス表面にメーカー名が入っていて、純正品と認証されたことを示しています。

但しどうしても純正品への交換は費用が高くなるのが難点です。費用を抑えたいなら、別の選択肢も検討しましょう。

社外品のフロントガラスって品質に問題はないの?

社外品のフロントガラスは品質に問題はないのか?という心配が出ますね。

純正品と社外品のフロントガラスは、純正部品か互換部品かの違いしかありません。

社外品でも純正品と同じメーカーのフロントガラスなら、ガラスの機能は同じです。

部品も作業工程も変わらないので、品質には問題ありません。安心して交換できますよ!

交換はどのくらい時間がかかる?

フロントガラスを交換するには、どれくらいの時間がかかるかについても知りたいところです。

帰省先で飛び石の被害に遭ったときなど、もしも交換作業に何日もかかるなら、自宅に戻るまで間に合わないかと心配になりますよね。

フロントガラスの交換は何日もかかる作業ではありません。基本は数時間から1日で終わります。

年式の古い車のガラスでも交換できる?

年式が古い車でもフロントガラスは交換できますが、在庫が無いことがあるのが難点です。

かなりの走行距離を走っていたり、年式が古かったりという中古車はフロントガラスを修理せず、売ってしまう方がよいこともあります。

補修しても査定に響くだけですし、フロントガラスを交換するにしても、修理代がかかることを考えるとデメリットが多くなります。

年式の古い車は、売った方が賢明な場合もあることを頭に入れておきましょう。

アンテナがついているガラスも交換できる?

心配になるかもしれませんが、アンテナがあっても交換できます。

アンテナがついているフロントガラスは、ディーラーやガラス専門店であれば問題なく交換可能です。

ただカーナビのフィルムアンテナがフロントガラスに貼ってあると、交換は可能ですが貼り直しの作業が必要です。

追加費用が30,000~50,000円(工賃込)程度かかるので、参考にしてください。

ベンツやBMWなどの外車はディーラー以外でガラス交換できる?

外車のフロントガラスはディーラー以外の業者でも交換できますが、交換可能な業者を調べてから相談した方がよいでしょう。

ガラス専門店でも、外車のフロントガラスを交換するノウハウを持つ業者は少ないからです。

交換は社外品で対応するだけでなく、車両保険で直してくれる業者もあります。

フロントガラス交換をDIYでやれる?

カーディーラーや専門業者に交換依頼をすると、費用はそれなりに覚悟する必要があります。
そのため、自分で交換(DIY)を検討する人もいるでしょう。

フロントガラスをDIYで交換するには、フロントガラスを業者から手に入れ、できれば2人以上で行いましょう。

ガラス交換の手順


DIYで交換で交換した場合、車検に通らない恐れもありますので、腕に自信がなければ業者に依頼したほうが無難です。

まとめ

飛び石などでフロントガラスを交換する経験は、長いドライバー人生で一度もないという人の方が多いかもしれません。

しかし飛び石は、交通事故と同じでいつ飛来してくるかわかりません。

前を走る車のタイヤに挟まってたり、道路に落ちている小石を巻き上げたりする可能があるからです。

万一交換するハメになったら、少しでも安くできる術を覚えておきましょう。

国産の社外品は純正品とメーカーが同じなら、問題ありません。

対応できる業者が少ないですが、輸入品をガラス専門店に持ち込む技もあります。

人気記事

編集部おすすめ

1

車を運転することは、どうしても事故のリスクと背中合わせです。 車の運転者は、強制保険である自賠責保険と、任意保険である自動車保険に加入することになりますが、車の損害に備えて、車両保険もつける人が多いの ...

2

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

3

自動車保険に加入で意外とむずかしいのは、どんな補償をどれだけつければよいかということでないでしょうか。 初めてクルマを買う時は、ディーラーの営業マンに勧められて保険に入ると思いますが、営業マンに勧めら ...

4

突然、交通事故に遭い被害者となれば、誰でも気が動転します。事故発生後の対応についても、間違った素人の判断基準で行動すると、場合によっては納得のいかない結果になることも...

-フロントガラス
-, , , , ,

Copyright© [ブーマル] , 2019 All Rights Reserved.