改正道路交通法

ネズミ捕りのレーダーで誤認検挙?!取り締まりに納得いかないときの対策まとめ

ネズミ捕りの誤認検挙

あってはならないことですが、気分よくドライブしていたら、前方に警察官が赤い旗を振って、側道に誘導されてスピード違反で取り締まりを受けてしまうことがあるでしょう。

しかし、これもあってはならないことですが、スピード違反の誤認検挙はほぼ日常的にどこかで発生しているのです。

取り締まりを受けたとき、警察官に指摘されたほどのスピードは出していないので、どうしても納得がいかない時があると思います。

そんなときにどうしたらよいのか、今回はスピード違反の誤認検挙に気をつける対策をお教えします。

【悲報】下取りで車を売ると100%カモられます!

どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

複数社から買取査定の比較をしないと間違いなく損します。

なぜなら、買取業者同士で競り合わすことで買取額があがるから。

面倒だからという理由で、一社だけの査定だと、比較対象がいないので必ず最安値の買取額を提示されることに。

ナビクル車査定」なら大手買取業者最大10社が勝手に競ってくれます。

\9つの項目で愛車の最高額がわかる!/

ネズミ捕りの方法を知っておこう

警察のネズミ捕りと呼ばれるスピード違反の取り締まりには、レーダー式と光電式と呼ばれる方法があります。

レーダー式の特徴は、マイクロ波と呼ばれるレーダー波をクルマに照射して、ドップラー効果によって車速を測定します。

光電式は、道路に3メートルの距離をおいて赤外線センサーを設置し、タイヤがセンサーを遮った時間で車速を測定する方法です。

現在はレーダー式のひとつで、クルマが通ったときだけ電波を出して測定するステルス式という方法が一般的になっています。

ネズミ捕りの方法の重大な欠陥

ところが、レーダー式と光電式、それぞれに欠陥があるのです。

レーダー式は、レーダー波をクルマに照射したときと返ってくるときで波長が異なるため、障害物や電磁波の影響による誤作動が起きることがあるのです。

信じられませんが、コンクリート建造物や高圧電線があるとレーダー波が影響を受け、動かないはずのものが、猛スピードを出しているという測定結果が出ることもあるそうです。

光電式は、センサーを設置した距離が規定に満たない場合、実際に走っていた速度より高く測定されることがあるほかに、車速が低いときにはタイヤではなく、ボディを感知して誤測定が起きることがあります。

警察よしっかりしろ!信じられない原因の誤認検挙

警察よしっかりしろ!信じられない原因の誤認検挙

更に信じられないことですが、警察のミスで誤認検挙が起きてしまうことがあるのです。

レーダーの投射角度の設定をミスしたことによる、誤認検挙が発生した例があります。

ある都道府県の警察では、投射角度の設定を20~30度も誤ったため、検挙したスピード違反の大半が、実際より遅い速度だったのに摘発してしまったそうです。

更に測定機の誤操作や誤作動などもあり、そのほかには警察官同士の連絡ミスで、実際の違反車両とは違うクルマを摘発してしまったという例もありました。

従って、スピード違反の誤認検挙は思った以上に日常的に起きていることが考えられ、対策を考える必要があります。

高速のオービスは別モノ?!


高速道路のオービス設置場所激減!?︎でも油断禁物の最新取締り事情

高速道路を走っていて、オービスが真っ赤に光った瞬間に「やばい!」 次の瞬間に頭に浮かぶのは、「一発で免停だ…」 高速道路を走るドライバーを恐怖に陥れるオービスに、最近異変が起きています。一部の高速道路 ...

誤認検挙に備えて、おすすめの対策はこれだ!

もし、スピード違反で取り締まりを受けたときに納得がいかない場合、自分のクルマが出していたスピードをしっかり覚えておきましょう。

同乗者がいた場合は、他に走っていたクルマのナンバーを覚えておいて、他のクルマとの位置関係を把握するなど、そのときの様子を克明に記録しましょう。

対策のひとつは、レーダー探知機を設置することです。マイクロ波を継続照射するレーダー式の場合、遠いところからネズミ捕りのレーダーを探知することが可能です。

しかし、ステルス式の場合はクルマが通ったときだけレーダー波を照射するので、レーダー探知機は有効な対策とはなりません。

そこで、ドライブレコーダーの設置を設置することをおすすめします。

万一誤認検挙された場合でも、ドライブレコーダーに記録されている映像で、流れる風景の速さによって、実際のスピードを割り出すことが可能になるからです。

万一のために、ぜひこれらの対策をとっておきましょう。

まとめ

  • 自分のクルマが出していたスピードをしっかり覚えておく。
  • 同乗者がいれば、他のクルマのナンバーに加えて、自分のクルマとの位置関係を把握しておく。
  • レーダー探知機の設置に加えて、ドライブレコーダーを設置するとよい。

9万キロ超えの車売ったら、新車買えた

車を買い換えるときに、そのまま流れで下取りに出していませんか?

実は、、、それかなり損をしています!

言われるがままに安い金額で下取りに出すより、複数の買取業者に比較してもらったほうが買取金額は確実にあがります。

店舗を回って比較するのは面倒ですが、「ナビクル車査定」なら無料でその場でできます。

各社が買取り強化中!下取りよりも平均で16万円も高く売れた!という声が続出しています。

9つの項目を入力するだけで愛車を高く買取る会社がすぐに見つかります。

\かんたん45秒入力!/

愛車の相場価格を調べる


実際の査定額を公開!

車を売るときにちょっとの手間を惜しまないだけで10万円以上差がでるんです!

とにかく愛車を高く売りたいなら「車一括査定」の利用は必須 →  http://a-satei.com/

営業電話ラッシュはナシ!やり取りは高額査定を出した店舗だけ → https://autoc-one.jp/

よく一緒に読まれてる記事は?


【警察のネズミ捕り】取り締まりが行われる道と時間帯はほぼ決まっている!

【特集】まだ車売るな!ゼロ査定の愛車がボーっと待ってただけで超高値をつけた理由 スピード違反の取り締まりで、ネズミ捕りという言葉をよく耳にしますね。 見通しのよい直線道路を気分よく走っていたら、突然前 ...

警察が一時停止違反の待ち伏せ!ムカつく取り締まりを賢く避ける方法

警察に待ち伏せされて「一時停止の標識があるところは、徐行して通りすぎたらダメなんですよ」と違反切符を切られる、、、そんなバカバカしい反則金を払わないための方法をお教えしましょう。

編集部おすすめ

1

ワクワクして買った愛車も、年月が経つと車の買い替えで手放すときが必ずきます。ディーラーや販売店に下取りに出す人もいますが、できれば1円でも高く売りたいと考えますよね、普通。高く売れたら、次の車の購入費用を安くできますし。でも、、、

2

車のタイヤにひび割れを見つけたら、「このタイヤ、大丈夫!?」と一瞬ドキッとするでしょう。 ひび割れたタイヤは早く交換する方が良いのですが、決して安くはないので、できれば走れるところまで走りたいものです ...

3

ブレーキの故障は最悪ですが、「サービスマンがちゃんと点検してくれている」と油断していませんか? 実は部品のなかでも消耗が激しいのがブレーキパッド。 ブレーキから異音があるのはブレーキパッドが摩耗してい ...

4

待ちに待った新車の納車!早く乗りたくて、何日も前から待ちきれず、キーを受け取ってエンジンをかけようとしたら、オドメーターが見え、「100km」の数字。 新車なのにこんなに走っているって、変ですね。 オ ...

5

エンジンオイルは定期的に交換する必要があるもの。 オイルは劣化するだけでなく、エンジンオイルの量そのものが減るものだということをご存知でしょうか? 結論から言えば、正常なエンジンであっても燃焼するたび ...

6

鳥のフンによる糞害は車にとってイヤなもの。それがフンということもありますが、汚れとしても非常に目立ちます。 でも、ただ目立つ汚れぐらいに思っていませんか? 実は鳥のフンは塗装面に深刻なダメージを与える ...

7

ワイパーは雨の日の運転には「命綱」というべきアイテムです。ワイパーが動かないで前が見えなくなる事態は、考えるだけで怖いですね。 雨天時にはスイッチを入れるだけで前方の視界を確保してくれる安心感がありま ...

8

夏のドライブで車のエアコンが効かないと大変です。 最近は猛暑日が増加して、ガラス張りの車内は高温になり熱中症の危険があります。 また夏は毎年のように、車内に置き去りにされたこどもが亡くなる痛ましいニュ ...

-改正道路交通法
-,

Copyright© [ブーマル] , 2022 All Rights Reserved.